朝焼けの中で月と惑星のランデブーを見よう 2015/8/21

9月10日〜12日にかけて新月前の細い月が、金星・火星・木星とランデブーする

9月の声を聞いてもまだまだ寝苦しい夜がある。そんなときは日の出前に起きて外に出てみよう。午前3時半、すがすがしい朝の冷気がほてった体をクールダウンしてくれる。

そして気分爽快になったら東の空を注目してみよう。まだ明けきらない空には、8月14日に内合となった金星と8月27日に合となった木星が、明け方の東天に姿を見せている。

とくに金星は、9月22日に最大光度を迎えるため、-4.5等の強烈な光を放っている。そして、金星の左には、1.8等といささか元気のない火星が光っている。さらに、低空にはしし座のレグルスと木星が並んでいる。

今月は10日から12日にかけて、これら惑星たちの中に新月直前の細い月が仲間入りする。まず9月10日に月齢26.2の月が金星に接近する。両天体の間隔は5.5度。7倍双眼鏡の視野にちょうどうまい具合に収まる。

翌11日には、細くなった月齢27.2の月が火星と並ぶ。間隔は4.9度で、こちらも7倍双眼鏡の視野にちょうど収まる。そして12日には、金の糸のように細くなった月齢28.2の月が、低空で輝く木星に近づく。間隔は4.7度。朝焼けで刻々とバックの空の色が変化する中での月と金星・火星・木星のランデブー。きっと一服の清涼剤となることだろう。

9月10日は、月齢26.2の細い月と金星が並ぶ。月と金星の間隔は5.5°

9月10日の明け方、月齢26.2の細い月と金星が並ぶ。月と金星の間隔は5.5°。明るくなり始めたダークブルーの空に浮かぶ地球照を伴った月と、-4.5等という1等星の100倍の強烈な光を放つ金星のランデブーは見ごたえがあるだろう。

9月11日には、月齢27.2の月と1.8等の火星が並ぶ。間隔は4.9°

9月11日には、スリムになった月齢27.2の月と、1.8等の火星が並ぶ。間隔は4.9°。火星は地球から遠ざかっているので明るくはないが、朝焼けに解けてしまいそうな赤い火星と月のコントラストが絶妙だろう。

9月12日には、月齢28.2の月が、低空で光る木星に接近する。間隔は4.7°

9月12日には、金の糸のように心細い月齢28.2の月が、地平線の上に姿を見せたばかりの木星に接近する。間隔は4.7°。低空の乱気流で揺らめく細い月と木星が印象的だろう。高度が低いので、東の空が地平線まで開けたところで見よう。

PR情報

記事一覧

秋の星座のキーワードは「幸せ」?

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座た…

2018/10/30

10月9日『10月りゅう座流星群』が極大

10月りゅう座流星群とは、あまり聞きなれない名だが、母天体のジャコビニ・チンナー彗星の名で呼ばれているジャコビニ流星群のこと。2009年の国際天文学連合総…

2018/10/8

四大惑星が創る巨大アーチそろそろ見納め

7月から宵の南天に大きなアーチを形創るように並んでいた4つの太陽系惑星、金星、木星、土星、火星たち。9月の声とともにそろそろ見納めが近づいてきた感がある…

2018/9/12

今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いった…

2018/8/11

7/31に火星が超大接近!東の夜空を見上げてみよう

●7月31日火星超大接近 猛暑お見舞い申し上げます。なぜ今年はこんなに暑いのか?7月31日に火星が大接近するからなのか?なんて少し調べてみたが何の因果関係も…

2018/7/28

7月の宵空(午後8時ごろ)に並ぶ4大惑星

5月は木星、6月は土星と毎月のように惑星の話題が尽きないが、7月は火星の大接近、8月は金星の東方最大離角とまだまだ続く。そんな話題の惑星たちが、7月の宵空…

2018/7/7

土星の観望チャンスがやって来た

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2018/6/12

木星の観望チャンス到来!

●5月9日木星がてんびん座で衝 太陽系最大の惑星、木星。直径は実に地球の11倍もある。もし木星の質量が600倍ほど大きかったら、第2の太陽となって自ら輝き出し…

2018/5/9

金星が夕空に還って来た

★おうし座の中の月と金星 4月の宵ともなると、夜空を賑わしてくれた冬の星座たちは桜の花が春風に舞い散るように、西の空を賑わしている。特に冬の星座として真…

2018/4/16

本日3月21日は「春分の日」その意味とは?

●3月21日は春分の日 春分とは、二十四節気の旧暦2月の中期に当たる日で、太陽暦では3月21日前後となる。天文学的には、太陽の見かけの通り道である黄道と、地球…

2018/3/21

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
11 ℃/--
東京
晴れ後曇り
11 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集