禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13 2020/1/20

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになってきます。

「これがふぁんそん感覚か」、「これが空の体感か」といったような新しい感覚に見舞われて来るんですね。

体の中が温かい空気に満たされているような心地よい感覚で、その感覚を体感しているだけで、ほかの気の訓練はしなくても満足できるようになってくるんです。

勿論、これは、「緩感貫採練(かんかんかんさいれん)」のあらゆる訓練をある程度まで実践した段階で起こってくる感覚なので、何をすればそうなるのかといった具体的な練習方法はありません。

ただ、あらゆる訓練を完璧にこなせるようにならないと体感できないかと言えばそうではありません。

スワイショウや気のボールづくりの段階で、また、気功流手当てや気の泡での洗い流し、気功流軟酥の法などをしていると、或いは、その練習の後で体内感覚に没頭していると、得も言われぬ感覚は現れてくるんですね。

このように、気の訓練が楽しいという段階から、新たな心地よさの感覚に満たされていく段階が禅で言う「離喜妙楽」ではないかと思います。

これが、禅での色界の第三段階に相当するんでしょうね。

この色界、即ち、自分の肉体を対象として体感していた段階での四禅は「離喜妙楽」から更に発展し、「非苦非楽」の段階に至って行きます。

妙楽という得も言われぬ体感の中で、日常的な、或いは俗世間的な苦しみが無くなっていくのは勿論ですが、日常的な趣味や道楽などに対して執着しているような楽しみ方から離れ、そういったものに喜びや楽しみを見出さなくても良くなる、新たな精神的な段階に至るんですね。

言ってみれば、ストレスが無くなっていくだけではなく、ストレス解消をしなくても良くなるような新たな心境を会得するんだと思います。

そして、禅と同じように、気功も肉体を対象としていた段階から、肉体ではないもの、即ち「気」や「ふぁんそん」を対象とした気功に進んでいくんですね。

それが禅で言うところの色界から無色界へのランクアップだと思います。

この無色界にも四つの段階があるそうですが、これらの段階は色界の四禅のようなはっきりした差がないように感じています。

どんな境地なのかと言えば、

1、空無辺処(くうむへんしょ)。
2、色無辺処(しきむへんしょ)。
3、無所有処(むしょうしょ)。
4、非想非非想処(ひそうひひそうしょ)。

の四つです。

「処」というのは境地、心境のことなんですね。

まず、空は無辺であるという境地になります。

体内感覚であった「ふぁんそん感覚」が皮膚を越えて外に広がり、空の体感として、それが無辺に膨らんでいるといった境地になるのでしょう。

それは、自分の肉体が肉体という縛りを越えて無辺に広がっているという境地にもなるのだと思います。

そして、いつしか自分か空か、空か自分かさえの区別のつかない境地(無所有処)になり、最後は、空と自分との二つに想いが有るようで無い、無いようで有るといった境地(非想非非想処)になるというのです。

正に深い瞑想状態なんでしょうね。

僕は、気の感覚や「ふぁんそん」の感覚を体感しながらもそれに縛られず、この宇宙と一帯になったような「自由な気の舞」を舞えるようになることが気功の一つの到達点だと考えているんですが、白隠禅師の坐禅和讃という経典の一節に

「無念の念を念として/歌うも舞うも法(のり)の声」

というのがあり、それを知った時「自由な気の舞」は、ある意味、無色界での禅の境地に通じているのかも知れないと思ったんです。

ところが釈尊は、出家した後、直ぐにバラモン教の聖者から教えられたこれらの無色界での境地に到達しますが、これらの境地が、釈尊のテーマだった「生老病死」に対する苦(思い通りにならないこと)の解決にはならないことに気づき、しゃくそんはそこから別の修行に入っていったんです。

ということは、僕たちも「気の感覚」や「ふぁんそん感覚」の心地よさへの没頭による無色界の境地を超えて、新たな人間性の確立(自分づくり)への道をもさくしなければならないということなのでしょうね。


◆気功の基礎から応用までを学ぶ《気功の学校/養生気功部会》
*第2第4土曜 13時半〜15時半
*名古屋市市政資料館
*入会費(二千円)受講料(五回分五千円)体験(二千円)

kikounonakama@yahoo.co.jp

PR情報

記事一覧

幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。 その為に人は貧困と差別と暴力から解放…

2020/2/10

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

禅に学ぶ気功の道・2/《ふぁんそん気功講話》12

煩わしい日常を離れ、気功が出来る時間と空間を持てることへの喜びの段階である「離生喜楽(りしょうきらく)」から進んで、私たちは次の段階である「定生喜楽…

2020/1/13

禅に学ぶ気功の道・1/《ふぁんそん気功講話》11

私は、気功は心と体と呼吸を統一的に調えていくことを前提にしていますので、その点で、気功は禅の一種だと考えてきました。 従って、気功を深めれば深めるほど…

2020/1/6

ふぁんそん気功の頂上に見えるもの/《ふぁんそん気功講話》10

気功というのは気の訓練のことです。 気の訓練を通して、身と心の安らぎを獲得していくのです。 その「気の訓練」には正しい手順があります。 「緩感貫採練…

2019/12/23

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
13 ℃/4 ℃
東京
曇りのち一時雨
14 ℃/6 ℃
大阪
曇りのち一時雨
15 ℃/6 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集