<第20話>平成の大横綱 金字塔への道(1) 2015/8/8

今年の名古屋場所で35度目の優勝を飾り、史上最多の優勝回数をさらに更新し続ける平成の大横綱白鵬。いかにして金字塔への道を歩んだのか、その強さの秘密を5回に分けて、迫りたいと思います。

今でこそ、身長192センチ、体重160キロと恵まれた体格の白鵬ですが、来日当時は170センチちょっとに、68キロときゃしゃでした。
ほとんどの部屋に入門を断られ、ウランバートルに帰る切符を用意してもらい、失意の帰国をする寸前だったのですが、モンゴル出身の先輩旭鷲山にもう1部屋行ってみたらと勧められ、現在の宮城野親方(元竹葉山)に拾われたような形で角界入りをしました。
出世する力士は「何かを持っている」とよく言われますが、宮城野親方の慧眼だったと思います。旭鷲山の願いを聞き入れ、「とにかく連れてきてみなさい」ということだったのです。
序ノ口デビュー場所は負け越しからのスタートでした。

スポーツの世界で「一度身体を絞って、もう一度太ってくると本物になる」という定説がありますが、大相撲の世界こそ、その言葉が生きているのです。
例えば、入門したときに体重が100キロあったからといって、そのまま大きくなるわけではありません。10キロ、20キロ絞り込んで、初めて先が見えてくる。いかにもお相撲さん向きだと言われて入門し、痩せたなと言われたら先が見えてきたと考えた方がいいのです。大相撲を長年見てきて、共通して言えることです。

大鵬も柏戸も入門したときは100キロに満たなかったのですから。痩せたなと思ってもけっして悲観することはありません。白鵬は一見ひ弱そうに見えても、やはりある時期、身体を絞り込んで、今のような体格になっていきました。痩せないやつは出世できないと言ってもいいのです。

学生出身の輪島は例外ですが・・・学生横綱で即通用するような体でしたから。
話が逸れますが、輪島と名古屋場所といえば、思い出されるのは、名古屋の観光ホテルを宿舎代わりにし、リンカーンに乗って場所入りしていた逸話です。入門当時から異端児でした。まだまげも結えない、パンチパーマのときに親方も許していたんですよ。三役でもないのに特別扱いされ、身体もできあがっていました。ランニングを積極的に取り入れ、東京では青梅街道を走ったり、横断歩道橋を上ったり下りたりと、とにかくよく走って鍛えていましたね。彼は相撲界に新しい風を吹き込んだ代表格です。

その後、稽古方法も器具を取り入れる部屋が出てきたり、様変わりしましたが、最近は原点を見直そうという空気がよみがえり、四股、鉄砲、すり足を基本中の基本としています。元関脇安芸乃島の高田川親方はそれを徹底し、弟子を指導しています。

白鵬も同じように大相撲の伝統的な稽古を忠実に守ってきました。器具を使って鍛えたという話は聞かないですね。

すり足で汗を流す白鵬

白鵬の身体は一回りも二回りも大きくなっていったのですが、大鵬の変わりようと非常によく似ています。体重がただ増えるだけでなく、バランスよく大きくなっていくのです。

あと、同じ太っていても、足首が細く締まっている力士は見どころがあります。出世するタイプなんです。北の湖、千代の富士、貴乃花もみんなそうですね。足首が太いまま、ストーンとなっている人は出世しない。せいぜい三役止まりですよ。
恵まれた体質に加え、白鵬はどう技を磨き、鍛えてきたのかは次回お話したいと思います。

PR情報

記事一覧

<第38話>心に残る大関列伝(清国編)

大鵬を語るときに清国の存在を忘れることはできません。昭和16年11月生まれ、本名佐藤忠雄、伊勢ケ浜部屋。 昭和31年大鵬と同期入門し、秋田県が生んだ横綱照国…

2016/2/20

<第37話>心に残る大関列伝(北葉山編)

柏鵬時代、高度成長期に向かい相撲界も大型化時代と言われました。その頂点を極めた力士が大鵬、柏戸でした。昭和36〜46年。この時代を脇役として一層ファンを…

2016/2/8

<第36話>初場所をふりかえって

久しぶりに大興奮した場所でした。 10年ぶりに日本出身力士の琴奨菊が日本中のファンの期待に応えてくれました。まず初優勝した琴奨菊に心からの敬意と拍手を送…

2016/1/26

<第35話>初場所 白鵬の巻き返しに期待

初場所は白鵬が優勝しなければいけない場所です。昨年前半、大鵬の記録を塗りかえて新しい境地に入った白鵬が後半に期待されたほど優勝回数を伸ばすことができ…

2016/1/9

<第34話>心に残る大関列伝(大内山編)

大内山は大正15年6月19日生まれ、本名大内平吉。茨城県那珂湊市(現ひたちなか市)出身、時津風部屋。身長202センチ、体重152キロでした。 2メートルの長身、手…

2015/12/26

<第33話>心に残る大関列伝(琴ケ浜編)

今年は戦後70年にあたるわけですが、相撲界は敗戦直後の廃墟の中から立ち上がりました。その立役者として横綱千代の山、鏡里、栃錦、若乃花らがいますが、その…

2015/12/16

<第32話>心に残る大関列伝(小錦編)

「黒船襲来」 この4文字が彼の時代と相撲の特徴をすべて表しているのではないでしょうか。 昭和57年6月、18歳のときに来日した小錦は初めて乗った新幹線で名古…

2015/12/6

<第31話>北の湖さん急逝に寄せて

北の湖さんの訃報には驚きました。ショックでした。 現職の理事長が本場所の最中に亡くなったというのは過去に知りません。かなり体調が悪く健康面が心配されて…

2015/11/29

<第30話>九州場所をふりかえって

大混戦が予想された九州場所でしたが、拍子抜けするような終わり方でした。2年ぶりに優勝した日馬富士は褒められるべきです。

2015/11/25

<第29話>九州場所は大混戦の予感

1年納めの場所として注目される九州場所です。この何年も「年間最多勝は白鵬で決まり」ということが続きましたが、先場所休場したことにより、今年はだれになる…

2015/11/6

プロフィール

17

日本福祉大客員教授、元NHKアナウンサー・相撲ジャーナリスト

1930年、北九州市生まれ。早大卒業後、53年NHK入局。初任地は名古屋局で、自身初の大相撲実況は54年2月に金山体育館で行われた大相撲名古屋場所(当時は準本場所)。

NHK在職中は名古屋、福岡、大阪、東京と大相撲の本場所開催地の放送局に在籍。81年、大関貴ノ花引退の放送で思わず絶句。“泣きの杉山、泣かせの杉山”と異名をとる。相撲以外でも東京、メキシコ五輪をはじめプロ野球など各種のスポーツ実況を担当。

現在は日本福祉大生涯学習センター名誉センター長、客員教授。名古屋・栄の中日文化センター講座「大相撲の魅力を語る」で講師を務める。深い知識と豊富な経験を基に、講座で興味津々の話題を紹介してくれる。

著書に「大相撲この名勝負」「土俵の鬼三代」「兄弟横綱−若貴の心・技・体」「土俵のチンギス・ハーン 白鵬」「土俵の真実」などがある。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
14 ℃/--
東京
晴れ
17 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
15 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集