『紺屋高尾』の巻 2016/3/22

毎年3月になると必ずやる持ちネタがある。『紺屋高尾』という落語だ。

吉原の花魁道中で見た遊女に一目惚れした紺屋の職人久蔵。3年間一生懸命に働いて稼いだ15両という大金を花魁に会うために一晩で使う。

それを知った花魁は驚く。物ごごろつくかつかないうちに親に売られてやってきた吉原の地。我々が想像もできないような苦労に苦労を重ねながら生きてきた。

『人なんか誰も信じない』とできた心の壁を久蔵が一気に崩す。

「あちきは主(ぬし)に惚れんした…来年3月15日、年季があきんすによって主の元に行きとうざます。あちきを、お嫁さんにしてくんなますか?」

そして、その言葉通り、3月15日に花魁は久蔵の元へとやってくる。この花魁がやって来る日にちなんで、この時期よく高座で演じられる噺だ。

先日、大須演芸場で開催された地元芸人たちによる自主公演。トリに舞台に上がった俺は、この大ネタをやった。

大須では毎年「大道町人祭り」にて、この花魁道中が再現される。商店街の沿道に並ぶ人垣の真ん中を花魁が練り歩くのだ。

ちなみに第1回目の花魁は旧大須演芸場時代にいつもトリをとっていた柳家小三亀師匠の妻、日比純子先生だ。

ご夫婦で三味線漫談をしていた。

色々な夫婦を見てきたが、こんなにラブラブな夫婦は見たことがない。晩年、腰を悪くされ舞台に上がれなくなった小三亀松師匠。純子先生だけが舞台に出るのだが楽屋には一緒に来る。

「純子はいい女だから、他の男が手をつけるといけないから見張っている」と小三亀松師匠の本気の弁。

その純子先生に最後にお会いしたのが旧演芸場閉鎖の2日前だった。

旧大須演芸場閉鎖2日前にやって来た日比純子先生

ふらっと演芸場にやって来た。「ここがなくなっちゃうんで、もう1度見に来ちゃった〜」と。80歳をこえてはいたが、何とも可愛らしい笑顔を見せた。

持っていたカバンから大きな写真パネルを出して俺に見せた。すでに亡くなってしまっていた旦那である小三亀松師匠が高座で三味線をつま弾き、その隣に自分が写っている夫婦の姿がそこにあった。

「毎日これ持って一緒にいるの〜。まぁ〜いい男」

冗談とかじゃなく心の底から、そう言っているのが表情からわかった。

80歳を過ぎても…もっと言えば、相手がすでに、この世にいなかろうが「恋」はできるということを、その日俺は教えてもらった。

今は2人、あっちの世界で相変わらずラブラブしながら大須演芸場が復活したことを喜んでいるに違いない。

PR情報

記事一覧

『洒落小町』の巻

名古屋市千種区の覚王山駅から少し歩くと閑静な住宅街に『揚輝荘(ようきそう)』という場所がある。 松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民によって構築され…

2017/10/24

『相撲風景』の巻

今月の演芸場には入口に大きな花が飾られていた。新生大須演芸場2周年記念特別興行。プログラムには豪華メンバーたちが並んだ。 完売となった客席。補助席もす…

2017/10/10

『猿猴庵日記』の巻

その昔の江戸時代。 この地に高力猿猴庵(こうりきえんこうあん:1756〜1831)という尾張藩士がいた。藩士ではあるが人生のそのほとんどを創作活動にあてた。 …

2017/9/29

『かつぎや』の巻

今月の始め愛媛に遊びに行った帰りに松山空港から中部国際空港へむかう飛行機の中から私が撮影した1枚の写真を自分のツイッターで『四国にマジでドラゴンがい…

2017/9/11

『片棒』の巻

先日、大須演芸場経由の仕事で中日新聞主催のあるイベントに出演してきた。演芸場の支配人から「えーっと『シュウカツ』に関する営業仕事なんですけど…。」と聞…

2017/8/22

『蛙茶番』の巻

はい今年も8月12日に自分の誕生日に自主公演をやらさせて頂きます。(昨年の様子は『ちりとてちん』の巻を。) 昨年は大衆演劇にチャレンジしてみた。これがな…

2017/8/8

『たがや』の巻

その日、昼間の仕事を終えて新城駅から名古屋に帰ろうと列車に乗り込むと浴衣姿の乗客が目立った。乗り換え駅の豊橋の混雑さで『今日この駅周辺で祭りがあるな……

2017/7/25

『怪談噺』の巻

7月の大須演芸場定席には「夏の特選怪談噺」というタイトルがつけられた。

2017/7/11

『藤井聡太物語』の巻

ついに藤井聡太四段の連勝記録が28になり歴代1位タイとなった。 この対局の前夜、四段の地元瀬戸市であるイベントがあった。 毎週火曜日に講談師の旭堂鱗林…

2017/6/22

『お花半七』の巻

今月の1日「ほたる寄席」という会が熱田区は賀城園であった。年に4回、毎回テーマをかえて開催している会だ。 楽屋に行くと見知らぬ、お婆ちゃんがそこで講談…

2017/6/9

プロフィール

23

世界で唯一の落語家+漫画家

昭和46年、浜松市生まれ。関東学院大学中退。平成6年、立川談志に入門、立川志加吾を名乗る。平成14年、第三次前座全員破門騒動により立川流を破門。平成15年、名古屋唯一の落語家、雷門小福門下に移籍して、雷門獅篭と改名。
著書に「名古屋式。」「ご勝手名人録」などがある。現在、FMラジオサンキューでパーソナリティー、名古屋文化短期大学で講師を務める。

東海地区に演芸を広めるために結成された海演隊(かいえんたい)リーダー。メンバーは、ほかに雷門幸福(落語)、雷門福三(落語)、古池鱗林(講談)、柳家三亀司(江戸曲独楽)。

<毎月8日、22日更新>

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
13 ℃/3 ℃
東京
晴れ時々曇り
15 ℃/2 ℃
大阪
曇りのち時々晴れ
12 ℃/5 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集