常滑市「大善院」の秘仏本尊「十一面観世音菩薩」ご開帳! 2019/11/14

秘仏本尊「十一面観世音菩薩」

知多西国14番札所の常滑市「大善院」。
知多西国三十三所霊場の開創250年を記念して秘仏本尊「十一面観世音菩薩」が2019年11月1日(金)〜11月30日(土)に特別開帳されている。

見護弘法大師像が安置されている黒い厨子

「大善院」は、知多西国14番札所でもあり、知多四国第63番札所でもある。
白鳳年間(684)、天武天皇の勅願寺として西阿野村御嶽山一帯に、七堂伽藍三百坊の僧院が創建された。しかし、戦火で焼かれ、次第に荒廃。
これを嘆いたお坊さんの養春上人が、南坊本尊十一面観音を現在の地に移したのが始まりとされる。

その後の弘仁年間に、弘法大師・空海がこの地に立ち寄り、自作の「見護弘法大師像」を残された。
「見護弘法大師像」は、お堂の中央の黒いお厨子の中に祀られている。

(「見護弘法大師像」は毎年3月の第2日曜日に御本尊「十一面観世音菩薩」と共にご開帳される)

稚児大師像

その「見護弘法大師像」のお厨子の前の小さなお厨子の中に、私の知人の仏師の真野明日人さんが彫った弘法大師の幼い姿の「稚児大師」が安置されている。小さくて可愛いが、普段お厨子の扉は閉まってるので、拝観できない。


ご住職の奥さんが描かれた絵も、所狭しと飾られている。

本堂内

常滑城の初代城主の水野忠綱は領内安全を願い、常滑城の鬼門にあたる補陀落山観蓮寺に六坊を再建。
本坊「大善院」に十一面観音菩薩を建立したとされる。
それが、秘仏本尊の「十一面観世音菩薩」。本堂の中心の厨子の中に祀られている。

室町時代作。像高約170cm。厨子は上半身しかのところしか開かないので、下半身は見えない。
全身像の写真を見せていただいたが、低い蓮台に立っている。
厨子の後ろ側は、全部開くそうだ。

御本尊は毎年3月の第2日曜日にご開帳される。
修復されてベンガラが塗られ、白目も塗られ、目つきが厳しく見える。
前には鏡が置かれ、神仏習合。

左右の脇侍は毘沙門天と不動明王。

十一面観世音菩薩

本尊の右側の小さな厨子の中にも、十一面観世音菩薩が祀られている。
今回、本尊と合わせてご開帳されている。
本尊のお前立ちだった観音様で、数年前に修復した際ご本尊より古く平安時代の作だと言われたそうだ。
重厚感のある仏様だ。

「冬花庵観音堂」とご住職

ご住職が、明治に生まれの京都の画家日本画家「橋本関雪」の宝塚の旧別邸アトリエを境内に移築し、観音堂として使用。

花井探嶺(たんれい)作の平和観音

観音堂に安置されているのは、花井探嶺作の平和観音。
昭和19年(1944)に作成されたコンクリート製。およそ2メートルの観音像。龍に乗っている。
コンクリートとは思えない繊細な作り。観音の冠にある阿弥陀仏はなく、独特な作り。手のポーズも変わっている。

花井探嶺作のコンクリート製の飾り棚と観音菩薩

「没後65年 陶都に咲いた昭和の微笑み 花井探嶺展」をこの観音堂で、ご開帳中の2019年11月1日(金)〜30日(土)開催中。
平和観音以外の花井探嶺の作品も展示されている。

花井探嶺は、明治に生まれ大正・昭和に活躍した彫刻家。他の作品は、小幡緑地の「御花弘法大師」や中村区白王寺の「中村観音」などを作った人。
コンクリート仏像では浅野祥雲が有名だが、同じコンクリート仏像を作ってる花井探嶺はあまり知られていない。

芸術家のご住職が花井探嶺を研究されていて、情報募集中だそうだ。



カラフルな御朱印

仏像のイラスト入りのカラフルな御朱印が授与(各々500円)。

本堂

素敵な御本尊が安置されてる本堂の屋根が、ボロボロで心配。
早く修復されることを祈るばかりだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「大善院」(だいぜんいん)
住所:〒479-0822 愛知県常滑市奥条5-20 
TEL:0569-35-3430 
アクセス:名鉄「常滑駅」から徒歩約25分
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田中ひろみ著「東海仏像めぐり」(ウェッジ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「田中ひろみの仏像大好き!」の連載をまとめた本
「東海仏像めぐり」(ウェッジ)好評発売中です😊
http://goo.gl/oPSqoi
是非読んでください🐰
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

PR情報

記事一覧

谷汲山華厳寺のバンザイする仏頂面が乗る十一面観音像

谷汲山(たにぐみさん)華厳寺(けごんじ)は、西国三十三所の最後の札所である第三十三番札所で、満願結願のお寺さん。西国三十三所の札所寺院では唯一、近畿地方…

2018/6/23

どこから見てもこちらを向いてくれる「永正八方釈迦如来」

江南市にある永正寺。 永正元年(1504年)に開創された、臨済宗妙心寺派のお寺。

2018/5/19

16年に1度のご開帳、美濃市・鹿苑寺の聖観音像

先日、岐阜県美濃市立花にある美濃西国三十三観音霊場2番札所の鹿苑寺(ろくおんじ)観音堂に祀られる聖観音像の16年に1度のご開帳(2018年3月18日〜4月1日(日)だ…

2018/4/11

津市の瀬古集会所の十一面観音像と薬師如来像

お寺ではなく、三重県津市白山町川口にある瀬古集会所に祀られている十一面観音像と薬師如来像。

2018/3/12

籠大仏と呼ばれる大きな「岐阜大仏」

岐阜城がある山の麓で、岐阜市歴史博物館のすぐ近くの正法寺に、岐阜大仏はいらっしゃる。かなりの福耳で、福々しい特徴のあるお顔をされている。釈迦如来だが…

2018/2/7

ご本尊は毘沙門天だけど、十一面観音もすてきな松阪市嬉野の善福寺

松阪市嬉野にある善福寺。2017年11月に綺麗に改築されたばかりの本堂に、本尊の毘沙門天王像が祀られている。像高約103cm、平安時代作で松阪市指定文化財。

2017/12/28

聖徳太子孝養像が祀られている名古屋市熱田の聖徳寺

名古屋の熱田神宮の近くにある聖徳寺。名前の通り、聖徳太子像が祀られているお寺。別名「お太子さん」と呼ばれ信仰を集めている。 「熱田百ケ寺」と呼ばれる…

2017/12/18

高山市・清峯寺の等身大の3体の円空仏!

岐阜県高山市の清峯(峰)寺。大きな円空仏が、3体も安置されているお寺だ。かつては住職がいらしたお寺だが、今は近隣の方が管理されていて予約しないと拝観す…

2017/11/27

名古屋三大仏の一つ「雲心寺の阿弥陀如来像」

愛知県名古屋市熱田区の雲心寺。浄土宗鎮西派のお寺。本堂に堂々と鎮座される御本尊の阿弥陀如来像は、名古屋三大仏の一つ。ちなみに名古屋三大仏とは、興正寺…

2017/10/25

岐阜県各務原市金山寺の癒やされる円空作の十一面観音

江戸時代にあちらこちらを旅して回って、仏像を彫り続けた円空。岐阜県で生まれて岐阜県で亡くなったとされ、岐阜県にはたくさんの円空仏が残されている。 岐…

2017/9/20

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
17 ℃/--
東京
曇り
11 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
14 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集