ドリップコーヒーの抽出技術 Part5 2015/8/6

ドリップコーヒーのおいしさの秘密
抽出には浸漬法と透過法があることは以前説明いたしましたね。軽くおさらいしますと、

●ボイルド式(浸漬法)
コーヒーの粉をお湯の中に浸し漬けて、少量の粉で多く(雑味も)の香味成分を抽出する方法(ターキッシュ・コーヒー、サイフォン、コーヒーブレスなど)

●ドリップ式(透過法)
コーヒーの粉をお湯に注いで透過させて、おいしい香味成分だけを贅沢に抽出する方法(布ドリップ、ペーパー・ドリップ、ペーパー・ドリップ式コーヒーメーカーなど)

ドリップセット(ネルドリッパー、スケール、ドリップポット、温水計など・・)

@ドリップのおいしさの秘密
a.おいしさの決め手の温度管理が簡単にできる。
b.どんな焙煎濃度の豆にも対応できる
c.注湯によって狙った味が出せる
d.雑味が少ない旨味成分だけを贅沢に抽出
e.シンプル

Aドリップの前提条件
イ)良質で新鮮なコーヒー豆
ロ)コーヒーに適した水(カルキを除去した新鮮な水)
ハ)良いドリップをするために必要な道具と器具(ドリップ専用ポット、温水計、タイマー、スケール、ドリッパー、サーバー、受けグラス)
ニ)コーヒー・グラインダー(ミル)・・必須条件!
ホ)イメージ(自分のコーヒー)

➂ ドリップ抽出の基本
《抽出の基本》
イ)適切な湯の温度(深煎り、80度前後、中煎り、85度前後、浅煎り90度前後)
ロ)適切な抽出時間(杯数、適正な粉の粗さ、量) 
ハ)蒸らし時間(約30秒〜)
ニ)細く垂直に注湯して、泡(アク)を落とさない

C味を判断する
イ)味の良し悪しを決めるのは味覚です。味のチェックを行ことが大切です。
ロ)苦味、酸味、甘味、香り.コク、渋味、雑味などを、全神経を使って繰り返しチェックする事で味覚は鋭くなる(味覚の修練)

ドゥ・ぺロアのドリップポット
ゴッホの絵にも描かれているドゥ・ぺロアのドリップポット

Dドリップコーヒーの歴史 
エチオピアが起源といわれるアラビカ種のコーヒー。当時、エチオピアでは赤い実を食べていましたが、その後、イエメンに植樹されイエメンで「飲用コーヒー」となりました。・・・♪コーヒールンバ♪

当初コーヒーは取って付きの鍋(ジャズベ)か、ポットで煮出(浸漬式)したコーヒーを濾さずに飲むスタイルで、ターキッシュ・コーヒーとしてアラブ世界やヨーロッパに広まりました。

1800年頃に、フランスのドゥ・ベロワというパリの大司教がドリップ式ポットを発明して、「コーヒーの粉を濾して飲む」というスタイルを普及させていきました。

その後、漉し布がいろいろ改良されたり、金属の網で漉したりと様々な模索がなされました。
現在では片起毛の「フランネル(綿)」が最も適しているといわれてます。

1908年、ドイツ・ドレスデンのメリタ・ベンツ婦人によってそれまでの布等を使った濾し器の代わりに、もっと手軽なペーパー(吸い取り紙)を使ったメリタ式の一つ穴ペーパードリップが考案された。

使い捨ての紙フィルター使用による便利さが受け入れられ、フランネルの布に替わり広まっていきました。その後、世界的にペーパードリッパーが普及して、いろいろなタイプの「ペーパードリッパー」が開発されました。

1950年代、日本では三つ穴の「カリタ式」が発売されました。その後、円錐ペーパーを使用した珈琲サイフォン社の「コーノ式」やハリオ式なども発売され広まっていきました。

「早くて、簡単、便利」

それを具現化したペーパードリップは、現代の生活に見事にマッチしたのでしょう。現在では、コーヒーメーカーやハンドドリップなど、布(ネル)フィルターに完全にとってかわり、多くの喫茶店や家庭なで、普及しています。

しかし、ネル(布)よりもペーパー(紙)が、「美味い訳ではない」という事だけは忘れないでください。

PR情報

記事一覧

抽象画と珈琲〜書家 川口茜漣

いつもありがとうございます。お陰様で、待夢珈琲店は平成29年5月28日に開店40周年を迎えました。これもひとえに皆様方のおかげと心より感謝申し上げます。40年…

2017/6/2

本当の「自家焙煎」とは? 講座『桜井美佐子さんと珈琲の話でも・・』も開催!

いつもありがとうございます。 GWも終わり一気に暑い日になりましたね。6月過ぎると珈琲屋にとっては一番嫌な季節となります。湿度が高く蒸し暑く、焙煎後の…

2017/5/21

次に来るコーヒー第4の波?『デカフェ・コーヒー』

いつもありがとうございます。今回は、3月から商品化した「デカフェ」のお話をさせていただきます。 デカフェとは、カフェインを除去したコーヒーの事で、要…

2017/4/22

金憲鎬(キム・ホノ)作陶の色鮮やかなオリジナル聞杯

いつもありがとうございます。 早いもので桜の季節になりました。と同時に花粉症の季節でもありますね。珈琲教室の生徒さんに達にも、花粉症で珈琲の豊かな香…

2017/3/30

コーヒーの名著 Part3

いつもありがとうございます。 少し間が開きましたが、今回はとても希少で貴重な「ミニ本シリーズ」をご紹介いたします。 発行元は、「珈琲と文化」の季刊誌を…

2017/3/2

珈琲の神になった「珈琲美美 森光宗男」

いつもありがとうございます。今回は悲しいお話をしなければなりません。何回か前にこのブログでもご紹介した、私の心の師、博多の珈琲美美森光宗男氏が他界さ…

2017/1/28

「たかが珈琲、されど珈琲」

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017/1/7

【聞珈杯】(もんこーはい)

いつもありがとうございます。 今回は、当店が11月から始めた新しい「香りのサービス」を紹介させていただきます。コーヒーで最も重要な成分といえば、コー…

2016/12/7

コーヒーの名著 Part2

いつもありがとうございます。今年の秋は雨の日が多く、あまりさわやかな秋日に出会うことなく立冬を迎えてしましました。秋から冬にかけて空気が乾燥しますの…

2016/11/17

わかりやすいネルドリップ講座

いつもありがとうございます。皆さんは10月1日が「コーヒーの日」だということを知っていましたか?この「コーヒーの日」に渋谷駅前ヒカリエ8階のD&DEPARTMENT…

2016/10/11

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
24 ℃/17 ℃
東京
曇りのち一時雨
21 ℃/17 ℃
大阪
曇りのち一時雨
25 ℃/16 ℃
  • 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集