プロ野球春季キャンプとは? 中日ドラゴンズ 松田投手(名大出身)インタビュー 2020/2/13

名古屋大学出身!中日ドラゴンズ 松田 亘哲投手(まつだ ひろあき 176cm80kg 左投左打)。今シーズンの目標は支配下登録!

 2月1日、NPB各球団が沖縄県や宮崎県を中心に春季キャンプを開始しました。
 プロ野球選手の1年における契約期間は2月1日〜11月30日。
 年明けから自主トレなどで各自練習に取り組んでいても、キャンプイン=仕事初日であり、野球選手にとって1年の始まりです。
 
 春季キャンプは、ベテラン選手や実績のある選手にとっては調子を上げていく場の意味合いが強いですが、ルーキーや実績のない若手選手にとっては基礎固めに加え、首脳陣にアピールするための場でもあります。

 今年は、中日ドラゴンズ松田投手(名古屋大学出身)、広島東洋カープ畝投手(名古屋商科大学出身)が愛知大学野球連盟出身選手としてNPB入りを果たしました。

 2人の共通点はルーキーでありながら、1軍出場することができない育成契約であり、まずは支配下選手登録を目指すことになります。

 春季キャンプを現地にて見学されたことがない方のために、練習メニューなども紹介しながら、2人の現状をお伝えしたいと思います(^^)


今回は中日ドラゴンズ 松田投手です!
 
 2月8・9日と読谷村にある2軍キャンプ地「オキハム読谷平和の森球場」にお邪魔しました。
 海沿いのため風は強いものの、温暖な沖縄らしく、最高気温は20℃前後と快適な気候です。

 松田投手はどのような練習に取り組んでいるのでしょうか?

2月8日(土)
〇まずはメイン球場にて選手全員でのウォーミングアップ

アップに取り組む松田投手(前列中央)。ハードな練習のためにも、気持ちも体もここでスイッチを入れる。

〇メイン球場裏のサブグラウンドでキャッチボール、ショートスロー、トスバッティング
 
 パートナーは同じくルーキーの竹内投手(札幌創成高校)。
 ちなみに竹内投手は松田投手のことを「とても優しくて、お兄ちゃんのような存在です。」と話してくれました。

キャッチボール。サブグラウンドはファンが近くで声援を送れることが魅力。
トスバッティング。大学時代に打席を見たことがないので、新鮮。

〇サインプレー確認練習
 バント時の守備位置や動きなどを確認していました。
 投手のみでのメニューのため、投手以外のセカンドやファーストのポジションにも就くのですが、動きの固さから、松田投手の緊張が伝わってきます。

セカンドに入り、送球を受けている様子。

〇休憩のランチタイム

〇サブグラウンドに戻り、守備練習

 ここではベテラン組と若手組にチーム分けして、先に連続70球捕球した組が勝利。
 負けたチームは罰ゲームとして長い時間、捕れそうで捕れない位置にノックを打たれ続け、バテバテになっていました(笑)。ですが、足腰の鍛錬には必要なメニューですね。

 終わった直後、松田投手から「(ノックは)ベテラン選手たちの足を引っ張らないか緊張します。」と、笑いながらも、本気とも受け取れるコメントが(^^;)

ノックを受ける松田投手(一番左)。他選手と一緒に受けるため、良いお手本が多い。

〇室内練習場にて打撃練習
 ここは報道陣、入れません。残念(T_T)

〇隣接の陸上競技場に移り、ランメニュー
 ショートダッシュを繰り返していました。ここではトレードマークのメガネをサングラスに変更。移動直後は、誰か分かりませんでした(笑)
 →本人に確認したら、度付きサングラスとのこと

ランメニューの様子。速く走ることよりも、投球動作に連動するように正しいフォームで走ることを意識しているように感じた。

〇ブルペンへ移動。段差を使った、フォーム確認
 浅尾コーチ(日本福祉大学)に指導を受けていました。
 投球時の体重移動を意識したメニューでしょうか?

