クスリにまつわるお金のはなし 〜製薬会社のお弁当〜 2019/8/30

クスリとお金

 日本の国民医療費は、最近では年間42兆円、一人当たり33万円を超えています。これらの費用のほとんどは、私たちが毎月収めている健康保険料や税金、患者自己負担金で賄われています。我が国は国民皆保険制度であるため、通常、病院にかかったり薬局で調剤をしてもらったりするときは、保険証を出すことで、自己負担は3割で済みます。年齢等によって、さらに減額されることもあります。この国民医療費は年々増加傾向にあり、医療費を抑制するため、特許期限の切れた安価なジェネリック医薬品の使用などが求められており、処方箋無しで購入できる一般用医薬品と同じ成分の処方薬について保険適応除外なども提言されています。

国民医療費の年次推移

 病院等で処方される医療用医薬品には、国が定めた公定価格(薬価)が決められており、前述のとおり患者から3割、健康保険から7割の金額が医療機関や薬局に薬剤費として支払われます。近年ではバイオテクノロジーの進歩により、癌や自己免疫疾患などを対象とした高額な医薬品も多く使われております。1回の治療で数千万円という高額な薬価の医薬品も誕生しています。これらの医薬品は民間企業である製薬会社が製造して販売しています。製薬会社で製造された医薬品は、卸会社を通じて病院や薬局に納品されます。昔はこの時の納入価格と公定価格との差(薬価差益)が大きく、薬を出せば出すほど医療機関の収入が多くなり、薬漬け医療などの批判もありましたが、現在では薬価差益はかなり縮小されています。

院内での医薬品説明会にて某社提供の飛騨牛すき焼き重

 ほとんどの製薬会社は民間企業であり、利益をあげて株主に還元しなければなりません。そのためには、画期的な新薬を継続して開発していくことが求められます。医薬品の開発には莫大な費用と時間が掛かると言われています。また、医薬品の費用負担者は最終的には患者(国民)ですが、処方箋が必要な医薬品に関しては、製薬会社は医師などの医療従事者に対して、プロモーション活動を行います。たとえば、病院の医局や薬局では毎週のように医薬品説明会が行われています。このような製薬会社が行う医薬品説明会などでは、医師や薬剤師らに対して豪華な和食や中華、ステーキ、鰻など2〜3千円程度の高級なお弁当が配られます。週1回の医薬品説明会が毎週行われると、医療従事者1人あたりのお弁当代は2千円×40週で年間約8万円、たとえば、医師300人、薬剤師40人程の比較的小規模な大学病院においても、少なく見積もって年間2500万円以上のお弁当代となります。日本全国だと大学病院だけでも数十憶円になると思います。この製薬会社のお弁当を楽しみにしている研修医や若手薬剤師も少なくありません。また、製薬会社向けのお弁当をWEBで広告している料亭なども多く存在します。

神戸で開催される学会では名物ひっぱりだこ弁当

 医療関係者が研究発表などを行う学会では、製薬会社が弁当を提供し、弁当を食べながら提供製薬会社の商品に関連した講演を聴くランチョンセミナーが多く行われています。その費用は、学会にもよりますが、1つのセッションで50〜100万円程度を製薬会社が支払っています。大きな学会ではランチョンセミナーが1日に5〜10件ほど開催されます。ランチョンセミナーで配られる弁当は、1500円前後のものが多いですが、地方で行われる学会では、名産品の入った弁当が用意されたりして、学会に参加した医療従事者のSNSにはお弁当の写真が溢れています。また、学会以外でも、30〜50人程度の医療従事者が参加する製薬会社協賛の勉強会が高級ホテルなどで頻繁に行われています。このような会では、終了後に情報交換会と称した立食パーティーが製薬会社の費用で行われています。製薬会社の売り上げの主な財源は、患者の自己負担金と国民が収めた健康保険料や税金であり、国民医療費の一部は製薬会社の情報提供活動の名のもとに医療従事者らの胃袋に入っていることになります。

