朝鮮半島の誇り、「高麗青磁」〜その2〜【後編】 2017/6/7

前回記事はこちら
2017/6/5 朝鮮半島の誇り、「高麗青磁」〜その2〜【前編】

「(北)宋」の第8代皇帝「徽宗(1082-1135年)」は、文人・画人としての才能が高く評価され、芸術面において「宋」最高の一人と言われる人物。「宋」は東西洋との交易が活発だった時代であり、「西域」から入ってきた「青色の花瓶」が気に入り、宋でも作り始めたよう。けど、中国青磁の絶頂期と言われる「宋青磁」の青色は徽宗のお気に召さず。

そんなある日、高麗から入ってきた青磁を目にした「徽宗」は、目を皿にして「まさにこれである!!」と感嘆し、高麗青磁の色を

≪「雨過晴天(雨後晴天)」色≫(雨が上がり晴れ渡った空の色)

と、表現したとか。(なんと、文化人らしいロマンチックな喩えか!)そこで、中国では最高の青磁色を「雨後晴天(雨過晴天)色」と表現してるらしい。

とは言うものの、感性鈍い「朴」は、「雨過晴天」であろうが「台風一過」(台風が過ぎ去った後の晴れ晴れとした天気)であろうが「秋晴れ」(空気が澄んで空が抜けるように青い晴天)であろうが、「青空」に感動した事はない。

朝鮮半島の空は中国から偏西風に乗って「黄砂」が飛んでくる春や雨の日以外は殆ど晴天だった。「雲」は時には、わたの形になったり、ひつじを作ったり、うろこ雲に変わったり、うす雲に変わったりして面白い。「スカイブルー」1色のみが限りなく続く晴天は、退屈でつまらない。

今から約1000年前の「宋(中国)」時代でも「黄砂」いっぱい飛んでたかなあ〜。宋の都であった「開封」は中国でも最も歴史の古い都市の一つであり、11世紀から12世紀にかけて世界最大級の都市であったと言われてるけど、あの頃から「宋」は世界の工場で―(中国から飛んでくる「PM2.5」が発生し、昼間の太陽が薄雲がかかった月のように見える近頃の朝鮮半島のように)―大気汚染により空がくすんで見える日が多かったかな〜。久しぶりに降った雨で「黄砂」も「PM2.5」も水滴にくっついて地面に落ち、僅かな間に見られる青々とした空は「★感動的★」だったでしょうね。たぶん。

それとも、「宋」の山谷を流れる渓流は、厖大な土砂が流れ込む「黄河」や「黄海」のように水が少なく土砂が多い濁ってる黄色なのかなあ〜。そうでなければ、「皇帝(徽宗)」は、「深山幽谷」まで行幸し、渓谷を流れる清流ご覧になったことないかな〜。「朴」みたいに友と2泊3日でね。

高麗時代の優れた詩人・哲学者「이규보(イギュボ)李奎報」(1168−1241年)は、「磁器枕」と「冴P杯(甕=磁器)」を目にして、

≪(磁器枕は)水よりも透明で触感は玉のようにすべすべ。≫

≪(冴P杯は)鮮やかな碧(玉)色で澄んだ水のように玲瓏である。≫

と「高麗青磁」の色を、流れゆく清い「★水★」に喩えて歌ってます。「自然環境」って「感性形成」に影響するね。「高麗人(韓国人)」と「宋人(中国人)」近いように見えるけど魅せられる対象ちょい違うような気がしますわ。

高麗時代(13世紀頃)の「磁象嵌牡丹雲鶴文頭枕」 写真出典:韓国国立中央博物館
高麗時代(12世紀頃)の「磁 象嵌鴨形 注子(水注)」 写真出典:韓国文化財庁
高麗時代(12世紀頃)の「磁 象嵌牡丹文 瓢形 注子(水注)」国宝第116号。 「淡青緑色」を帯びている。 写真出典:韓国国立中央博物館

皆さんならば、この3点の青磁の画像を見て人に色を伝えたい時、何の色だと言うでしょうか?

色を表す言葉は人によって民族や言語によって様々です。ある色を伝え合うための最も一般的な媒介体は「★色名★」。でも、個人差や言語の違いでキャップが生じることあり。その色の誤差が納得のいく範囲である場合と到底許せない場合がある。今日のような国際化・情報化時代では言語の違いや文化的感覚の相違を乗り越えた、国際的に通用できる色の表し方が必要不可欠。

「カラーオーダーシステム」とは、言語の壁を乗り越えた科学的な「色の表し方」。様々な色を測定し、「色相・明度・彩度」別に分類、順番に並べた「色見本」を見える形にし、各色に「記号&数字」を振り、色を示す「表色体系」システム。一般言語とは別の「色彩表記法☆A Color Notation」が使われます。

例えば、トキ(鴇)色は「#F3A696」、サンゴ(珊瑚)色は「#EF8468」、タイコウ(退紅)色は「#D69090」といった形。

(左)「@」#F3A696 (中央)「A」#EF8468 (右)「B」#D69090

「モモ桃・粉紅色(韓国)」「とき色(日本)」「淡い粉紅色(中国)「ピンク(英語)」といった「色名」の代わりに「★色に関する共通言語★(記号・数値)」、「#F3A696」と言えば国や言語問わず、いつでも誰でも「@」の色をイメージすることができる。

