平均的な人間は誰もいない!『ハーバードの個性学入門』を読んで 2019/8/21

長年教員を続けているが、テスト後に生徒は決まって毎回こう聞いてくる。


「今回のテスト、平均点何点ですか?」


この “平均点”という概念に対して長年疑問を持っていた。先日その悶々として抱き続けた悩みに対して、一冊の書物に出会い明快な回答を得た。その本の名は『ハーバードの個性学入門―平均思考は捨てなさい/ハヤカワ文庫』トッド・ローズ著。

以下簡単に要約する。

-----------------------------
ギルバード・S・ダニエルズという一人の男性がいた。彼はハーバードを卒業後、アメリカ空軍基地の航空医学研究所に就職。4000人以上のパイロットの体の様々部分を測定した。データが集まると、各部位について平均値を計算。ここから平均値が割り出されれば、コクピットのサイズはよりフィットしたものに改善され、事故は減少すると信じたのだ。

そこで彼はコクピットのデザインに最もふさわしいと思われる平均的な寸法を身長、胸回り、腕の長さなど、10項目について計算していき、各寸法について集められたデータの中間30%の範囲内に収まる数値であれば、「平均的なパイロット」とした。例えばデータから割り出された平均身長は175pだったが、170cm〜180cmの範囲を「平均的なパイロット」としたのだ。

ここで、ダニエルズはパイロット大半が、ほとんどの部位の測定値が平均の範囲内に収まると予測した。科学者もかなりの人数のパイロットが、10項目全てに関して平均の範囲内に収まると予測した。

しかし、実際の数字を見てダニエルズは衝撃を受ける。


『結果はゼロ』


4063人のパイロットの中で、10項目全てが平均に収まったケースは1人もいなかったのだ。この答えは明快で、議論の余地がない。「平均的なパイロットなど存在しない」のだ。そして“平均的な人間など存在しない”ことが分かったのであった。
-----------------------------

ゆりかごから墓場まで、平均という尺度は常につきまとう。平均値にどれだけ近づいているか、あるいは平均値をどれだけ上回っているかによって人物が判断される。学校では、平均的な学生の成績と比較して評価やランク付けが行われ、平均という概念を、個人評価する尺度としてその妥当性を本気で疑う人はめったにいない。

しかし、この測定方法、すなわち平均が、ほぼ常に間違っていることを指摘したい。個人について理解しようと思って平均に注目しても、不正確な結果しか得られず、誤解を招く可能性が高い。

あなたの子どもも、同僚も学生も配偶者も、決して平均的な人間ではない。根拠のない励ましでも、空虚なスローガンでもなく、科学的な事実である。平均的な体のサイズなど存在しないように、平均的な才能や知性や性格も存在しない。平均的な学生や平均的な社員、平均的な頭脳も存在しない。


私たちは全員が特別なケースなのだ。


平均が押しつけてくる型にこだわらず、勇気を出して新しい道に一歩を踏み出し、まだ誰も進んだことのない方向をめざそう!平均的な経路をたどるよりも、成功する可能性は確実に高くなる。

東海高校には昔から試験の成績だけでクラスを分ける「A群・B群」という、とんでもない非人間的で非教育的な制度が存続している。私はとんでもない制度と書いたが、多くの教員・生徒・保護者やOBはそうは思っていない。当然のことと考える人たちも多く、今後も存続してゆく。

残念ながら私のような考え方(絶対に正しいと自分では思っている)は、競争社会の中では少数派なのだろう。B群の卒業生はその後社会に出て、決してA群の生徒に劣らず「大活躍」していることをB群の名誉のためにも、声を大にして言っておきたい!

