韓国の「未婚母」と「養子縁組」 2014/5/29

■ 子供達に多く読まれている「グリム童話」や「ペロー童話」の世界では子供を森に捨てる。『ヘンゼルとグレーテル』がそうだし、『おやゆびトム』もそうである。猟師が『白雪姫』を置き去りにしたところも森。どうもヨーロッパでは子供を「森」に捨てていたみたい。

■「桃太郎」は、川に洗濯に行ったお婆さんが川で拾ってきた桃の中から飛び出てきた男赤ちゃん。「かぐや姫」は、竹取りの翁が竹やぶで見つけた不思議な竹の中から見出された女赤ちゃん。

日本文学の研究者達は、世界的に「霊薬」の果実とされる「桃」や「急成長」する「竹」から生まれた「異常出生」を「神聖視」しているようだけれど、史実や記録に基づく「ノンフィクションnon-fiction」の世界ならば「桃太郎」や「かぐや姫」は「川」や「山」に捨てられた新生児かも。

自分の出生の秘密を迫る子供に「トラウマtrauma(精神的な外傷)」を与えないためには「捨てられた子を拾ってきて育てた」とは決して言えない。「大きな桃から生まれた」だの「竹の茎の空洞から生まれた」だの。

韓国の「法務局」ブログより

■ 韓国の「朝鮮時代」には、保護者が育てられない乳幼児は、安全でない「森」や「川」ではなく、「男赤ちゃん」は家を継ぐ「男の子」がいない家の「門前」や「山門(お寺)」に、「女赤ちゃん」は巫女の家の「門前」(要するに育てて貰える確率の高い場所)に置き去るのが慣例だったらしい。このようにして育てられた子は家を継いだり、お坊さんになったり、巫女の業を継いだり……。

ところで、「子供達はなぜ捨てられる??」との疑問に対する韓国発情報に依ると

◆未成年者同士の火遊びの結果生まれた子だから
◆婚外子なので世間体が悪い
◆未婚なので戸籍に入れられない
◆離婚を含むパートナーとのトラブル
◆親・祖父母からの反対
◆障害のある子なので
◆家が貧しいため

等々がその理由らしい。

「男女七歳不同席」、「結婚は両家の親同士が取り決める」、儒教の道徳・倫理観から「男女共学」にしてわざわざ「男女同席」させる学校も存在し、若年層の「純潔」や「恋愛」に対する価値観の変化により、未成年者や未婚者の思わぬ出産が増加。

2009年にはソウルの冠岳区にある教会が、保護者によって置き去りにされる赤ちゃんを守るための「베이비박스 (baby box)☆赤ちゃんポスト」の設置を開始したとか。

父系血統中心のシステムの影響で「夫」や「父親」が存在しない家族構成は「欠損家庭」で、韓国の伝統的な家族制度に違背するので、「非摘出子(婚外子)」「未婚母の子」は置き去りされたり、出生届が出されないまま施設に預けられたり、ときには親族の「実の子」のように偽って届け出したりします。

又、韓国社会は「未婚母」=「やってはいけないことをやった女」扱いするため、「中絶」か「養子縁組」二択に迫られます。養子の対象となる子供の多くは「未婚母の子」。だけど、「異姓」の養子縁組に対する否定的考え方や社会的偏見などから国内での「異姓」の養子縁組は広まらず、外国に養子に出すのが一般的で、「里親」の殆どは祖父母や親戚です。

「韓ドラ」の「復讐劇」の原点とされる「김수현 キム・スヒョン」脚本の『청춘의 덫☆ 青春の罠』は、韓国のMBCテレビで1978年に放映が始まり、「未婚母」「男への復讐」をテーマにしている理由だけで早期終了となったドラマです。