ブルペンにて浅尾2軍投手コーチ(右)に指導を受けている様子。

〇サブグラウンドにて浅尾コーチと遠投
 距離にして50メートルぐらいでしょうか?MVP投手との遠投。浅尾コーチからは何度も「ナイスボール」の声が。投げることに関しては、周囲の選手にも劣らないように感じました。
 「コーチの方々は、自分の考えなどを聞いてくれてから、自主性を重んじつつも、的確な指導や補助をしてくださいます。ありがたいです。」と感謝のコメント☆

遠投。球の伸びやキレの良さは健在。観客からも「オォッ!」との歓声が。

〇ジムでウエイトトレーニングを行い、練習終了
  
2月9日(インタビュー当日)
 昨日の練習メニューと大きな変更はありませんが、今キャンプ初めてブルペンにてキャッチャーを座らせて合計41球を投げました。

 ブルペン後「(ボールに対する)指のかかりは悪くなかったですが、力を入れた際に、ボール数個分浮いてしまう。修正していきたい。」とのコメント。

ブルペンにて投球練習。全力投球ではなく、現時点でどの程度投げれるかを確認しているように見えた。キャンプ終盤になればもっと力を入れる可能性大!

松田投手インタビュー

・キャンプについて

 体調を崩すことなく、メニューをしっかりこなせているので、順調だと思います。

・キャンプで伸ばしたいところや足りていない部分は
 周りの選手は体が分厚くて強いというのを感じますが、技術面などの細かい部分について、今はアバウトに考えるようにしています。焦らず徐々に経験を積み重ねていきたい。

・キャンプ終了までの意気込み
 良い意味で、自分にキャンプ期間での(戦力としての)大きな成長は求められていないので、「怪我無く完走」を目標としています。体作りをしっかり行い、ステップアップしていきたい。

・今シーズンの目標
 「支配下登録」が最大の目標ではありますが、出てくる課題を1段ずつ確実登った結果としてついてくるものだと思いますので、焦らないようにプロの世界に慣れていきたいです。

・ファンの方々に一言
 (ファンとして)キャンプに来たことがなかったので、思った以上に選手とファンの距離が近く、声をかけやすい環境だと思いました。
 応援していただけると嬉しいので、ぜひ沖縄まで応援に来てください!


関係者・ファンからのコメント

浅尾2軍投手コーチ(日本福祉大学出身)
 「自分で考えることができる選手。良い球を投げるので、怪我をしないように、焦らず慎重に育って欲しい。」

清水スカウト(名城大学出身 松田担当スカウト)
 「プロの環境に慣れれば、どれぐらい伸びるのか想像もつかない。(基礎を固めて)早期の支配下登録を期待したい。」

名古屋大学硬式野球部OB 柳平浩二さん(52歳)
 「同じグラウンドで汗水流した後輩がこのような場にいるのは感慨深いです。彼は人柄も良く、高校野球未経験な点などから、一般人に近い選手として、感情移入がし易く、応援してもらえるような選手だと思います。頑張ってもらいたいです。」

 松田投手、関係者の皆様、お疲れのところ取材にご協力いただきありがとうございました。
  
 練習中の充実感に溢れ、楽しそうな表情からは、野球に打ち込める環境が嬉しくて仕方ないという印象を強く受けます。
 厳しいプロ野球の世界ですから、人柄だけでなく、近いうちに実力で存在感を発揮して欲しいですね(^^)

 まずは早期の支配下選手登録目指して、怪我のないよう頑張ってください!


最後に・・・
 プロ野球キャンプというと、難しい練習に取り組んでいると思われる方も多いかと思いますが、筆者の印象としては基礎練習を数多く取り組んでいるように感じます。

 【良いプレーをするには基礎が大切】

 日本最高峰のNPB選手が基礎練習に対して真摯に取り組んでいる姿、ぜひ現地にてご覧いただけたらと思います。
 選手との距離も近く、練習終了後にはサインを書いて貰うチャンスや、声をかけることができるチャンスも少なからずあると思います。
 ぜひ現地にて松田投手をはじめとした、愛知大学野球連盟出身選手にご声援をお願いします!

