魅力的な人とは 2019/10/22

先日、ある女性から
「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。
お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。
お互いさまなのに、なぜ私だけがこんな嫌な気持ちにならなければならないのですか?」
とメールをいただきました。


魅力的な人とはどんな人でしょうか。

一言でいうと
「喜んでいる相手に向かって『よかったね』と言える方」
ではないでしょうか。


しかし、これがなかなか言えないのです。苦笑


彼または彼女が
「今日、嬉しいことがあったの。
●●さんからすごく誉められたの」
と言ってきたとき、
あなたは何とこたえますか?

「自惚れないでよ」とか
「そんなに嬉しいならその人と付き合えば」
と返していませんか?

ムカッとくる理由はわかりますが、
相手はそういう意味で言っているのではないのです。
あなたに甘えているのです。

ちょうどフワフワしたソファーに寝っ転がりたいように、
あなたに同調してもらいたいだけなのです。
それを否定してしまうと、
凹凸のあるソファーに座った気分になり居心地が悪くなります。


さて、言葉というのはキャッチーボールです。
相手が投げた言葉のボールをまず受け止めていくということです。
そして相手に取りやすい球を投げることが大切なのです。

それをイライラするからといって、
強い言葉(剛速球)嫌味な言葉(変化球)をなげると、
投げた方はすっとしますが、投げられた方は受け取れません。

私の友人はいつも夫婦喧嘩が絶えません。
私が遊びに行ったときも、喧嘩をします。

2人の会話を聞くと、言いたい放題です。
私は彼女に「そうだったの よかったね」
と返事をしてみたら!とアドバイスすると
「冗談じゃないわよ!相手がつけあげるじゃないの。
外でちやほやされているんだから、
家では、現実の厳しさを伝えているのよ」
とかえってきました。

私は「じゃあなぜ喧嘩が絶えないの?」と聞いたのです。
すると彼女はしばらくだまっていました。

つれ合いさんがいくら外でちやほやされていても、
それはあくまでも仕事上のことです。


本当に安らげるのは家庭ではないでしょうか。
一切の肩書きを取ったところに安心感があるのです。


外で仕事をしている人は、
丁度、鎧兜をかぶっているみたいなものです。
それを脱ぎ捨てて
「今日は仕事でこんなことがあったんだよ」
と正直な胸を内を伝えているのです。

今回、つれ合いさんは「今日は仕事が順調だったわ」と言いました。
そのときは「よかったね。私も嬉しいわ」と答えたらいいのですが、
「何よ一人だけ満足顔で、私だって結婚してなければ
バリバリ仕事ができているのよ」
と答えたもので喧嘩になったのです。

つれ合いさんにしては、するどい刃物を突きつけられた感じだったのでしょう。

すると人間は「こちらも刃物をだすぞ」と警戒し、自分を守ろうとするのです。
戦うという字の右は弋という字がつきます。相手に向かっていくという字なのです。
お互いが戦っていては和やかな会話はできませんね。

人間はなんで喧嘩をするのでしょうか。
相手に勝つために喧嘩をするのではありません。
わかってもらうために喧嘩をしてまでも自分を主張してしまうのです。

人間関係の中で大切なのは、いい意味で馬鹿になりきっていいと思うのです。

しかし賢くなればなるほど、馬鹿になり切れず、
私はそんなアホな女ではないのよと言ってしまうのです。

だから「今日こういうことがあったのよ」と言うと
「そんなこと常識でしょ」とか「今ごろ知ったの」
と返してしまうのです。


私はあなたより知っているのよというのが返事に
表現されてしまうのです。

賢い自分を見せなくていいのです。

ヤッホーと言ったら、ヤッホーと応える。
ヤマビコに習いましょう。

相手の心と向き合っていきませんか。


●妙慶の心を耕す講座です

中日文化センター 栄 教室
11月12日 火曜日
18時30分 より   
〒460-0008
名古屋市中区栄四丁目16-36(久屋中日ビル7階)
TEL:(052)263-7113

お気軽に受講ください


●妙慶の法話 が全国放送で聴けます(^^)

NHK 第二 ラジオ
こころをよむ
https://www4.nhk.or.jp/kokorowoyomu/
聞き逃した場合でも、「NHKらじるらじる」という
ネット放送で2カ月間ほど聞くことができます。

テーマは、「縁をいきる〜執着から自由になるために」。


PR情報

記事一覧

人間関係のコツ

ようこそおたずねくださいました。 あなた様はお元気ですか? 新型コロナウイルス感染がいったい何時終息してくれるのか誰もわかりません。 また、感染して亡…

2020/3/28

世の中、なぜ不公平なの?

先日、Aさんから「勤めている会社の人事で、私は異動を命じられました。 同期は残り、私だけです。私が発案した企画もまだ遣り残したままです。 なぜ私だけ…

2020/3/4

仏像と掛け軸の違い

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 読者様から質問をいただきましたので、 皆さんと共有したいと思います。 ●質問 120年位前父親が幼少…

2020/2/8

2020年のご挨拶

ようこそおたずねくださいました。 今年も私なりに生きる中で大切なことが お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いします。 ●「執着から解放され…

2020/1/8

人間はなぜ生きないといけないの?

ようこそおたずねくださいました。 しっかり秋も深まり冬の気配ですね。 風邪はひいてないですか? さて、先日50代の女性から 「人間は、死ぬのになぜ生…

2019/11/25

魅力的な人とは

先日、ある女性から 「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。 お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。 お互いさまなのに、なぜ私だ…

2019/10/22

死にたいほど 生きたい

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 暑かった夏も9月に入り、和らいできましたね。 さて、この9月は、「自殺予防週間」です。 厚生労働…

2019/9/13

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集