アラビカ種のコーヒー 2013/8/31

コーヒーの赤い実(コーヒーチェリー)

随分、朝晩は涼しくなり一気に秋の様相になってまいりましたね。これからは、だんだん空気も乾燥してコーヒーがおいしい季節になります。

アイスコーヒーの時期にこのブログを始めましたので、何回かに分けてアイスコーヒーを取り上げてみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

本来は、実際に飲んで五感で感じていただくのが一番ですが、画面だけではそういうわけにいきませんので、自身でいろいろと遊びながら試していただき、それぞれの味を楽しんで下さい。話が後先になりましたが、

「家庭で美味しいコーヒーを淹れて楽しむには?」

コーヒーの歴史的観点より、豆選びから順にお話ししていきたいと思います。まず、コーヒーの生い立ちから簡単にお話ししていきましょう。

コーヒーといっても種類はいろいろありますね。ブラジル、コロンビア、グァテマラ、キリマンジェロ、ブルーマウンテン・・などなど。いろいろな国や産地のコーヒーがあります。

それぞれが全く違ったコーヒーと思っている方が多いと思いますが、実はこれらのコーヒーはほとんど、元は同じ豆から派生した兄弟コーヒーなのです。

厳密にいうと、イエメンの種が世界中のコーヒー産地に植えられ、それぞれのコーヒーになっただけなのです。全ての豆は「モカ」より始まったのです!

私たちが知っているコーヒー豆のほとんどは、アラビカ種という品種の豆で、エチオピアとイエメンが原産といわれています。アラビカ種というくらいですのでアラビア原産の種ということになりますが、植物学的にはエチオピアがルーツではないかという説が有力です。

15世紀以前に、エチオピアで自生していたコーヒーノキ(コーヒーの樹の学術名)が対岸の国イエメンに植樹され飲用が始まり、その後、飲用がアラブ圏、EUに伝わり、17世紀には世界中へと広まっていったのです。

ヨーロッパ各国にコーヒーが普及し始めると、イギリス・フランス・オランダの東インド会社は、イエメンからの輸入取引を始めました。コーヒーの積み出しが行われたイエメンの小さな港の「モカ」には各国の商館が建ち並び栄えました。「モッカ」はヨーロッパでは最初のコーヒーブランドとなったのです。

イエメンはコーヒーの栽培を独占するため、コーヒーの苗や種を国外への持ち出すことを固く禁じ、禁を犯せば死罪という重罪が課せられました。生産地の拡大は、イエメンにとってはもっとも警戒しなければいけなかった専権事項だったのです。

しかし、こういったものには必ず抜け道があります。

ケルンコーヒーのサイトより抜粋

1610年ババ・ブータンというインド人がメッカ巡礼のおりに発芽できる状態のコーヒー豆を手に入れ、故郷に持ち帰り、南インドのマイソール海岸Mysore(現カルナタカ州)に植え栽培に成功したのです。

その後、オランダ東インド会社が、1658年セイロン島へコーヒーの苗木を持ち込み少量栽培に成功しました。さらに1696年には、インドネシアのジャワ島で大量生産に成功しました。

その後、コーヒーの苗木がオランダの植物園に移され、フランスのパリ ー>マルチニーク島 ―> 南米ギアナ −> ブラジル、キューバなど、南米、中南米に次々と植樹されていきました。全てイエメンの種が各栽培地に植えられたのです。

いかがでしょうか! 私たちの知っているコーヒーは、元は同じコーヒーなのです。

こうして、イエメンより世界に広まったコーヒー栽培は、今では80ほどの国や地域の2,500万余りの農家で、推定150億本のコーヒーの木が栽培されています。

そして、毎日22億5,000万杯のカップコーヒーとなり、世界で一番飲まれ愛されている飲み物の王様となりました。

PR情報

記事一覧

珈琲美美・森光充子さんと珈琲の話でも・・Part2

いつもありがとうございます。前回からの続きとなります。 ・・・森光充子さんが淹れた「ゴールデンハラール」を頂き、会場を旧店舗に移して、第二部「森光宗…

2017/11/22

珈琲美美・森光充子さんと珈琲の話でも・・Part1

いつもありがとうございます。 10月2日、福岡から珈琲美美の店主・森光充子(モリミツ・ミツコ)さんと、手の間書房の編集長田中智子(タナカサトコ)さん、九…

2017/10/25

「大坊勝次さんと珈琲の話でも・・報告」

いつもありがとうございます。 7月31日、待夢珈琲店で旧大坊珈琲店店主大坊勝次さんの講演会を催しました。8月1日は名古屋栄中日文化センターの珈琲教室まで来…

2017/9/22

珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜  Part2

前回記事「珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜自家焙煎咖啡「ZI:ZO」開店〜」 いつもありがとうございます。 珈琲店、喫茶…

2017/8/19

珈琲店、喫茶店を開業するために本当に必要なこと〜自家焙煎咖啡「ZI:ZO」開店〜

いつもありがとうございます。 今回は恵那市にオープンした自家焙煎珈琲店「ZI:ZO(じーぞ)」が開店するまでの話を例にとり、喫茶店や珈琲店をオープン…

2017/7/17

桜井美佐子さんと珈琲の話でも・・、川口 茜漣・坂本 泰漣 二人展、報告

いつもありがとうございます。 6月5日と6日に、東京田町の珈琲店ダフニ店主桜井美佐子さんをお呼びして講座をしていただきました。5日の会場は当店と旧店…

2017/6/26

抽象画と珈琲〜書家 川口茜漣

いつもありがとうございます。お陰様で、待夢珈琲店は平成29年5月28日に開店40周年を迎えました。これもひとえに皆様方のおかげと心より感謝申し上げます。40年…

2017/6/2

本当の「自家焙煎」とは? 講座『桜井美佐子さんと珈琲の話でも・・』も開催!

いつもありがとうございます。 GWも終わり一気に暑い日になりましたね。6月過ぎると珈琲屋にとっては一番嫌な季節となります。湿度が高く蒸し暑く、焙煎後の…

2017/5/21

次に来るコーヒー第4の波?『デカフェ・コーヒー』

いつもありがとうございます。今回は、3月から商品化した「デカフェ」のお話をさせていただきます。 デカフェとは、カフェインを除去したコーヒーの事で、要…

2017/4/22

金憲鎬(キム・ホノ)作陶の色鮮やかなオリジナル聞杯

いつもありがとうございます。 早いもので桜の季節になりました。と同時に花粉症の季節でもありますね。珈琲教室の生徒さんに達にも、花粉症で珈琲の豊かな香…

2017/3/30

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
29 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
28 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
28 ℃/--
  • 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集