山菜を知ろう、毒草も知ろう 2018/5/17

キンポウゲ

春になってから、石川県及び周辺の山で石川県民を巻き込んだ遭難が6件発生、4人が亡くなっています。石川県でこんなに多発するのは、今までにないことてす。

面識のない方ばかりなので、登山経験の程度や登山タイプはどうかはまったく知りません。ほとんどが単独行であったことからすると、自信過剰も多少あったのかなあ。これからが登山本番、そして山菜採集も本番、遭難が多いシーズンです。注意を怠らずに。

◆植物による中毒に注意
低山ではクサソテツ(コゴミ)やゼンマイはもう終わって、ワラビやウドは今が盛りです。

今年も野菜直売店や道の駅などで、誤まって毒草が売られていたことがテレビ等で報じられました。多いのは、スイセンをアサツキやニラと誤って販売されているケースです。イヌサフランをギョウジャニンニクとして販売されていたこともあったそうです。採集や販売している人も、それなりの知識はあると思うのに誤認は意外です。

食べたらどうなるか。多くは嘔吐、そして呼吸困難、死にいたることもあるそうです。山の中は毒草うようよ。最も怖いのはトリカブトの仲間、有名な毒草なので誤まって売られたり食べた例は少ないようです。これからは、ギボウシとの誤認でコバイケイソウやバイケイソウが主役です。登山者のこれによる食中毒もちょくちょく耳にします。セリと見間違えたドクゼリによるものもあります。

若いころから山菜に興味をもち、食べてきた私には、誤認は「似ている?」と思うことすら疑問を感ずるのですが。

身近に、毒草を食べた方の事故を世話をした人がいます。話をきくと昼食時のラーメンに、採集してきた草を入れて食べたところ嘔吐。救助ヘリを要請したそうです。採集した草はミツバと言っていたのですが、キンポウゲ科のうちの植物でないかと推測しています。幼少の頃、キンポウゲは「火事花 家へ持ち帰ると火事になる」と嫌われていました。毒草ということですね。

果実にも要注意のものがあります。ドクウツギは、トリカブトとともに有毒植物の代表格。山地の荒れ地でよく見かけます。赤い実のヒヨドリジョウゴやオオヒョウタンボクの実も毒だそうです。

◆知っておこう食草
ぜひ知っていてほしいものがあります。山菜は「あく」が強く、すぐに食べられないものが多いのですが、軽く湯通しをしただけで食べられるものがあります。クサソテツもそうですが、これからのシーズンはウド、地方によっては「ミズ」や「カタハ」と呼称されているウワバミソウもすぐに食べられます。

特にウワバミソウは、多くの谷や湿った山地で群生で見かけます。うれしいことにウワバミソウの場合、生でも食べられます。(ウドも表皮をむき、薄く切って水洗いすればアク抜きできます)

写真を掲載しておきたいところですが、ウドもウワバミソウもよく似たものがあります。図版か現物を見て確認したほうがよいでしょう。これからはスーパーや道の駅などで販売されるので、目にする機会は多いと思います。栄養豊富、知っていて得する山菜です。

以前、食料はマヨネーズのみで17日間救助を待った方がいました。マヨネーズ持参は遭難対策に有効な手段ですが、ウワバミソウも知っておれば食料での遭難の心配はいりません。

しかし乱獲はしないでね。

PR情報

記事一覧

『ゆる山登山』4 猪鼻山

「干支」(えと)の山へ登るファンもかなりいて、登山雑誌の1月号には、その年の干支の山が紹介されます。 今年の干支の猪(亥)、全国に「猪名」の山は『山…

2019/1/22

山の会には会報が必要 『くろゆり』から学ぶ

会報を発行している山の会が少なくなったからでしょう、登山雑誌から会報紹介がなくなってから久しくなります。 私が登山を始めた頃、「登るだけでなく読む、…

2018/12/26

『ゆる山登山』3 御茸山

晩秋から早春にかけては、「古墳」のある山の山歩きに適しています。 整備された古墳は少なく、北陸では20個所ぐらいしかありません。多くは未整備、墳墓は…

2018/12/3

『ゆる山登山』2 医王山大池平

「紅葉は岩山が美しい」、先に「秋山に向けてのメモ」の中に書きました。金沢近郊では医王山、それも鳶岩や三蛇ヶ滝付近に限定されます。なぜならば岩の質が夕…

2018/11/1

『ゆる山登山』1 三方岩岳

東京新聞から出ている西野淑子さんの『ゆる登山』と『ゆる山歩き』が好評のようです。本の内容を見ていませんので、確としたことは言えませんが、東京中心、若…

2018/10/16

秋山に向けてのメモ

先頃、警察庁から今年の夏山遭難の発生件数が発表されました。前年よりも多く、統計がある1968年以降最多とか。記録的暑さが登山者の体調に影響した可能性…

2018/9/27

山の会は車事故対策を

登山組織にも時代の流れがあり、かつては「山岳会」と称する会が多かったのですが、今は「山の会」的な名称の会がほとんどです。 どう違うのか。 「山岳会」…

2018/8/29

7月は伊吹山に登る

体への負担の大きい作業等は自粛していましたが、雪から解放された2月からフットパスを開始しました。今後は、「私の場合、迷惑をかけない登山・フットパスで…

2018/7/6

6月は霊山・位山へ登ろう

「霊山」と言われる山は全国に数多くありますが、中部地方の中級山岳から選抜すると岐阜県高山市の「位山」を推奨したいと思います。 「笏」(しゃく)を作る…

2018/6/7

山菜を知ろう、毒草も知ろう

春になってから、石川県及び周辺の山で石川県民を巻き込んだ遭難が6件発生、4人が亡くなっています。石川県でこんなに多発するのは、今までにないことてす。 …

2018/5/17

プロフィール

19

達人に質問をする

登山家

登山歴六十年。1962年医王山に「ナカオ新道」を開き、維持するための会を設立、45年間代表を務めてきました。2007年にふるさとの山を愛する「金沢ふるさと愛山会」を設立しました。山へ登るだけでなく、自然愛護・環境保全に励み、生涯登山(生涯自然人)をめざしての登山活動を続けています。「中日登山教室」や「親子白山登山」など約800回,延べ人数約2万人の登山者・一般市民に「安全登山、楽しい登山」を指導してきました。執筆を通じて白山など郷土の山紹介も手がけています。最近は、歴史と自然に親しむトレイルの指導が増えております。

平成11年 中日新聞社会功労賞受賞
平成15年 藍綬褒章受賞

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ
14 ℃/6 ℃
大阪
晴れ
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集