 次号は広島東洋カープ 畝投手を紹介しますので、お楽しみに(^^)v

PR情報

記事一覧

プロ野球春季キャンプとは? シート打撃で見事な投球!広島東洋カープ 畝投手(名商大出身)

前号では中日ドラゴンズ松田投手の練習風景・インタビューを紹介しましたが、その続編。今回は広島東洋カープ 畝投手を紹介します。 松田投手に関しては首脳陣…

2020/2/17

プロ野球春季キャンプとは? 中日ドラゴンズ 松田投手(名大出身)インタビュー

2月1日、NPB各球団が沖縄県や宮崎県を中心に春季キャンプを開始しました。 プロ野球選手の1年における契約期間は2月1日〜11月30日。 年明けから自…

2020/2/13

チームスローガン【昇竜復活】〜中日ドラゴンズ 愛知大学野球連盟出身選手紹介〜

NPB各球団の春季キャンプが始まり、プロ野球ペナントレース開幕が待ち遠しいファンの皆様も多いことと思います。 私のブログを読んでいただいている読者の皆様…

2020/2/12

夢はプロ野球選手輩出!〜天職に就いた卒業生〜

「天職」・・・。 名古屋市緑区の室内練習場BE−ZONEVERDEにて、未来輝く野球少年のサポートをしたいと指導に当たっているのは中部大学OBの余語 …

2020/1/21

愛知大学野球連盟OBが活躍中!〜中日スポーツ杯争奪・第61回新春選抜リーグ戦〜

全国でも軟式野球が盛んな愛知県。 「シーズンオフでも野球観戦したい」。そんな読者の方も多いかと思います。 そのような方にぜひお勧めしたいのが、野球ファ…

2020/1/14

大学で投手転向の成長株が広島から育成指名! 独立リーグ香川・畝章真投手(名商大出身)インタビュー

高校時代は公式戦にベンチ入りすることがなかった控えセカンド。 野球人生に悔いを残したくないと投手に取り組み始めたのは大学入学後。 公式戦デビューは大学…

2019/12/6

記念誌「愛知大学野球連盟創立70周年〜継続と挑戦〜」好評発売中!

愛知大学野球連盟は昭和24年の発足から記念すべき70周年を迎えました。 当初7校で始動した加盟校数も令和元年5月1日現在27校と、全国では九州地区大学野…

2019/11/29

守備の名手は四国アイランドリーグplus 高知FDへ!〜愛知大学 長谷部 大器〜

打球を遠くに飛ばす、速い球を投げる。これらは誰もが分かりやすい特徴であり、魅力。 しかし、守備能力の高さについては野球に携わった人や長年の野球ファンで…

2019/11/26

独立リーグとは?〜目指せNPB! 独立・BCリーグ指名選手紹介〜

野球に取り組む者ならば誰もが志す「プロ野球選手」という夢。 大学生活を野球に捧げた選手でも、この夢を叶えるのは困難を極めます。 今年の愛知大学野球連盟…

2019/11/21

「一番長い4年間」〜死闘、入替戦、結末や如何に!?〜

まだ見ぬ全国への挑戦権を懸けて、そして2部復帰に向けて挑む入替戦。 2003年秋以来の1部昇格を目指す名古屋学院大学。金田監督が「一生懸命」と評す4年生…

2019/11/5

プロフィール

28

達人に質問をする

野球伝道師

 1984年2月生まれ。軟式野球クラブチームにてキャッチャーとして活動中。自身の野球を年間40〜50試合行いながら野球観戦も100試合を超える無類の野球好き。

 元中日ドラゴンズバッテリーコーチの長谷部 裕氏に約2年間マンツーマン指導を受け、培った知識や指導法などを活かした指導者・選手へのアドバイスや有望選手発掘には定評があり、NPBのスカウトから学生野球まで交流関係は幅広い。

 現役プレーヤーならではの目線で、様々な思いや現場で感じたことを多くの人へ伝え、自分自身を育ててくれた野球界への恩返しをしていきたい。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち雨
10 ℃/--
東京
晴れ後曇り
14 ℃/--
大阪
雨時々止む
9 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集