名古屋の鉄道を一望にできるトレインビューホテル 2018/5/16

名古屋駅方向の客室からのトレインビューは、日本一と称して良い、立体的なみごとな眺めを楽しめる。

ささしまライブ24には、もう行きましたか?

あおなみ線ささしまライブ駅に直結した、昨年10月にまち開きが行われた新しい街です。

愛知大学、中京テレビ、JICAなどがあり、お洒落な店も多く開店しています。その中心となっているのが、2棟の高層棟とその間にある低層棟からなるグローバルゲートですが、その高層棟のささしまライブ駅に近い方の上部、31階から36階に名古屋プリンスホテル スカイタワーがあります。プリンスホテルとしては名古屋初進出です。31階のフロントまで直行するエレベーターを使い、客室のある32〜36階へは専用エレベーターを乗り継ぎます。

周囲に高い建物がない地だけに、建物の四周に廊下を巡らして、その外側に配した客室のすべてからトレインビューが楽しめます。しかも、部屋の方向によって、見え方が全く違うのです。

上の写真は、名古屋駅方面を向いた北向きの部屋から撮影したものです。新幹線が走るその左手先にはJR名古屋駅が広がっています。冬季の晴れた日には、真っ白に冠雪した御嶽山・白山・伊吹山もくっきりと見られますし、新幹線の名古屋車両所への引き込み線を走る新幹線回送列車も望遠できます。

新幹線の下を行くあおなみ線の列車。その下には、近鉄名古屋駅へと地下トンネルに進入する近鉄アーバンライナー。

最初の写真はあまりに雄大で、線路の多さがよく判らないと思います。そこで、中央下方だけ拡大して撮った写真がこれです。たくさんの線路がありますよね。

新幹線の下をくぐるように走っているのは、リニア・鉄道館のある金城ふ頭へいくあおなみ線です。ここには貨物列車も走っています。その左下には、近鉄名古屋駅へと続く地下トンネルに進入している近鉄名阪特急アーバンライナーが写っています。さらに左に線路が2本ありますが、これは近鉄の留置線です。

あおなみ線のアウトカーブ側にも4線ありますが、外側が関西本線、内側が名古屋車両区に通じる線路です。新幹線左上にチラと特急用キハ85系が写っているのが、同線です。なお、名古屋車両区については後述します。

新幹線の上にある線路は、中央本線と東海道本線です。その先の少し下がったところに名鉄名古屋本線があり、画像左上あたりで名鉄名古屋駅に通じる地下トンネル入口となります。

画面右上に登り坂になっている道路が写っていますが、これは名鉄バスセンターに出入りするための道で、高速バスがズラッと連なることもあります。

西向きの部屋は、眼下に名古屋車両区を一望できる。JR東海最大の気動車配置区だ。

西向きの部屋からは、ご覧のとおり多数の線路が見られます。

これは名古屋車両区で、JR東海最大の気動車区として、特急「ひだ」「南紀」用のキハ85系をはじめ、鳥羽行き快速「三重」用のキハ75、紀勢本線・参宮線・名松線用のキハ25,キハ11などが所属しています。また、ドクターイエローの在来線版「ドクター東海」ことキヤ95や、レール運搬車キヤ97もここに所属していますので、これらが休んでいるところもよく見られます。

名古屋車両区の中央付近に黄色いトラス橋がありますが、トレインウォッチの場として知られる向野(こうや)橋です。もと山陰本線の保津峡に架かっていた橋の転用としても知られている文化財です。

名古屋車両区の左端は笹島信号場で、関西本線とあおなみ線が並走していて、ここを貨物列車も走ります。また、その先にあるJR東海名古屋工場に入場したり、出場した車両も通ります。

一方、名古屋車両区の右側には近鉄名古屋線も走っています。夜になると、名古屋車両区は照明で照らされるので、これまた幻想的です。窓際の椅子に座り、アルコールを傾けながらのんびりと楽しむトレインビューなど、なかなかできない贅沢な時となることでしょう。