社会に目を向ければ、グーグルなどは社員募集において、学業成績ではなく、個性を重視する方針で臨んでいる。彼らもかつて2000年代半ば頃は、大企業の大半と同じ選抜方法を採用しており、学業成績が最優秀、カリフォルニア工科大学、スタンフォード、マサチューセッツ工科大学、ハーバードなどの名門校の社員であふれかえった。しかし、現在グーグルはそれまでの採用・評価制度を修正または放棄した。才能を数字で要約し、味気ない平均と比較するという発想は、機能しなかったのだ。


会社に限らず世の中は、様々なタイプの人たちが共存しているからこそ充実する。

世の中では、テストで反映されない様々な能力が役に立つのだと改めて胸に刻んで欲しい。



【わたしと小鳥とすずと】金子みすず

わたしが両手をひろげても
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥はわたしのように
地面(じべた)をはやく走れない。

わたしが体をゆすっても
きれいな音はでないけど
あの鳴るすずはわたしのように 
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって みんないい。

PR情報

記事一覧

日本ラグビーのさらなる進化を願って

4年前“ブライトンの奇跡”日本の南ア戦勝利は、世界のスポーツ史上最大の番狂わせと言われている。その時の率直な感想は以前書いた通りだ。(“達人に訊け”2016/…

2019/11/8

平均的な人間は誰もいない!『ハーバードの個性学入門』を読んで

長年教員を続けているが、テスト後に生徒は決まって毎回こう聞いてくる。 「今回のテスト、平均点何点ですか?」 この “平均点”という概念に対して長年疑問…

2019/8/21

日本は50年後に消滅する!?もはや先進国ではない・・中国で見た現実

■日本は先進国ではない いきなりショッキングなタイトルだが、世界的投資家ジム・ロジャーズ氏の発言である。日本の借金が増え続け、少子化が止まらないのが理…

2019/7/12

偏差値至上主義な日本の学校教育に足りないもの

まず冒頭にハーバード大学の授業の様子(児玉教仁『パンツを脱ぐ勇気』世界一“熱い”ハーバードMBA留学記)を紹介しよう。みなさんどう感じるだろうか。 @ …

2019/6/2

東海中学新入生の保護者に話したこと

2018.4.12(木)第1回PTAにて 息子さんの様子はいかがですか? 中1のこの時期、1番大切なことは、登下校も含めて学校生活に慣れることです。毎日学校に…

2019/4/17

東海生の受験進学実績は「ドラゴンズの順位」で決まる!?

毎年春に東海中高の職員に報告される様々な案件がある。例年、皆黙って聴いているのが通常だが、昨年は違った。 お話をされたのは、前年度高3学年主任、数学…

2019/3/15

生徒からの情け容赦ない執拗な攻撃に耐えて成長する東海中高の教員

「死神」・「鉄幹」・「サンドロ」・「鬼」・「ひよこ」・「プリン」・「ローソン」 さてさて一体何のことか?東海の卒業生ならおわかりだろう。東海に在籍…

2018/11/7

日本の先住民族「アイヌ」と津軽海峡を渡った生き物たち

S:愛知生まれ愛知育ちの東海中学3年生。 T:愛知生まれの東海中学地理教師の小田忠市郎。明治大学出身。 -----------------------------------------------…

2018/10/8

稲作と冷害の悲しい歴史「シャボン玉」の歌詞に隠された意味とは?

S:愛知生まれ愛知育ちの東海中学3年生。 T:愛知生まれの東海中学地理教師の小田忠市郎。明治大学の学生時代は東京で4年間過ごした。 --------------------…

2018/5/23

東京―日本の情報発信基地、「SUSHI」江戸前寿司−東京発の世界料理

S:愛知生まれ愛知育ちの東海中学3年生。 T:愛知生まれの東海中学地理教師の小田忠市郎。明治大学の学生時代は東京で4年間過ごした。 --------------------…

2018/2/3

プロフィール

18

達人に質問をする

東海中学地理教諭

ボーとした小学生で地図を見るのが好きだった。地図は長年の相棒。中学時代はテニス部キャプテン。みかん畑の中の蒲郡東高校。昼食後の授業は「海を見ていた午後」おだやかな三河湾を眺めていた。

FM愛知の深夜放送『コンタクトクラブ』チコさんに「大地主のお坊ちゃん」のペンネームでせっせと投稿。学生時代は“じゃん・だら・りん”の三河郷友会学生寮。最近女子寮が同じ敷地にできてビックリした。

東海生の手荒な洗礼を受け続け早や30年。仕事は好きなので感謝している。勤務校の東海とは不思議な縁を感じています。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
15 ℃/--
東京
晴れ後曇り
16 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
14 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集