「素敵な出会い」のための花&「素敵な別れ」のための花 2014/9/4

黒海(Black Sea)の西側に面する「ルーマニア」、その下は「ブルガリア」。黒海の東側に面し、両国と向かい合っている「グルジア」。この3国には飽きるほど「バラの花」が多いらしい。

どれほど多いことか!!「ブルガリア」は世界の80%の「ローズ(rose)」オイルの生産量。「ルーマニア」「グルジア」のローズ・ウォーター、ティー、ジュース、ワイン、ジャム、蜂蜜、風呂・・・等々。

「ロシア語版」の歌謡曲「百万本のバラ」は、原曲であるラトビア語の歌詞とは全く違った内容で、伝説ではなく実話らしいが・・・。

「グルジア」の貧しい絵描き「ニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani)」(1862〜1918)は、彼の町を訪れたフランス人女優に恋心を表すために全てを売って、彼女の泊っているホテルの前の広場を百万本の真っ赤なバラで埋め尽くしたらしい。だ〜け〜ど〜、女優はあるお金持ちのおふざけだと思い別の町へ・・・そちらのお金持ちと・・・。(以下省略)

「花の女王」と言われているあの花を「百万本」をも・・・ほんとかよ〜!!!と、圧倒されるのは一瞬。野山至所に見飽きるほど咲いている国なんだから、貧乏の「絵描き」にも買える超安価なのに違いない!!!と、「朴」はすぐに納得。

ブルガリアの「バラの谷(Kazanlik)」の大特産物である「薔薇」

朝鮮半島の「詩人」「김소월 金素月 氏」の「詩」「진달래꽃 (ツツジの花)」。
※(この詩、まだ詠んでいない方、「もっと知りたい韓国の魅力」2014年8月12日公開の ≪貧しい時代には「レンギョウ」&「ツツジ」の花がピッタリ!!≫ を読んで下さいね〜♪)

詩中の人物「私」が道に撒き詰めたのは、全国の山に嫌になるほど咲く「ツツジの花」。全財産処分して買いまくったわけではなく、故郷の「薬山」のツツジの花を自分で摘んできた。

出会った頃は見栄を張ってお金を使い、(他者を驚かせた後に喜ばせる計画やそれを実行することの意としての)「サプライズ(Surprise)」なんかで相手の胸をときめかせ、興味がなくなると「釣った魚に餌はやらないタイプ」。

そんな次元とはちょっと違って、「私」のことがいとわしくなって去る人への「素敵なお別れ」のた〜め〜に〜。

仏教用語で花を撒くことを「散華(散花)」と称します。お寺における散華は、華(花)の芳香によって悪鬼神を追い払い、道場を清めて諸仏を勧請するための儀式。

「供養」とは、「仏」(釈迦または悟りを得た者)・菩薩(成仏を求める修行者)・諸天(天界の衆生)などに「香・花・燈明・飲食」などの供物を真心から捧げることを指す語。「供養」は「善行為」なので「供養」を積めば「極楽行き〜♪」

「功徳」とは、見返りを算定せず行った「善行」の積み重ね、又は、「修行」の結果として得られる仏様からの「プレゼント(果報や恩恵)」。

「散華の功徳」とは、「仏様」が通られる道に修行者達が花を撒き、その歩みを栄華にしたことに由来する仏教用語で、「仏様を讃えて散華することを供養として行われるのは、功徳を積むこと」との意ですって〜。

≪一花を以って一仏に散ぜば、花に因りて尽(ことごと)く「弥陀(仏)」を見ることを得ん≫

ちなみに、日本の「経」に示されているこの文言は、仏教伝来に伴って「インド → 中国 → 朝鮮半島 → 日本」に伝わったらしいですよ〜。

「哀而不悲」とは、悲しいけどその悲しみを外に表さないとの意。

「裏切られて悔しく悲しい思い、どこにぶつければいい??」と、翌日まぶたが腫れるほど泣いてもすっきりしないはずなのに「死んでも 涙は流しませぬ」だと?!?!こりゃなにごとだ〜?!

