幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15 2020/2/10

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。

その為に人は貧困と差別と暴力から解放されねばならないのです。それを高らかに宣言しているのが我が国の「日本国憲法」です。そうだからこそ、この憲法はノーベル平和賞に値するのです。

そして、私たちの取り組んでいる気功は、その憲法に則って人々の幸福追求を下支えし、役に立たねばならないと僕は考えているんです。

確かに、貧困や差別、暴力を無くす課題は立法や行政の仕事です。しかし、人々の日常の暮らしの中で、自分や周りの人たちの心と体の健康に寄与し得る気功は、人々の幸福追求の一助になることは明らかでしょう。こういった観点から気功を総合的に把握し、世に伝えていくことは、私たち気功を学び深めている者の使命なのです。

(一)自然体と平常心で生きよう!

あなたを含め殆どの人は自然体でいきられればどんなにか楽だろうと思っていることでしょう。しかし、世の中の利害を知らない無邪気な時代を過ぎてからは、他人の目を気にし、損か得かを考えて自分の行動を決めています。脳天気と言われたり、楽天的だと言われている人も、自分では、結構他人のことを気にして生きている筈だと思います。

そして、残念なことに、私たちは生まれてからこの方、自然体というものがどんな状態なのか、どうすれば自然体になれるかを習得する機械を持てずに来ているんです。

何故でしょうか。それは東洋医学的な発想での心身の健康法に触れる機会がなかったからだと僕は考えています。

本来、「自分」という点から観れば、フィジカルとメンタルは統一されているのですが、何故か分離して捉えられ、筋トレやボディメンテナンスと坐禅、瞑想、スピリチュアルなどとが離れた存在として追求されてきたからに他ならないと思います。

東洋医学の大原則は心身一元です。本来、心と身体(からだ)は一つのもので有り、心は身体に作用し、身体は心に作用し、心と身体は、前向きな方向であれ後ろ向きで荒れ、互いに作用し合っているのです。

自然体を作る上で、この東洋医学的な発想は重用で、それを実践的に具体化し、誰もが身につけられるようにしている取り組み、それが気功なんです。東洋医学を源流に持つ気功的観点で心身一元を捉えると自然体と平常心は統一された存在なんですね。即ち、自然体で生きるということと平常心でいるということはほぼ同じ内容だということになるんです。

この自然体と平常心を如何に作っていけば良いのか、どうすれば身につくのかについて気功的立場から考えてみます。自然体を分析してみると、次の三つの側面が浮かび上がります。

@肩肘張って生きていない状態、即ち、肩の力が抜けている状態が一つ。
A何事にも動揺しない腹の据わった状態が二つ目。
B三つ目が、自分の目標に向かって着実に歩を進めている足が地に着いている状態

の三つです。

そして気功は、これら三つの状態を身につけるために、具体的な実践を教えてくれています。頭脳に働きかけていくのではなく、体に働きかけることによって、それらの状態を獲得していこうという訳なんです。

その実践とは、

@一つはスワイショウであり、
A二つ目は気沈丹田であり、
B三つ目が踏み込みタントウ
の三つです。

具体的な取り組みについては、此処では述べませんので、このブログの過去の記事をご覧になって頂くか、和気信一郎の気功教師値にお越し頂ければと思います。

●気功講習会》へのお誘い

◆日時
*2月23日(日)
*3月22日(日)
*2回連続講座です。
*共に午後1時半〜4時
◆場所
*名古屋市市政資料館(ウイル愛知の北隣)。
◆講習内容
*養生気功シンプルヴァージョンからフルヴァージョンまでをふぁんそんした状態での気の訓練として完成させる。
◆参加費
*一回2千円(会員は千円)。

PR情報

記事一覧

幸福追求と気功・2〜ふぁんそん気功講話・まとめ

●気功を通して何のために生きるのかを確かめる 約45億年前に誕生したという地球。 その中で生命が生まれ、進化(退化)しながら人類が誕生したのが700万年前…

2020/3/31

一日一練・365日 No.6

【一日一練・26】 ●練習内容 左右の眼の周りのツボ(部位)を指圧しましょう! 〔方法〕 *指圧やマッサージの決まりはありませんが、左右の眼の周りのツボ(…

2020/3/30

一日一練・365日 No.5

【一日一練・21】 ●練習内容 気のボールを用いて、腕の中で気が動く感覚を体感しよう! 〔方法〕 (1)気のボールを作りましょう。 *「一日一練・9」を参照…

2020/3/23

一日一練・365日 No.4

【一日一練・16】 ●練習内容 関元と命門に手を当てて丹田感覚を体感しましょう! 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせまし…

2020/3/16

一日一練・365日 No.3

【一日一練・11】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねておへそに当てる。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせましょう。 (2…

2020/3/11

一日一練・365日 No.2

【一日一練・6】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねて天突に当てましょう。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10回ほど擦り合わせましょう。 (…

2020/3/9

一日一練・365日

●はじめに あなたの心身の健康を回復、維持、増進させ、より豊かな人生を歩んでいくために、和気信一郎が推奨する気功を一日5分だけ練習して下さい。 長い一…

2020/3/2

幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。 その為に人は貧困と差別と暴力から解放…

2020/2/10

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集