 最近では、国公立病院を中心に製薬会社への弁当要求を自粛したりする病院も増えてきています。また、学会でランチョンセミナーを提供する製薬企業も減ってきており、筆者も学会の組織委員を務める際には悩ましいことも事実ですが、ランチョンセミナーを廃止する学会も少しずつですが増えてきています。筆者が病院に就職した当時は、まだ製薬会社による接待なども残っていましたが、今ではそのような接待はほぼ無くなっています。国際製薬団体連合会(IFPMA)が営業活動に関する倫理規定を改定したことにより、昨年より、製薬会社によるカレンダーや文房具など医療従事者へのノベルティーの提供も行われなくなりました。これからは製薬会社と医療従事者の関係もさらに変わっていくのかもしれません。

林秀樹  岐阜薬科大学 実践薬学大講座 実践社会薬学研究室 准教授

平成8年 名城大学薬学部卒業、平成10年 静岡県立大学大学院薬学研究科修士課程修了、平成20年博士(薬学)取得。平成10年より岐阜大学医学部附属病院薬剤師、平成17年より静岡県立大学薬学部講師、平成26年より現職。

臨床薬物動態学および薬理遺伝学研究に従事。医薬品の効果や副作用の個人差の原因を解明する臨床研究を行っている。

平成23年東日本大震災、平成28年熊本地震において薬剤師として被災地支援に従事。平成27年バヌアツ共和国サイクロン被害に対する国際緊急援助隊医療チームに薬剤師として参加。

日本医療薬学会指導薬剤師、日本臨床薬理学会指導薬剤師、日本災害医学会災害医療認定薬剤師、日本臨床薬理学会評議員、日本医薬品安全性学会評議員、日本災害医学会評議員、日本災害医療薬剤師学会理事、静岡県立大学薬学部客員准教授、岐阜大学医学部非常勤講師、朝日大学保健医療学部非常勤講師。

PR情報

記事一覧

新しい糖尿病治療薬:グリフロジン製剤

糖尿病と言うぐらいですから、尿に糖が排泄される病気であることは容易に想像がつくでしょう。実際、糖尿病では尿糖が陽性となり甘い尿が出るようになります。…

2019/10/20

新しい糖尿病治療薬

読者の皆さんの中にも、成人病検診などで「耐糖能が悪化していますね」と言われたご経験のある方も居るのでは? かく言う筆者も、年々ヘモグロビンA1c(どの程…

2019/10/10

食品の安全性を考えるA 〜食品中に存在するリスクって何?〜

今回も前回に引き続き、食品の安全性についてのお話です。今回は食品中に存在するリスクについて考えてみたいと思います。 前回記事『食品の安全性を考える@ …

2019/10/4

食品の安全性を考える@ 〜天然由来成分は本当に安全なのか?〜

食物を食べるということは、我々人間が毎日行うごく当たり前の行為であり、また生きていく上で必要不可欠なものです。それ故に、食品は安全なものでなければな…

2019/9/10

クスリにまつわるお金のはなし 〜製薬会社のお弁当〜

日本の国民医療費は、最近では年間42兆円、一人当たり33万円を超えています。これらの費用のほとんどは、私たちが毎月収めている健康保険料や税金、患者自己負…

2019/8/30

スポーツと薬のはなし〜防ごう!うっかりドーピング〜

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年。楽しみにしている人も多いと思います。東京での開催は56年ぶり2回目です。しかし、いまから79年前、実は幻の東…

2019/8/21

登山を健康に楽しむために注意すること

明日8月11日は「山の日」です。山の日は2016年に新設された新しい祝日で、祝日法という法律では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」と定義されてい…

2019/8/10

“美と健康”の好循環による健康長寿の実現

前回、実際の年齢より若く見える要因のお話と、風が吹いたら桶屋が儲かる的なお話ですが、見かけ年齢が若く見えと、人や社会との接点の増加する ⇒ ライフスタイ…

2019/7/30

実際の年齢より若く見える要因と健康との関係

前回、デンマークでの双子の追跡研究結果から、見かけ年齢(第3者が双子を見た目で判定した年齢)の若い方が統計学的に長生きした、すなわち同年齢でも若く見え…

2019/7/20

健康長寿と見かけ年齢

最近の研究によると、ヒトの限界寿命(生物学的に決められている上限の寿命)は125歳で、その歳まで生きられる確率は1万分の1といいます。日本人の平均寿…

2019/7/10

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
24 ℃/--
東京
曇りのち一時雨
22 ℃/--
大阪
曇りのち雨
24 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集