禅に学ぶ気功の道・2/《ふぁんそん気功講話》12 2020/1/13

煩わしい日常を離れ、気功が出来る時間と空間を持てることへの喜びの段階である「離生喜楽(りしょうきらく)」から進んで、私たちは次の段階である「定生喜楽(じょうしょうきらく)」に向かうことになります。

ここで言う「定」とは、坐禅で言う只管打坐のように、ただひたすらに坐る、坐ることだけに打ち込むといったように、何かに没頭することを意味しています。

心がそのことのみに向かい、定着し、安定しているんですね。

気功で言えば、意念(気持ち)が体の動きや感覚、気の感覚に向かい、気を巡らせたり、気を採り入れたりという気の訓練そのものに没頭しているということなんでしょう。

肩関節内が動く感覚、背骨が揺れる感覚、体内のゆるむ感覚、気の感覚など、体性感覚を用いて体感することに心が定まっているんです。

その体感によって、ゆるんでいく時の心地よさや気のボールを感じた時の感動、体の中で気が動き出した時の不思議な感覚などの一つ一つが喜びになり、その「気の訓練」が楽しくなってくる段階、それが「定生喜楽」の段階と言えるでしょうね。

この段階で必要なことは脳内でのドーパミンの分泌です。

心地よいという感覚だけで亡く、「わかった!」、「出来た!」といった達成感とそれによる満足感が要るんですね。

この達成感と満足感が得られた時に脳内にドーパミンが分泌され、そのドーパミンが次への挑戦の意欲とエネルギーの元になるんですよね。

次から次へと新しい課題に向かって挑戦し、それをクリアしていくからこそ、気功を学び深められるんだと思います。

その為には、気功を学び深めていく手順である「緩感貫採練(かんかんかんさいれん)」に随って、六大関節、中でも腕の関節や股関節、脊椎や体内を緩めていき、そこに現れるふぁんそん感覚(緩みの感覚)」や気の感覚を体感し、その体感を手掛かりに体内で気を通し(貫通させ)、気を全身に巡らせ、全身の緩んだ皮膚感覚を用いて自然界の気を採り入れ、丹田に採り入れた気を練って生命力を強くしていくなどの気の訓練を一つ一つクリアしながら進んでいくことなんですね。

一つ一つの課題、目の前の課題をクリアしていくことで、ドーパミンを分泌させながら、楽しく、心地よく気功を深めていくことで、私たちは「定生喜楽」の段階を進んでいけるんだと思います。


●1月19日(日)は
体の内側からゆるめる技を学ぶ《ふぁんそん教室》
毎月第3日曜日13時半〜16時
名古屋市市政資料館
入会費(二千円)/受講料(六回分一万円)/体験(三千円)
*お申し込みは
kikounonakama@yahoo.co.jp

PR情報

記事一覧

ふぁんそんを日常の取り組みに!/《ふぁんそん気功講話》2

●僕の思い みなさん、こんにちは! 今回は、僕(和気信一郎)が普段から願っていること、みなさんにも実践して戴きたいこと、つまり、僕自身が日頃から心掛…

2019/10/21

病気のことは忘れて、気の心地よさに没頭せよ!/《ふぁんそん気功講話》1

●ごあいさつ みなさん、こんにちは。 今回から、新たに《ふぁんそん気功講話》というタイトルで、「ふぁんそん気功」についてのお話をさせて頂くことに致し…

2019/10/14

気功治療への道案内/十四日目(最終回)

◆修練に励みましょう 季節は移り、既に10月の声を聞いていた。 私の講習への依頼が幾つか入り、二人の娘たちとの時間的な折り合いがつかず、静観塾も少し間が…

2019/10/7

気功治療への道案内/十三日目

◆本治法に用いる経穴(ツボ)の名称と部位 台風15号が関東を襲った。 暑さは続いていた。 茉奈と佳与が元気な顔を現した。 私は、再度、基本の復習をしておく…

2019/9/16

気功治療への道案内/十二日目

◆基本的な経穴(ツボ)の取り方 私が夏季休暇を頂いている間に、季節はゆっくり動き、秋雨前線が日本列島に横たわり、またまた九州に大雨をもたらしていた。 …

2019/9/2

気功治療への道案内/十一日目

◆診察のヒント 台風10号が西日本に大雨を降らせ、大きな被害をもたらした翌日、お盆休みを終えた茉奈(まな)と佳与(かよ)が愚庵にやって来た。 「今回…

2019/8/19

気功治療への道案内/十日目

◆原穴を覚えよう! 梅雨が明け、猛暑の日々が続いていた。 おかげさまで我が愚庵は山辺にあり、障子や窓を開けているだけで木々の間を抜けてくる涼風が家の中…

2019/8/5

気功治療への道案内/九日目

◆具体的な実習を楽しむ 「少し頭を使い過ぎましたので、今日は治療の実習をしましょうか。」 私が言うと茉奈と佳与は嬉しそうに顔を見合わせた。外では蝉たち…

2019/7/29

気功治療への道案内/八日目

◆証の決め方 「今日は気功治療の中での中心的な課題である証の決め方を勉強しましょう。」 鈍よりした、それでいて時々、ザァーと強い雨を落とす梅雨空の中を…

2019/7/22

気功治療への道案内/七日目

今年(2019年)も梅雨前線が日本の太平洋側に停滞し、九州などでは1日に例年の7月1ヶ月分の雨を降らせ、大きな被害をもたらした。 私たちの勉強も、いよいよ本…

2019/7/15

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集