土星のリングの謎 2014/6/12

土星の直径は地球の約10倍、地球から見えるリングの直径は、地球から月までの距離に匹敵。

土星は、直径が地球の約10倍もある、水素ガスを主成分とするガス惑星だ。それにより密度は驚くほど低く、0.69しかない。水の密度が1なので、もし土星が入るほどの巨大プールに土星を入れると浮いてしまうのである。

リングの直径は、地球から見える部分だけで、約36万km。これは地球から月までの距離に匹敵する。

ところで土星のリングは、いつも同じように見えるが、実は毎年少しずつ傾きがかわっている。理由は、土星の自転軸が26.7度ほど傾いているために、土星が太陽のまわりを30年かかって公転するうちに、我々の地球は土星を北から見上げたり、南から見下ろしたりするためだから。

そして、リングの傾きが南から北へ変わるとき、またはその反対のとき、我々は土星のリングを真横から見ることになる。そのときリングは土星を貫く1本の串のように見えるはずなのだが、まるでリングなんてなかったように、消えてしまうのだ。このことは、土星のリングの厚さがとても薄いことを意味していることに他ならない。

ボイジャー探査機が撮影した土星。〇の部分を見るといかにリングが薄いかがわかる。

では、実際に土星のリングの厚さはどれぐらいなのだろう。惑星探査機ボイジャーが撮影した写真では、リングが透けて、その向こう側にある土星本体が見えている。当時は厚さは1km程度だろうと言われていたが、その後観測技術が向上し、現在では100m前後であることがわかっている。

もし土星のリングの直径を1/10000に縮めたとしたら、リングの厚さは、なんとティッシュペーパー1枚分ほどしかないことになる。

探査機による観測から、A,B,Cリングだけでなく、内側にも外側にも薄いリングが広がっていることがわかった。

地球からの観測では、リングはA,B,Cに分かれていることがわかっていたが、ボイジャーやカッシーニなどの探査機の観測から、それらの内側にも外側にも淡いリングが広がっていることが確認された。

PR情報

記事一覧

秋の星座のキーワードは「幸せ」?

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座た…

2018/10/30

10月9日『10月りゅう座流星群』が極大

10月りゅう座流星群とは、あまり聞きなれない名だが、母天体のジャコビニ・チンナー彗星の名で呼ばれているジャコビニ流星群のこと。2009年の国際天文学連合総…

2018/10/8

四大惑星が創る巨大アーチそろそろ見納め

7月から宵の南天に大きなアーチを形創るように並んでいた4つの太陽系惑星、金星、木星、土星、火星たち。9月の声とともにそろそろ見納めが近づいてきた感がある…

2018/9/12

今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いった…

2018/8/11

7/31に火星が超大接近!東の夜空を見上げてみよう

●7月31日火星超大接近 猛暑お見舞い申し上げます。なぜ今年はこんなに暑いのか?7月31日に火星が大接近するからなのか?なんて少し調べてみたが何の因果関係も…

2018/7/28

7月の宵空(午後8時ごろ)に並ぶ4大惑星

5月は木星、6月は土星と毎月のように惑星の話題が尽きないが、7月は火星の大接近、8月は金星の東方最大離角とまだまだ続く。そんな話題の惑星たちが、7月の宵空…

2018/7/7

土星の観望チャンスがやって来た

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2018/6/12

木星の観望チャンス到来!

●5月9日木星がてんびん座で衝 太陽系最大の惑星、木星。直径は実に地球の11倍もある。もし木星の質量が600倍ほど大きかったら、第2の太陽となって自ら輝き出し…

2018/5/9

金星が夕空に還って来た

★おうし座の中の月と金星 4月の宵ともなると、夜空を賑わしてくれた冬の星座たちは桜の花が春風に舞い散るように、西の空を賑わしている。特に冬の星座として真…

2018/4/16

本日3月21日は「春分の日」その意味とは?

●3月21日は春分の日 春分とは、二十四節気の旧暦2月の中期に当たる日で、太陽暦では3月21日前後となる。天文学的には、太陽の見かけの通り道である黄道と、地球…

2018/3/21

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
15 ℃/--
東京
晴れ
15 ℃/--
大阪
晴れ
13 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集