信長公記の作者である太田牛一も参戦した堂洞合戦 2016/5/31

美濃加茂市蜂屋町にある城址碑。この先左手の山の上が砦跡

1565年(永禄八年)9月28日、中濃に進出した信長の軍勢は、岐阜県加茂郡富加町の堂洞砦を取り囲みました。ここは刃物で有名な関市の東5キロほどの位置で、今はまわりをゴルフ場のコースが取り巻いています。

城址碑は富加町ではなく、山の南側、行政区画としては美濃加茂市蜂屋町中蜂屋にありますから、そちらから行ったほうが、城址へはわかりやすいでしょう。山道を登っていくことになりますから、気をつけてください。

城址にはなんとなく暗い雰囲気が漂っています。多くの将兵がまさにこの場所で亡くなったからでしょうか。他の城址ではあまり感じない独特な雰囲気です。

この砦の攻撃は、信長公記首巻でもかなり詳細に書かれていますが、江戸時代になってから軍記物と呼ばれる読み物でも様々に書かれています。その中の「堂洞軍記」という読み物では、戦いがあったのは1565年と書きながら、信長がすでに稲葉山城を落として、美濃の諸城を順に落としていく途中の戦いとして描かれています。このあたりが軍記物をにわかには信じられないところです。

草生した城址は薄暗い
慰霊碑には永禄八年と刻まれている

堂洞軍記では、金森長近が信長の使いとして開城交渉に出向くと、堂洞城守将の岸勘解由の子で、信長側に寝返った佐藤紀伊守の娘を妻としていた岸孫四郎は、決死の思いを示すため、自分の二人の幼子を金森の前で斬首。更に妻を竹槍で串刺しにして晒しました。

戦いが始まると孫四郎は手勢50騎で大手門から打って出て戦うも、劣勢ゆえ腹を十文字に掻き切って自害。そして父の岸勘解由も自害。孫四郎の母は息子の討ち死にを見てカラカラと笑い自害したとも、あるいは勘解由と刺し違えて死んだとも、と書かれています。

信長公記では、信長の命で松明が投げ込まれて二の丸を焼き崩し、600人ほどが本丸へ逃げ込んで立てこもるところへ河尻秀隆が突入し、続いて丹羽長秀も突入に成功。岸勘解由と多治見一党との激戦が繰り広げられ、敵全員を討ち果たしたと書かれています。そうしたすさまじい戦いだったがゆえ、語り継がれて後に軍記物になったのでしょう。

城址からは加治田の町が見下ろせる

岸勘解由は1547年に信長の父信秀が美濃攻めで大敗をした際、信長の従兄弟となる織田新十郎を打ちとっているとされ、また1555年の斎藤道三と息子の義龍の戦いでは、義龍側についた美濃の有力武将の一人だったようです。同時にこもった多治見一党は、信長が落とした猿啄城から逃れてきた人々です。この多治見氏は美濃源氏、土岐氏の一族です。

ちなみにこの戦いには、信長公記作者の太田牛一も参戦しており、二の丸で焼け残ったと思われる高い屋根の上から、無駄なく正確に弓を射ていました。高台の本陣からそれを見た信長が三度も使いを出してほめてくれたので、実に名誉なことで感激の極みだったと自ら書いています。岐阜に入る前の牛一は、筆働きではなく、信長の御弓衆として実戦で戦っていた武人だったことが、これでよくわかります。

堂洞砦を全滅させたその夜、信長は加治田城へ入り、佐藤紀伊守と息子の右近右衛門と会って、その日は城に宿泊しました。信長自身が出馬してくれ、更に城に泊まってくれたということで佐藤親子は大感激したようです。

この河原あたりで合戦が行われた。左の山が加治田城、右の山が堂洞砦

翌日は加治田の城下で首実検をし、さて引き上げようという時になって、関方面から長井隼人正の軍勢が、井ノ口方面からは斎藤龍興の軍勢が3000という数で攻めてきました。信長軍の手勢は1000ほどで、手負いも多く、劣勢が考えられたため、信長はまず足手まといにならないよう陣夫など撤退させて、自ら足軽のように馬で駆けまわって敵を翻弄し、やすやすと撤退に成功したと書かれます。

ただ実際にはかなり大変な撤退戦だったようで、堂洞軍記によれば、絹丸捨堀(今の保津川・絹丸橋のあたり)で戦いになり、佐藤紀伊守の息子、右近右衛門が鉄砲に当たって戦死。これで信長側についた佐藤紀伊守は息子と娘を失ったことになり、戦の後、信長側についていた斎藤道三の末子と言われる斉藤新五郎を養子にして隠居してしまったそうです。

