【お悩み相談室その81】引っ越し先に別の人が入居していたらどうする? 2018/3/11

「おじいちゃんが子どもだったころはね。テレビもエアコンも冷蔵庫も洗濯機もパソコンも炊飯器もビデオも掃除機も、電化製品なんかなあんにもなかったんだぞ」

「ふうん。じゃあお金がたくさんたまったでしょ」

確かにそう言われてみれば、お金がそれほどたまっていないのが不思議ですね。

それでは、お悩み相談その81です。

〔悩み〕
引っ越し先に、別の人がすでに入居していました。そんな時には、どうしたらいいでしょうか?(寸出益生 46歳・会社員)

〔回答〕
世の中には、考えられないことが起きるものです。列車の指定席やホテルの部屋ならまだしも、引っ越し先のダブルブッキングとはどういうことなのでしょう。そこでまずは、こう尋ねてみます。

「ここは、あなたの家ですか?」

「はい」という答えが返ってきたら、次の問いに進みます。

「酔っぱらって、隣の部屋と間違えたりしていませんか?」

「いいえ」という答えが返ってきたら、次の問いに進みます。「あなたは、どうしてこの家に住んでいるのですか?」

「ここに家があるから」というふざけた答えではなく、「A不動産と入居契約をしましたから」というまともな答えが返ってきたら、そこではじめて、自分もA不動産とこの部屋の入居契約を交わしていることを伝えてみましょう。

そして、契約書を「一、二の三!」で一斉に開いてみるのです。こうすれば一目瞭然。どちらかの町名や番地、部屋の番号が間違っているはずで、どちらの主張が正しいかすぐに分かるというものです。

ただし、問題は、二つの契約書が全く同じものだった場合です。そうなると、先に住んでいた方が絶対に有利であり、この状況をくつがえすにはこう言うしかありません。

「これも何かのご縁ですね。では、一緒に住むことにしませんか?」

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その120】義父から毎回同じ自慢話を聞かされる

もしも私が弁護士になっていたら、無罪の人でも有罪になっていたことでしょう。もしも私が医師になっていたら、助かる人でも命を落としていたことでしょう。そ…

2018/12/9

【お悩み相談室その119】年賀状の賞品が当たらないのは、呪われている証拠?

本に誤字を見つけました。著者、編集者、校正者たちの厳しい視線をかいくぐって、生まれてきた文字です。 「偉い!」 誤字のたくましさに、何だか敬意さえ表…

2018/12/2

【お悩み相談室その118】ラーメンの注文をオペラ風にしてしまった!

「てんで話にならない」と言います。 『ロミオとジュリエッド』『バムレッド』『オゼロー』『マグベズ』『じゃじゃ馬ならじ』『ヴェニズの商人』 確かに、テ…

2018/11/25

【お悩み相談室その117】大会社の部長をやっている息子が心配でたまらない

古本屋で本を買おうとする時には、心の中でこうつぶやいています。 「古本なんだからもっと安く売れよ」 古本屋に本を売ろうとする時には、心の中でこうつぶや…

2018/11/18

【お悩み相談室その116】自分の犬が一番かわいいことを認めさせたい

秋も一層深まってきましたね。 秋といえば、「♪秋の夕日に照る山もみじ」と口ずさみたくなります。 それに続く「濃いも薄いも」の部分を、小さい頃、てっきり「…

2018/11/11

【お悩み相談室その115】努力しないでうまく生きる方法があれば、教えてほしい

次の英語を日本語に直しなさい。 「Who are you?」 すると、三者三様の答えが返ってきた。 「てめえ、名前は何て言うんだよ?」 「どちらはんでっか?」 「誰…

2018/11/4

【お悩み相談室その114】飲み代をおごると言って実行したのに、なぜか総スカンを食らった

「原町3丁目の喫茶『ノラリクラリ』には、どう行けばいいでしょうか?」 「そこの角を右に曲がって、300メートルほど行った信号を左に曲がる・・・・・・」 「…

2018/10/28

【お悩み相談室その113】投票1番乗りの連勝記録が途切れるのが不安

「2年前に、初めてきみに会った日のことは、はっきりと覚えているよ」 「わあ、うれしい!」 「天候は曇りで、北西の風がやや強く、気温は18.2度。湿度は78%…

2018/10/21

【お悩み相談室その112】いつもきっかり5分だけ会社に遅刻してしまう

どこで笑うか。何を笑うか。「笑いの好み」は、十人十色、いや十人十笑です。だから、このコーナーを読んで笑えなくても、必ずしも内容が悪いわけではないので…

2018/10/14

【お悩み相談室その111】読書好きなので、買った本が家にたまりすぎて困っている

10点差を追いかけるも、9回裏ツーアウトでランナーなし。監督は、バッターを呼んで声をかけた。 「いいか。あきらめるなよ。おまえは、絶対に最後のバッターに…

2018/10/7

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ
14 ℃/6 ℃
大阪
晴れ
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集