韓国の「書評」では、

≪詩「진달래꽃 (ツツジの花)」のテーマは、

(1)男性中心の儒教社会における伝統的な韓国女性の切ない「情恨」を「忍苦」で克服する「哀而不悲」の態度。
(2)恨みに思うことを昇華させ、去っていく人のためにお花を撒き、「祝福」を祈る「散華功徳」の精神。

要するに、★「仏教」★「儒教」的情緒が根本にある。≫

と分析しています。

朝鮮半島の「伝統的な情緒」が窺える、趣のある「古宅+ツツジの花」

『황진이 ファン・ジニ 黄真伊』は、2006年韓国KBS制作、2008年4月から日本のNHKで放送された韓ドラ。身分制度の厳しかった16世紀頃の朝鮮時代に実在したと言われる才色兼備の妓生(芸者)の生涯を描いている。(全24話)

『황진이 ファン・ジニ 黄真伊』「第5話」のラストシーン。主人公「진이 ジニ」(妓生=奴隷階級の子)「女優 하지원 ハ・ジウォン」は、「은호 ウノ」(両班=貴族階級の子)「男優 장근석 チャン・グンソク」に呼び出され、結ばれない身分なら縁を切ってもらおうと会いに行く。

ところが、「ウノ」が待っている場所への橋には花が撒き詰められ、その花をそっと踏みしめ橋を渡り、垂れている紐を触ってみたら指輪が落ちてくる。「ウノ」は指輪を「ジニ」にはめてあげ……キスを……♪(以下省略)

「詩」「진달래꽃 (ツツジの花)」に影響されているのでしょうか。いやいや、『황진이 ファン・ジニ』の「ウノ」が撒いた花は「素敵な出会い」のための「サプライズ(Surprise)」。「진달래꽃 (ツツジの花)」の「私」が撒いた花は「素敵なお別れ」のための「サプライズ(Surprise)」。

「尊敬・純潔」を意味する「白薔薇」

話を再びバラの花に戻し、

『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby)は、アメリカの作家「F・スコット・フィッツジェラルド」が書いたアメリカ文学を代表する小説(1925年出版)。何度も映画化されたけど「朴」が鑑賞したのは「1974年」制作版。

軍人「ギャツビー」は大富豪の娘「デイジー」と愛し合うけど、無一文の貧乏。「デイジー」は「ギャツビー」を諦め、大金持ちと結婚。「ギャツビー」は成功をおさめ巨万の富みを得て、「デイジー」の家の近隣の大邸宅に引っ越してくる。「ギャツビー」は「デイジー」に再会するため毎夜豪華絢爛なパーティーを繰り返す。大邸宅内は「デイジー」の好きな「白薔薇」だらけ…………(以下省略)

ロシアの「百万本のバラ」&アメリカの『グレート・ギャツビー』の「素敵な出会い」のための「サプライズ(Surprise)」は、韓国のそれよりケタ違いのスケールなので「シンデレラ・コンプレックス型」(外からくる何かが自分の人生を変えてくれるのを待ち続けているタイプの女性を指す語)。いやいや、よっぽど気のしっかりしている女性だって魅惑されやすい。

(何しろ、国の面積がめ〜ちゃ〜違うんだから圧倒されることないと思うけどね〜♪)

◆国の面積
「朝鮮半島(韓国 + 北朝鮮) ☆220,800 km2」
「ロシア ☆17,100,000 km2」朝鮮半島の(約77倍)
「アメリカ ☆9,827,000 km2」朝鮮半島の(約43倍)

大富豪の男性から「朴」に贈られた「バラ」ではなく、「お別れ」の「修了式」で頂いた「花束」とそっくりの写真ですよ〜♪

(続く)

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
17 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/6 ℃
大阪
曇り一時雨
14 ℃/9 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集