城址にある看板の文字は判別しづらい

こうした戦いがあった場所ながら、あまり地元ではガイドされておらず、古戦場としては特に整備されていません。富加町というのは1954年に旧富田村と旧加治田村が合併してできた町で、その後の高度成長期には、役に立たない旧村の歴史など、特に振り返らなかったのでしょう。堂洞城の案内看板も朽ち果てていました。ちょっと残念に思いました。

信長ドライブにおすすめのクルマ

スズキ バレーノ XT セットオプション装着車

ついにインド製の自動車が日本でも売られ始めました、それがこのスズキバレーノです。4mを切るコンパクトな全長ですが、幅は1750mmと3ナンバーサイズ。そのためどっしりと安定感あるスタイリングが魅力です。気になる品質は全く問題なし。111馬力の1リットル3気筒直噴ターボエンジンとアイシンAW製6速ATでリッターカーとは思えない走りをし、ミリ波レーダーによる自動ブレーキと前車を追従するアダプティブクルーズコントロールも標準装備されています。

試乗燃費はリッター17.2kmと良好で、何より乗った感覚はまるで欧州車。これ、クルマ好きな方ならきっと気にいるはずですよ。(1.0リットル直3ターボ・6AT・172万8000円)

PR情報

記事一覧

中部圏のお城が関東に攻め入り、大PR合戦を展開ーお城EXPO2018の報告

終わってしまったイベントの紹介をするのはあまり意味がないのですが、今回ご紹介するイベントは今年も行われる予定ですので、ここでぜひご紹介しておきたいと…

2019/1/19

信長の父信秀は斎藤道三に大敗北を喫した

先回、樹木が伐採された岐阜城の姿をご紹介しましたが、正月休みに岐阜城へ登ってみよう、という人もいらっしゃるかと思います。そのときに織田信秀関連の遺構…

2018/12/28

岐阜城発掘調査で山頂部に信長時代の石垣が確認されました!

先日は信長の小牧山城で画期的な発掘調査が発表されましたが、信長の岐阜城でも発掘調査は続いています。これまでは山麓部分の居館跡が発掘されてきましたが、…

2018/12/8

信長の屋敷か!? 小牧山城山頂部でついに建物跡が発掘されました

毎年、発掘によって着実に信長の小牧山城の姿を明らかにしてくれている小牧市の「史跡小牧山城主郭地区発掘調査」。今年の第11次発掘調査では、またまた素晴ら…

2018/11/27

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その3

いろいろ書いているうちに、津島を巡るルートの第三回目をすっかり書かないままでしたので、それを今回は。前の二回をもう一度お読みいただければ幸いです。 …

2018/11/7

年内の歴史講座、歴史イベントをまとめてみました。充実しすぎです!

まもなく名古屋まつりですが、信長、秀吉、家康は郷土の誇り、とはもはや、多くの人は思っていませんよね。ちょっと考え直さないといけないのではと思ったりし…

2018/10/13

末森城は安土城の原型ではないか、そんなことを思いながら現地ガイドしました

私は鳴海中日文化センターで「若き信長の軌跡」という講座をやっていますが、テーマを信長の若い頃、つまり父親信秀の活躍した時代にして、お話をし、その現地…

2018/9/19

秀吉功路!「人生大出世夢街道」の現地見どころをご紹介(先回の続き)

前回記事はこちら 『今度は秀吉功路!名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート』 人生大逆転の信長に続いて、人生大出世の秀吉で武将観光を進め…

2018/8/25

今度は秀吉功路! 名古屋市が中村区で「人生大出世夢街道」事業をスタート

名古屋市が進める武将観光ですが、信長攻路の整備が一段落して、次は27年のリニア中央新幹線開業で注目される駅西、中村区を新たに武将で開発しようという話に…

2018/8/21

信長が攻めた金山城、その麓に可児市戦国山城ミュージアムがオープン

今回は津島の話を一回お休みして、新しくオープンした可児市戦国山城ミュージアムと可児市観光交流館のお話です。 可児市といっても戦国山城ミュージアムがあ…

2018/8/4

プロフィール

15

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨時々止む
20 ℃/16 ℃
東京
雨時々止む
17 ℃/15 ℃
大阪
曇り時々雨
21 ℃/17 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集