33年ぶりにご開帳!知多市「大智院(めがね弘法)」の聖観音 2019/10/16

秘仏本尊「聖観音像」

知多西国第18番札所。知多四国71番札所。尾張三十三観音10番。東海三十六不動22番。

聖徳太子の開基で、本尊は秘仏の「聖観音」で、ともに秘仏のお前立は「馬頭観音」。明応7年(1498年)に紹長和尚の時に、大野城と宮前城主の佐治為永の祈願所となった。

当初の山号は「楊柳山」だったが、天正年間(1573〜1593年)の戦乱にも焼け残ったので江戸時代の元禄五年に「金照山」と改めたそうだ。

身代大師(みがわりだいし)(めがね弘法)

弘法大師が知多に来た時、大智院に自らの像を残されたものでめがねというより、サングラスをかけているように見える弘法大師の像。

幕末に盲目の上、眼球が飛び出ていたため周囲の人に見られないようにその目をかくすためにロウソクの炎でいぶした色付きめがねをかけていた浅吉(あさきち)という老人がいた。安政7(1860)年に、目が治るようこの弘法大師像にお祈りすると目が治った。

代わりに弘法大師像の目に傷がついたので、浅吉がかけていた眼鏡をかけたことから 「身代大師」「めがね弘法」と呼ばれるようになった。

以前はのめがねは今ほど真っ黒ではなかったが、護摩でいぶされてどんどん黒くなり今のように真っ黒になったそうだ。

めがね塚

境内には使用済みのめがねやコンタクトなどを供養して納める「めがね塚」もある。10月の第4日曜日には眼病平癒や健眼長寿を願うお祭りとして「めがね弘法大祭」が行われる。

眼病予防の目薬や、ブルーベリーエキスの入った先見飴、メグスリノキ茶なども販売している。

聖観音像(本尊)と、その前に馬頭観音像(お前立)

平安初期作とされる。33年に1度のご開帳。
2019年10月17日から11月18日に知多西国33所霊場開創250年慶讃で特別開帳される。

お堂の真ん中のお厨子の中に祀られていて、普段は扉が閉じている。聖徳太子作と伝承される。手には後補の蓮の花の蕾をもつ。ふっくらとしたお顔。細いつり上がった小さな目をされ、やや怖く見える。ウエストは左にひねりきゅっとくびれている。

普段扉が閉じられてる本尊の「聖観音像」の厨子の前に祀られているのは、木造の小さな「馬頭観音像」で「聖観音像」とはまったく違うお姿。

馬頭観音(お前立)

江戸時代作、石像

本尊の聖観音菩薩像のお前立だが、なぜか聖観音菩薩像ではなく馬頭観音像。普段は、秘仏の本尊の聖観音菩薩像の向かって左側の厨子の中に祀られて扉は閉じらお姿を見ることはできない。今回は、本尊とともにご開帳。

「文久3年(1863年)と亥五月十五日」と彫られ、髪の毛と、目と口など部分的に彩色されている。

大随求明王(だいずいくみょうおう)

本尊に向かって右側に祀られている。

明王という名だが、菩薩のように優しいお顔をされている。別名「大随求菩薩」。「求めに随(したが)って」自在に願いに応じるということで、どんな願いも叶えてくれるという。

地蔵菩薩

他にもいろんな仏像がある。厨子に入っている地蔵菩薩。本尊の聖観音像と少しお顔が似ている。

お堂の改修工事前は開けたことのないお厨子に入っていた本尊とは別の小ぶりな「聖観音像」。左手先と両足先が失われている。

金鶏(きんけい)菩薩

鶏を抱えている珍しい像。

毘沙門天像

右手に宝塔を掲げている毘沙門天像。若々しいお顔。足元の邪鬼は正面を向き大人しくしてる様子。

個性的な仏像がいろいろあり、様々なご利益が得られそうなお寺さんだ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「大智院(だいちいん)」(めがね弘法)
住所: 愛知県知多市南粕谷本町1丁目196
電話:電話: 0569-42-0909
アクセス:名鉄常滑線「大野町駅」から徒歩約20分
     名鉄常滑線「新舞子駅」からあいあいバス南部コースに乗車(本数少ない)し「南粕谷本町」停を下車、徒歩約3分。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田中ひろみ著「東海仏像めぐり」(ウェッジ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
⭐この「田中ひろみの仏像大好き!」の連載をまとめた本
「東海仏像めぐり」(ウェッジ)好評発売中です😊
http://goo.gl/oPSqoi
是非読んでください🐰

