<第44話>夏場所をふりかえって 2016/5/26

稀勢の里は残念でした。

白鵬の強さを改めて知らされた場所でした。白鵬は立ち合い張って、右腕を「く」の字に曲げ、相手の左ひじ、左あごを強襲して前へ出る取り口が目立ちました。

初顔合わせの相手、正代などには右の強い張り手でいっぺんにぐらつかせ、上位の壁を認識されるような相撲でした。荒っぽい取り口が気になりましたが、逆に言えば、横綱に楽しみながら相撲を取られる相手にも問題ありです。

それにしても、鶴竜戦のように十分の体勢で相手に力を出させ、じっくり料理する(決まり手はうっちゃりですが、つり出しのほうがよい)余裕すら見せました。

千秋楽、うっちゃりで鶴竜を破り全勝優勝を飾った白鵬

白鵬の場合は気持ち次第です。目標を持ち、その気になれば、第2期白鵬時代に入ったとも言えます。

稀勢の里はこの2場所、敗れた相手が横綱だけですから、すっかり安定し、自信をつけたと見ます。綱がしっかり見えてきたことは間違いありません。名古屋場所最大の関心事です。

稀勢の里は13勝を挙げ、名古屋場所に綱取りの夢をつないだ

琴勇輝は負け越しましたが、押しに徹する個性を存分に見せ、三役にとどまる7勝をしたことは褒めたいと思います。小結の魁聖も地味ながら、勝ち越したことは立派です。前頭4枚目の栃ノ心が右四つの型を発揮し、技能賞を獲得しました。来場所は関脇に上がることでしょう。勢はムラがありすぎです。

正代は6勝止まりでしたが、妙義龍、勢戦での正攻法が光り、将来性を感じました。前頭8枚目の御嶽海の敢闘賞はだれもが認める活躍でした。正攻法の前へ出る相撲をこれからも続ければ、三役も見えてきます。遠藤の11勝は当然でしょう。足の故障をしっかり直すことです。

十両が面白い場所でした。宇良の最後まで粘っての逆転相撲。石浦の素早い動きなど、小兵の個性派が拍手を呼びました。幕下で優勝した小柳は、久しぶりの大物です。東京農大出身で身長185センチ、体重171キロ。春場所三段目格付け出しデビューで優勝し、今度は幕下優勝。将来の横綱候補と見ています。ケガの治った千代の国(三重県出身)とともに名古屋が楽しみです。

PR情報

記事一覧

<第38話>心に残る大関列伝(清国編)

大鵬を語るときに清国の存在を忘れることはできません。昭和16年11月生まれ、本名佐藤忠雄、伊勢ケ浜部屋。 昭和31年大鵬と同期入門し、秋田県が生んだ横綱照国…

2016/2/20

<第37話>心に残る大関列伝(北葉山編)

柏鵬時代、高度成長期に向かい相撲界も大型化時代と言われました。その頂点を極めた力士が大鵬、柏戸でした。昭和36〜46年。この時代を脇役として一層ファンを…

2016/2/8

<第36話>初場所をふりかえって

久しぶりに大興奮した場所でした。 10年ぶりに日本出身力士の琴奨菊が日本中のファンの期待に応えてくれました。まず初優勝した琴奨菊に心からの敬意と拍手を送…

2016/1/26

<第35話>初場所 白鵬の巻き返しに期待

初場所は白鵬が優勝しなければいけない場所です。昨年前半、大鵬の記録を塗りかえて新しい境地に入った白鵬が後半に期待されたほど優勝回数を伸ばすことができ…

2016/1/9

<第34話>心に残る大関列伝(大内山編)

大内山は大正15年6月19日生まれ、本名大内平吉。茨城県那珂湊市(現ひたちなか市)出身、時津風部屋。身長202センチ、体重152キロでした。 2メートルの長身、手…

2015/12/26

<第33話>心に残る大関列伝(琴ケ浜編)

今年は戦後70年にあたるわけですが、相撲界は敗戦直後の廃墟の中から立ち上がりました。その立役者として横綱千代の山、鏡里、栃錦、若乃花らがいますが、その…

2015/12/16

<第32話>心に残る大関列伝(小錦編)

「黒船襲来」 この4文字が彼の時代と相撲の特徴をすべて表しているのではないでしょうか。 昭和57年6月、18歳のときに来日した小錦は初めて乗った新幹線で名古…

2015/12/6

<第31話>北の湖さん急逝に寄せて

北の湖さんの訃報には驚きました。ショックでした。 現職の理事長が本場所の最中に亡くなったというのは過去に知りません。かなり体調が悪く健康面が心配されて…

2015/11/29

<第30話>九州場所をふりかえって

大混戦が予想された九州場所でしたが、拍子抜けするような終わり方でした。2年ぶりに優勝した日馬富士は褒められるべきです。

2015/11/25

<第29話>九州場所は大混戦の予感

1年納めの場所として注目される九州場所です。この何年も「年間最多勝は白鵬で決まり」ということが続きましたが、先場所休場したことにより、今年はだれになる…

2015/11/6

プロフィール

17

日本福祉大客員教授、元NHKアナウンサー・相撲ジャーナリスト

1930年、北九州市生まれ。早大卒業後、53年NHK入局。初任地は名古屋局で、自身初の大相撲実況は54年2月に金山体育館で行われた大相撲名古屋場所(当時は準本場所)。

NHK在職中は名古屋、福岡、大阪、東京と大相撲の本場所開催地の放送局に在籍。81年、大関貴ノ花引退の放送で思わず絶句。“泣きの杉山、泣かせの杉山”と異名をとる。相撲以外でも東京、メキシコ五輪をはじめプロ野球など各種のスポーツ実況を担当。

現在は日本福祉大生涯学習センター名誉センター長、客員教授。名古屋・栄の中日文化センター講座「大相撲の魅力を語る」で講師を務める。深い知識と豊富な経験を基に、講座で興味津々の話題を紹介してくれる。

著書に「大相撲この名勝負」「土俵の鬼三代」「兄弟横綱−若貴の心・技・体」「土俵のチンギス・ハーン 白鵬」「土俵の真実」などがある。

ピックアップ

  • 中日ボイス『新型肺炎感染拡大で、何をあきらめた?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
15 ℃/--
東京
晴れ後曇り
13 ℃/--
大阪
晴れ
15 ℃/--
  • 東名, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集