白山開山・泰澄ゆかりの山 7 2016/8/21

獅子吼高原

白山へ登る道には美濃と越前、それに加賀禅定道がありました。美濃と越前禅定道は、既に紹介しましたので残るは加賀禅定道のみ、白山本宮(現在の白山ひめ神社)を起点にして中宮(中宮温泉ではない)、尾添、祓(はらい)川、桧(ひの)新宮と桧新宮までは現在の尾根ルートでなく祓谷を登りました。桧新宮からは、加賀禅定道をたどることになります。

加賀禅定道にも他の禅定道同様に泰澄伝説・伝承がたくさんあろうと思われるでしょう。ところが四塚山で紹介した猫封じだけです。それも泰澄でなく弟子の清定(浄定)行者の話です。
加賀禅定道沿いには、泰澄伝説・伝承はなにもないのです。

泰澄は歩いた白山への道は、鶴来の町並みの山手に白山堂があります。泰澄が白山へ登るときに最初の一夜を過ごした場所と言われています。そして獅子吼(ししく)高原へ、獅子吼は泰澄が宿泊(止宿)した場所と言われています。以後、泰澄の白山への足取りは消えています。

近年、福井県の登山者は石川県の泰澄ゆかりの山へ登る傾向があるようです。今年はフットパス調査で、福井県の低山をよく登りました。「達人に訊け」の影響でしょうか、必ずといっていいほどに「もしかして林さん」と声をかけられます。「高齢となったので、迷惑をかける登山はしていない。今は泰澄ゆかりの山へ登っている」、「生涯自然人」を唱える私にとっては「我が意」を得たりです。

そして「石川県での泰澄ゆかりの山を教えてほしい」と聞かれます。石川県では、泰澄ゆかりの山は7座を数えるのみです。

7座ある山を簡単に紹介しておきましょう。標高の高い順にいくと医王山が一番ですが、泰澄伝説・伝承は富山県域に多いので次回に戸室山とあわせてします。

◆獅子吼高原
山名は後高山です。白山市と金沢市との境にある標高649メートルの山です。山続きの奥獅子吼山のほうに人気はありますが、泰澄伝承とは関係ありません。後高山山中に泰澄伝承の場所があるのか、それがないのです。

泰澄が白山の神と出会ったのは福井県の平泉寺、これが通説ですが、後高山を背にした舟岡山とその下を流れる手取川にも同じ話があります。その舟岡山の山麓は、泰澄伝説・伝承の宝庫です。後高山には山頂近くまでロープウェイ、舟岡山にも遊歩道もあって徒歩10分もあれば山頂に着きます。

◆遣水観音山
能美市辰口地区にある標高402メートルの山です。この山での泰澄伝承は、山腹にあった旧観音堂にあります。泰澄が白山で修行していたとき、瑞雲(ずいうん)たなびく峰が見えたので弟子の御辰行者に観音像を持たせ御堂を造ったといわれています。泰澄も養老3年(719年)に訪れた伝えられています。泰澄が造らさせた観音堂は平成5年に焼失、観音像も焼失しているはずです。

仏大寺集落から遣水(やりみず)霊水を経て、観音堂跡、頂上、つくばね新道を経て仏大寺集落へ戻る周回登山道があり、一周約2時間です。この山の登山口へ通じる路線バスはありません。

伊須流伎比古神社拝殿

◆石動山
中能登町にある標高564メートルの山です。開山については二つの縁起があり、泰澄は「新縁起」のほうで養老元年(717年)に開山したと伝えられてします。「新縁起」は、近々紹介の新潟県での泰澄ゆかりの山に影響していきます。

石動山へはバスがありません。登山口は石動山集落から多数ありますが、集落内にある伊須流伎比古(いするぎひこ)神社の鳥居をくぐって神社拝殿、大御前山頂、ブナ林、集落と周回するのがよいです。一周約1時間です。