*****************************

⭐【中日文化センター】の名古屋の栄と三重の四日市で、仏像講座開催!
ぜひご参加を💝

【栄センター】「仏像に会いに行こう」講座 
第2土曜日 10:30〜12:00
*お申し込み(栄) 0120−53−8164
===================================

【四日市センター】「仏像大好き!」講座
 第2日曜日  10:30〜12:00
*お申し込み (四日市)0120ー556−411

お待ちしてます〜💜

PR情報

記事一覧

三重県総合博物館(MieMu)で開催中の「三重の仏像」展へ!

三重県津市にある三重県総合博物館(MieMu/みえむ)で2019年10月5日から開催中の展覧会「三重の仏像〜白鳳仏から円空まで〜」に行ってきた。 (会期は12…

2019/10/29

33年ぶりにご開帳!知多市「大智院(めがね弘法)」の聖観音

知多西国第18番札所。知多四国71番札所。尾張三十三観音10番。東海三十六不動22番。 聖徳太子の開基で、本尊は秘仏の「聖観音」で、ともに秘仏のお前立は「…

2019/10/16

11年ぶりの秘仏・聖観音のご開帳!常滑市「洞雲寺」

常滑市にある洞雲寺。知多四国八十八箇所・第62番の札所、知多西国三十三所霊場・第13番の札所、法然上人知多二十五霊場・第12番の札所。 白鳳年間、奈良の大…

2019/9/18

日間賀島の「たこ阿弥陀」と「鯖大師」

愛知県知多半島の先端の師崎から、約2.4kmの沖合に浮かぶ「日間賀島(ひまかじま)」。 日間賀島はタコとフグが有名。港に降り立つと、大きなタコのモニュメン…

2019/8/30

重文が3体も安置される岐阜市「乙津寺(鏡島弘法)」

岐阜県岐阜市の乙津寺(おっしんじ)。通称「鏡島弘法(かがしまこうぼう)」や「鏡島の弘法さん」や「梅寺」と呼ばれている。毎月21日は、弘法大師のご縁日「…

2019/7/17

60年ぶりの中本尊ご開帳!知多西国三十三所 第一番札所「岩屋寺」

愛知県の南知多にある岩屋寺。知多西国三十三所1番札所 知多四国43番札所でもある。

2019/6/11

100年ぶりのご開帳の知多西国九番札所・持宝院「如意輪観音」!

今年2019年は、愛知県の知多半島最古の霊場めぐりである「知多西国三十三所霊場」ができて250年目の記念の年。 その記念で、特別なご開帳がいろいろ行われてい…

2019/4/27

知多四国七十番札所「地蔵寺」の大きな大日如来像!

愛知県知多市大草にある地蔵寺(知多市大草)。大草にあることから「大草地蔵寺」と呼ばれている。知多四国霊場七十番札所である。

2019/4/15

50年に1度のご開帳!愛知県常滑市の三光院「聖観音像」

愛知県常滑市の三光院。この地域では珍しい、一遍上人が開祖である時宗のお寺。知多西国観音十六番札所で、知多四国霊場六十七番札所である。

2019/3/15

尾張四観音「龍泉寺」の円空仏!

名古屋市守山区にある「龍泉寺」。開基は伝教大師・最澄とされる。名古屋城を鎮護する尾張四観音(荒子観音、笠寺、甚目寺)の一つ。 今年2019年の恵方に当た…

2019/2/2

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
20 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
17 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
21 ℃/--
  • 東名, 名神, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集