南向きの部屋は、JRと名鉄が並走。新幹線・特急列車から貨物列車まで、多数の列車が行き交う。

南向きの部屋も、見事なトレインビューです。

名古屋駅からまっすぐ名鉄山王駅あたりまで約2キロも並走する真っ直ぐな線路は8本。手前から、東海道新幹線、中央本線、東海道本線、名鉄名古屋線が各2本です。

上の写真では、新幹線N700Aが走る横を、東海道本線の313系と名鉄5700系らしき編成が走っています。右上端に山王駅が写っていて、その先で新幹線は右へ、他の3線は左に曲がって分かれます。3線はカーブの先にある金山総合駅まで並走しています。

この区間は、JR在来線が特急「しなの」に加えて特急「しらさぎ」の回送列車も走りますし、貨物列車も東海道本線・中央本線ともに走ります。名鉄もほぼ全車種が走りますので、見応えのある区間です。

以上、一度泊まってみたいと思わせるトレインビューのホテルであることがご理解いただけると思いますが、一度では、これらの景色のどれかしか見られないのが残念なところです。

全部見るには三泊する必要があります…。気に入って三泊するのであれば良いのですが、それは難しいという場合は、正午から20時まで8時間滞在ができるデイユースプランもあります。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの「宿泊プラン」には、「トレインビュー」という項目があり、どの方向の部屋にするかも選ぶことができます。同ホテルによると、開業以来、宿泊者の3割程度が愛知県在住者だそうです。旅先での宿泊ではなく、ホテルライフを楽しむために宿泊している方も多いホテルということが判ります。

あなたも、休日を充電日とするために、快適なホテルライフでトレインビューを楽しんでみませんか?

PR情報

記事一覧

短命だった桃花台新交通(ピーチライナー) 廃線跡探訪(3)

新交通システムの廃線跡…なんだか変ですよね。 でも、小牧市にはそんな廃線跡があります。桃花台新交通システムが運営していたピーチライナーです。 1991(平…

2019/4/4

笑顔とふれあいの「ながてつチャギントン」が走りはじめる(長良川鉄道)

長良川鉄道で、「ながら」「川風」に続く観光列車「ながてつチャギントン」の運行が始まりました。3月26日(火)が営業初日ですが、それに先立つ3月21日に試乗会…

2019/3/28

シティホテルでプラレール! リアルとのコラボを楽しむ

広々としたガラス張りの部屋にプラレールが敷き詰められています。 これ、実はホテルの一室です。 2018年5月16日付で「名古屋の鉄道を一望にできるトレインビ…

2019/3/21

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [3/3]

美濃町線廃線跡探訪の初回に記しましたが、美濃町線の新関〜美濃間は四半世紀前となる1999年4月1日に廃止されました。この区間は長良川鉄道と並走しているため…

2019/3/14

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [2/3]

駅舎と構内が保存されている旧美濃駅からは、廃線跡を利用した二車線のきれいな道ができています。この道を500メートル強歩くと、美濃市立美濃中学校の校庭が終…

2019/3/7

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線

廃線跡探訪の2回目は、岐阜県の美濃市と岐阜市を結んでいた美濃町線を取り上げます。 愛知万博がはじまった直後となる2005年4月1日に、岐阜の中心に位置する徹…

2019/2/26

『鉄道講座』を4月から栄中日文化センターで開講します

■講座の講師は筆者が担当 当コラムの連載をまとめた書「東海鉄道散歩」を昨夏に上梓したことは、昨年7月20日公開の当コラムでお知らせしたとおりです。 同書が…

2019/2/21

明治村に蒸気機関車の女性運転士が誕生

明治村には、明治時代に動いていた乗り物として、旧京都市電の通称“N電”とともに蒸気機関車(SL)が走っています。いずれも明治時代に新製された本物なのは、明…

2019/2/9

鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?

★鉄道って何でしょう? いきなりの初歩的な質問で驚かれた方、ごめんなさい。でも、改めて鉄道と言われて、正確に答えられる方は意外に少ないものと思います。…

2019/1/29

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[3/3]

★田口線ゆかりの保存車モハ14とその車内 田口線ゆかりの車両として、田口の町中にある奥三河郷土館にモハ14が静態保存されています。写真のとおり屋根がかけら…

2019/1/17

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
雨時々止む
25 ℃/22 ℃
東京
曇りのち時々雨
28 ℃/22 ℃
大阪
雨時々止む
27 ℃/23 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集