石動山での泰澄墓は、復元された大宮坊の前の道を登ると右手にあります。ここを含めて、大宮坊から神社拝殿付近には信仰の山らしく遺構がたくさんあります。

◆虫ガ峰
七尾市中島地区にある山頂が二つの山です。泰澄ゆかりの山は、頂上に白山神社を創建した低いほうの標高294メートルの山です。今も堂があります。

中島町町屋、上畠、大平から山頂の風力発電所目指して車道があり、ドライブがてら訪れる人が多いようです。

◆舞谷御前山
輪島市と珠洲市、能登町にまたがる標高368メートルの山です。石動山にある五社権現は舞谷御前山にあったもので、泰澄が夢のお告げで移した者と伝えられています。代わりに石動山から神明宮を勧請したそうです。

登山道はありません。

PR情報

記事一覧

お勧めの白山登山

7月1日は多くの山で夏山開き、白山もそのうちの一つです。 以前、白山ガイドの本を執筆していたとき岐阜県側の白山関係者から苦言を呈されていました。執筆の…

2014/6/29

こむら返りの対処

今年は春が短くて、早くも真夏が到来した感がします。 足の筋肉が突然けいれんを起こす「こむら返り」、登山の場合、初夏から夏にかけてよく起きる現象です。…

2014/6/19

ニッコウキスゲの咲く山

初夏の山で人気の花は、ニッコウキスゲが第一でしょう。少し高い山でならどこでも見られる花ですが、群生地となると条件が必要です。条件とは亜高山帯であり、…

2014/6/7

「フットパス」体験

私の一番最初の発信は「ロングトレイル時代がやってくる」でした。ところが最近「フットパス」という言葉が、耳に入るようになってきました。 「フットパス」…

2014/5/28

丁寧な登山

映画「剣岳・点の記」は、登山者のみならず一般市民にも感動をあたえました。原作の新田次郎氏が「日本百名山」の著者・深田久弥氏をしのんで、久弥は「高い山…

2014/5/17

登山にストックは必要か

登山用具購入にあたっての相談の一つにストック(トレッキングポール)の選定があります。ストックについては「持つ派」と「持たぬ派」に分かれています。私は…

2014/5/7

シャクナゲ鑑賞登山

園芸店にシャクナゲの苗木が並ぶようになりました。最近は交配したシャクナゲの苗もまじり、種類も多彩になっています。 「花の女王」とも言われるシャクナゲ…

2014/4/27

北陸の山の花 谷間に咲くかわいい花たち

北陸の春の花最終回は、草丈5〜10センチ程度の小さな花3種を紹介します。特別珍しい花ではありませんが、暗い谷間に咲くので登山者やハイカーの目にとまる…

2014/4/14

北陸の山あいのミズバショウ群生地

高原を彩る「水の精」として人気の花です。ミズバショウは尾瀬では初夏の花ですが、北陸では低地にも自生しているので春を告げる花のひとつです。分布は兵庫県…

2014/4/4

石川と富山県のカタクリ群生地

カタクリはどこの山へ登っても普通に見られると思われそうですが、まったく見られない山もあります。石川県の場合、金沢市を流れる浅野川より北では自生はあり…

2014/3/22

プロフィール

19

達人に質問をする

登山家

登山歴六十年。1962年医王山に「ナカオ新道」を開き、維持するための会を設立、45年間代表を務めてきました。2007年にふるさとの山を愛する「金沢ふるさと愛山会」を設立しました。山へ登るだけでなく、自然愛護・環境保全に励み、生涯登山(生涯自然人)をめざしての登山活動を続けています。「中日登山教室」や「親子白山登山」など約800回,延べ人数約2万人の登山者・一般市民に「安全登山、楽しい登山」を指導してきました。執筆を通じて白山など郷土の山紹介も手がけています。最近は、歴史と自然に親しむトレイルの指導が増えております。

平成11年 中日新聞社会功労賞受賞
平成15年 藍綬褒章受賞

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
22 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
24 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
23 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集