【お悩み相談その29】おのを池に投げ込んだので、仕事ができなくて困っている 2017/3/12

焦熱地獄、極寒地獄、阿鼻地獄、叫喚地獄など、いろんな地獄がありますが、「笑い地獄」というのは聞いたことがありません。
やはり、「笑い」には「極楽」のほうがお似合いのようです。

それでは、お悩み相談その29です。

〔悩み〕
正直者の木こりの話を信じて、おのを池に投げ込んだことを深く後悔しています。女神が、金や銀のおのをくれるどころか、私のおのさえ返してくれないので、仕事ができず途方に暮れているところです。(不正直者の木こり・年齢不詳)


〔回答〕
本当に災難でしたね。
心よりご同情申し上げます。
金や銀のおのをもらい損ねたのは仕方がありませんが、愛用のおのさえ返却してもらえなかったとは。女神の仕打ちは明らかな窃盗行為にあたりますが、いくら警察に訴えたところで、池の中まで捜査の手を広げてもらうことは期待薄でしょう。

しかし、考えてみればひどい話ですね。
正直者の木こりは、商売道具のおのをうっかり手をすべらせて池に落としてしまったというのだから、職人の風上にもおけません。それなのに、ただ正直だというだけで、金のおのと銀のおのをプレゼントされたんですからね。

ひょっとして、よほどのイケメンだったのでしょうか。

それに引き換え、あなたの場合には、全く状況が違います。女神が姿を現さないというリスクも承知の上で、故意に愛用のおのを池に落としたというのですから、その決断に至るまでには、大きな葛藤があったことでしょう。

それなのにあの結果とは、あまりにも世の中不公平というものです。しかし、落ち込んでばかりいても仕方ありません。何はともあれ、仕事を再開するために、行動を開始すべきです。

まずは、正直者の木こりを訪ね、おのを1本おすそ分けしてもらいましょう。

それでなくても、先方には自分がよけいなことを口にしたばかりにあなたをひどい目に遭わせたという負い目があるはずですし、3本もおのがあるのだから「Oh! No!」とは言わないでしょう。

それに、手をすべらせるような腕の悪い木こりです。「これが1番使いにくい」と言って、ひょっとすると金のおのを贈呈してくれるかもしれませんよ。

女神への損害賠償請求については、それからゆっくり作戦を練ればいいのではないでしょうか。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その98】がさつな性格の上司に反撃するにはどうしたらいいか?

3歳ぐらいの女の子。目が合うと、にっこり笑って「こんにちは」とあいさつしてきました。「こんにちは」と返すと、「がんばってください」と言って、去ってい…

2018/7/9

【お悩み相談室その97】「犬は飼い主に似る」ということわざは本当?

漫才は、ツッコミとボケが語り合う芸です。ツッコミは常識的な発想をするタイプ、ボケは常識を超えた発想をするタイプです。あなたは、どちらのタイプに共感し…

2018/7/1

【お悩み相談室その96】「人生の師」と出会うためにはどうすればいいのか?

「家の中にある現金を、全部盗まれたんですって!?それは災難だったわねえ」 「ええ。だから私は、こんなことにならないようにどんどん使っておこうとしてたんだ…

2018/6/24

【お悩み相談室その95】部下をほめて育てようとすると、図に乗ってくる

突然ですが、問題です。もしも家のカギをなくしたら、どうしますか?次のうちから一つ選んでください。 (1)気がつかなかったことにする。 (2)「家のカギ…

2018/6/17

【お悩み相談室その94】友人から不用品をもらったので家の中が物だらけになった

ひとくちに「笑い」と言っても、いろいろとあります。モナリザの爆笑、モナリザの失笑、モナリザの高笑い、モナリザの苦笑、モナリザの照れ笑い、モナリザの嘲…

2018/6/10

【お悩み相談室その93】会議を始めると、発言者以外のほとんどが寝てしまう

「ぼくが総理大臣になったら、消費税を30%に上げちゃうよ」 「まあ、この子ったら何て恐ろしい子なんでしょう!」 「でも、ママだけは今のままにしておくから…

2018/6/3

【お悩み相談室その92】ひどくおっちょこちょいの性格を何とかしたい

バラエティー番組では、「良い子は決してマネをしないでください」のテロップが出ます。それなら、未成年が喫煙や飲酒をしたりするドラマのシーンでも、同様の…

2018/5/27

【お悩み相談室その91】運動会の後が散らかっているのは子どもたちへのいじめ?

オレハマッテルゼ、チチンプイプイ、カミサンコワイ、ゴメンアソバセ、ヤッパリツヨカッタ、コップヒヤザケ、コクミンネンキン・・・・・・。 これって、全部…

2018/5/20

【お悩み相談室その90】自分のことを「おいら」と言う部下の口癖を直していいものだろうか?

列車の遅れもあって、車内は超満員。駅に着くと、必死の形相で中年男性が叫んでいます。 「あと一人、乗せてくれ!」 何とか強引に乗り込むと、くるりと振り…

2018/5/13

【お悩み相談室その89】ミスを笑ってごまかすテクニックが未熟である

大河ドラマ「西郷どん」、なかなか見応えがありますね。 さて、坂本龍馬が、犬猿の仲である薩摩藩と長州藩を提携させるまでには、さまざまな苦労があったこと…

2018/5/6

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集