ところが「1999年」「심은하 シム・ウナさん」主演で「1978年」リメイクしてSBSで放映。当時最高視聴率、53.1%を記録しました。

≪学生時代に「동우 ドンウ(이종원 イ•ジョンウォン)」と付き合い、彼の兵役中に妊娠した「윤희 ユニ(심은하 シム・ウナ)」は、彼との結婚の約束を信じて、一人で娘を育てる。「ユニ」は子供がいることを内緒にして、ある会社の会長の秘書として働き貧しい「ドンウ」の両親を援助。同会社に「ドンウ」も入社し、会長の姪「영주 ヨンジュ(유호정 ユ•ホジョン)」からのプロポーズを受け入れる………以下省略………≫

「未婚母」や「男性への復讐」を認めれば、儒教的な家庭の枠組みが壊れ、儒教的秩序が乱され、社会に悪影響を及ぼす恐れがあるとされ、早期終了された『청춘의 덫☆青春の罠』だったのですが、現在「シングルマザー(single mother)」は「韓ドラ」の世界では欠かせない一テーマになっています。

(貧乏から抜け出すための男性の欲望や愛していたから復讐心に燃える女性の心境の変化などが無理なく描かれている名作だから『청춘의 덫☆青春の罠』まだ見ていない方必見だよ〜♪)

■ ≪『聖書』は「神話」に分類されるのかなあ〜???≫ともかく、キリスト教の聖典『バイブル(bible)☆聖書』に依れば、「マリア」は「ヨセフ」と婚約していたものの男女の交わりがないのに妊娠 (@_@。

「イエス」が生まれたユダヤの町ベツレヘムでは、淫行した女性は石で打ち殺されていたらしいけど、著者は「ヨセフ」の夢で「天使」を通じて≪マリアは「聖霊」によって身籠った。その男の子はイスラエルの罪を救う者となる。その子をイエスと名づけなさい。≫と知らせ、マリアの「異常出産」は「ケガレ(穢)」のない状態での妊娠 =「処女受胎」とされ「神聖視」する。(『聖書』の著者超頭いいなあ〜♪)

欧米における「カトリック」の規律も厳しく、未婚の女性の妊娠や姦淫はタブーとされているみたいけど、「カトリック」において「聖母」とされ崇められている「マリア」は、「ノンフィクション」や「韓ドラ」の世界ならば単なる「未婚母」か「でき婚」。だけど〜「信仰」とは「信じること」疑ってはいけないものだからね〜。

韓国の聖堂のマリア像

韓国発情報に依れば、朝鮮戦争(1950年6月〜1953年7月)が「休戦」になった頃は、子供が「万単位」で韓国から海外に養子として渡り、2007年までの累計は「16万人」にも達したようで、2005年の海外養子縁組率は「59%」、国内養子縁組率は「41%」。

≪韓国は子供たちが育てられないほど貧しい国なの?≫と思うと、2011年にはGDP統計の上では「世界15位の経済大国」になった。なのに国内養子縁組はさほど増えないらしく、養子として海外に渡る子供のうち、未婚の母の子供で捨て子は、87%をも占めるらしい。

片親家庭になる要因は死別、離婚、未婚の出産だけど、韓国では「母子家庭☆シングルマザー(single mother)」より「父子家庭☆シングルファーザー(single father)」がうんと多い。

パートナーとのトラブルにより別れる際、女性が養育権を取得するとしても「育児」と「仕事」が両立可能な女性のための福祉施設や制度が整っていないことによる「経済的な困窮」がその大きな理由と言えます。

もう一つの根本的な理由としては、「父系血統」中心の社会システムから「子供」と「父系」との「絆」を切ることができないこと。「過去」のある女性は再婚の際、出産のことを隠し子供を別の人の戸籍に入れるか再婚相手の戸籍に入れる。

後者の場合、継父とは「異姓」である子供は成長すると「桃太郎」のように親に「出生の秘密」を迫り家出し、遂には血の繋がった「実父」を訪ねていくのが慣例だから。 (続く)

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
17 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/6 ℃
大阪
曇り一時雨
14 ℃/9 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集