超簡単に言えば、「カラーオーダーシステム」とは、伝達側と被伝達側との間で色のズレが生じないように、客観的かつ厳密に色の伝達ができるように考案された「色の表し方法」。

近頃は、朝鮮半島の産業界、デザイン界など色を専門とする諸分野でも幅広く使われ、「ニーズ(needs)☆要望」に答える厳格かつ正確な色を生産することができますが、「カラーオーダーシステム」を用いて表示する方法に比べ、朝鮮半島の「先人」の色の表し方は、呼びやすく、覚えやすいけど正確な色を伝達するにはやや不向き。

朝鮮半島の伝統色は、赤・青・黄・白・黒の「五色」以外に(カラムラサキ)ツツジ色・アズキ色・緑豆色・肌色・ネズミ色・水色・空色・黄土色・金色・銀色……(息切れ)……玉色・琥珀(コハク)色・虹色など身の回りにあるモノからの借用が多い。

そして、白みを帯びた青、黒みを帯びた青、鮮やかな青、明るい青、暗い青、澄んだ青、濁ってる青、……(一息入れて)……淡い青、ごく淡い青、濃い青、深く濃い青……等々

「明度(明るさ)」&「彩度(鮮明さ)」の違いからなる特別な色名が付けられていないような色が多く、それらは全て基本色名に言い換えられる。よって上に記された色は全て「青」と見なす。

色は、時間と共に変色・退色してきている可能性が高い。どれも全てが一様なモノを機械により大量生産できる今日の工業規格製品とは違い、高麗青磁はモノによってその材料や色・文様・形・品質などが微妙に異なる手作り一品モノ。

東アジアにおける当代最高の権力者であり、中国の文化皇帝と言われてる「皇帝(徽宗)」に届けられた、最高色を誇る「高麗青磁」は、今どこにあるんでしょうか。「皇帝」に愛用されてた身近な物品の一つとされ、日の当らない古墳の「副葬品」となり、「徽宗」の傍で眠ってるのでしょうか。それとも、≪「宋」×「金」≫の激戦で吹っ飛ばされ、馬に踏んづけられ、影も形もなく姿を消してしまったのでしょうか。

どんな色だったのか、一目見たい!!

≪ミステリアスコリアンブルー☆Mysterious Korean Blue≫

(続 く)

PR情報

記事一覧

MERRY CHRISTMAS/歌で覚える韓国語

キリスト教徒の多い国では、イエス様の誕生を祝う祭「クリスマスChristmas」、十字架にかけられて死んだイエス様が三日目に復活したことを記念する「復活祭East…

2012/12/25

韓国のクリスマス/クリスマスフレーズ編

皆さんは「クリスマス」と言われたら何が思い浮かびますか。韓国育ちの私は「雪」トナカイのソリに乗った「サンタクロース」。 ところが、キリスト教は「雪」…

2012/12/12

キムチと健康/「韓ドラ」タイトルで覚える「文字と発音」

韓国の漬物は大きく、「チャンアチ(장아찌)類」と「キムチ김치類」に分けられます。 「チャンアチ(장아찌)…

2012/12/1

本場のキムチ/文字と発音「パッチム」(終声)

国名を聞いても代表的な食べ物が浮かばない国もありますが、韓国と言えば「キムチ」。前回の「キムジャン」の話に続き、今日は「キムチ」の種類についてご紹介…

2012/11/24

冬の風物詩「冬越しキムチ漬け」/「激音」と「濃音」のまとめ

韓国の気候は春秋が短く、夏には蒸し暑い日が続きます。日本より寒暖の差が大きく、12月から2月にかけては、ソウルでも気温が−15°Cを下回ることもある寒さの…

2012/11/16

韓国人の結婚式/覚えよう激音・濃音

「女」部に「昏」を加えると「婚」になります(女+昏=婚)。韓国の伝統婚礼は、新婦の家で日が暮れてから行われていました。急速な近・現代化の過程で婚礼は、…

2012/11/3

韓国人の知恵 / 簡単フレーズで覚える「文字と発音」

古い民族は歴史に先んじて神話をもっています。 説話形式の歴史書『三國遺事』は、 「天神の子である桓雄(환웅ファンウン)が、人間になって山に…

2012/10/22

韓国、食の話 / 簡単フレーズで覚える文字と発音

◆韓国、食の話◆ 2008年の統計によると、中国が世界のニンニク生産量の8割を占め、インドが2位に続き、韓国が3位でした。世界平均1人当たりの年間ニンニ…

2012/10/11

韓国、暮らしの便り/呼びかけの表現編

◆韓国人の暮らしの便り◆ 韓国では日常「太陽暦」を中心に生活していますが、伝統的な年中行事は「太陰暦」(旧暦)によって行われます。旧暦の8月15日は、…

2012/10/1

自己紹介編/覚えよう!基本子音

日本の面積は約38万平方キロで、韓半島(朝鮮半島)全体の面積は約22万平方キロ(イギリスとほぼ同じ)です。国土は日本より狭いですが、「古朝鮮」という…

2012/9/21

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
26 ℃/--
東京
曇り
24 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
25 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集