教育費を救う、保険・補助・奨学金のあれこれ 2016/9/1

教育費が子ども一人に1000万円はかかるというのはよく知られていますが、皆さん、どのように準備していますか。

調査(博報堂)によると、教育費を「準備している、具体的に検討している」人は88%と大多数に上ります。いつから貯蓄を始めたは、「子どもが0歳のとき」が63.2%と最も多く、「妊娠中」も8.6%なので、7割以上の家庭で生まれる前後から準備していることが分かります。中でも学資保険をしている人は6割、預貯金で準備している人が8割以上を占めます。

これまでは大学の費用を何とか準備しないといけないと考えられてきましたが、それもさることながら、昨今の情勢から文科省は私立小・中学校の授業料(平均小学校43万円、中学校41万円)を年収590万円未満の世帯を対象に、最大14万円補助する案を協議中です。

年収に応じて10万円(350万円未満)、12万円(250万円以上350万円未満)、14万円(250万円未満)が補助されるというものです。これまでは私立に通学する世帯は裕福と考えられていましたが、様々な理由から通学することがあるからとのことです。

そしてなんと言っても一番お金がかかるのが大学ですが、現在、51.3%の大学生は奨学金を利用しています。そんな頼みの綱の奨学金ですが、最近は大学卒業時に多額の借金を抱え、返還の負担が大きいと問題になっています。

これは現在の日本の公的な奨学金制度は、卒業後にお金を返さなければならない「貸与型」のみだからです。政府も返済の必要がない「給与型」の奨学金を作ろうとし始めており、年内にある程度の方向性が出てきそうです。

一方、給付型の奨学金を新設する大学も増えてきています。名古屋大学と名古屋工業大学は、6月に「ホシザキ奨学金」を設立しています。ホシザキ電機株式の全てを社長夫妻が出資して設立したSDF(ドネイション・ファウンデイション株式会社)の株式の一部を寄附として受入れ、その配当金を原資に奨学金を運用する日本初の取り組みとして話題を呼びました。また首都圏の大学が地方出身者を対象に実施している給付型奨学金も近年広がっています。

2017年度から「給付型奨学金制度」を新設する大学として、早稲田大学、立教大学等があります。早稲田大学は、児童養護施設出身者の学費を免除する奨学金制度で、生活費も補填できます。高校2,3年生を対象に9月には給付が確定するというもので、定員は10名前後の予定です。

立教大学はこれまで地方出身者向けの奨学金を首都圏の出身者にも拡充する予定です。修士の学生全員に学費の1/4に相当する額を毎年給付するという芝浦工業大学のような取り組みも開始されます。

もう一つの試みが、「住んでくれるなら、奨学金を肩代わりする」という自治体の取り組みです。すでに10県程度が導入しています。奨学金の負担を肩代わりする代わりに、地域への転入を促したいという意図で始まりました。県内の出身者で大学等を卒業後半年以内に県内に就職し、3年間就労すると4年目から返済助成をする大学や、業種を絞って県出身者でなくても利用できる大学もあります。

今後、経済が上向きにならない限り、教育費の負担はますます家計に重くのしかかってきます。高校生のうちから各種の奨学金情報を集め、なるべく負担がかからない教育のあり方を子どもと考えたいものです。

日本は海外の大学生に比べて、教育費が親がかりの割合が高いのが特徴です。国によっては、まず働いて貯金してから大学に入学するという人もいます。自分で働いて得たお金で勉強するのなら、真剣に取り組みますよね。決して子どもに申し訳ないと思う必要はありません。子どもが独り立ちするための重要な金融経済教育となるはずです。

【家計簿診断やお金についての相談をお待ちしています】
家計簿の診断だけではなく、お金についての相談もお待ちしています。家計簿診断を希望される方は、下記項目をコピーして【達人に質問する】から、収入と支出を直接入力してください。ブログで取り上げられた方にはクオカード1000円分をプレゼントします。

PR情報

記事一覧

4月から支出増のもの、支出減のもの

3月も後半になると陽射しが春らしくなってきて、4月からの新生活にこころウキウキしている人も多いことでしょう。日本は4月スタートのものが今でも多いので、生…

2017/3/23

年間12000円以上の薬を買えば税金が戻る?

確定申告が近づいてきましたが、「医療費控除」については、よく知られていますね。1年間の家族の医療費自己負担額が合計10万円(所得によって異なる)を超える…

2017/2/1

「配偶者控除」の終着駅〜壁の乱立にご注意!

配偶者控除について何度か取り上げましたが、思ってもいなかった、あるいはある程度は予測がついた?決着を迎えたのでまとめを書いておきましょう。 2017年度…

2016/12/29

エコカー減税〜2017年度税制改正〜

2017年度の税制改正をめぐる与党の議論が決着しました。家計に関わる内容が多く含まれています。今回はまずは身近な車にかかる税金から紹介していきましょう。 …

2016/12/13

とうとう高齢者の医療と介護負担増に。現役世代の保険料も引き上げ

高齢化が進み、医療費や介護費が増加する中、一定の所得がある高齢者には負担をしてもらおうという方向が強まっています。 まず医療ですが、ご存じのように「…

2016/11/24

年末調整の時期。「控除」ってそもそも何?

11月に入ると、会社員や公務員は「年末調整」の季節になります。毎月払っている所得税は途中で子どもが増えたりしても、修正されておらず、そのまま徴収されて…

2016/11/9

「配偶者控除」は一体どこへ??

10月1日から社会保険の130万円の壁が106万円の壁へ下がり、非正規社員の雇用形態に大きな影響を与えたところですが、次の税金の壁として、103万円の壁である「…

2016/10/12

「配偶者控除」がなくなる?

最近、新聞やニュースで「配偶者控除」がよく取り上げられています。毎年のことなので、またか・・・と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、どうやら今…

2016/9/16

教育費を救う、保険・補助・奨学金のあれこれ

教育費が子ども一人に1000万円はかかるというのはよく知られていますが、皆さん、どのように準備していますか。 調査(博報堂)によると、教育費を「準備してい…

2016/9/1

15000円貰える?

政府の28兆円にも上る経済対策が8月2日にまとまって、個人消費を少しでもあげたいとの考えで、低所得者に一人あたり15000円がばらまかれることになりまし…

2016/8/15

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/--
東京
晴れ
14 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
12 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集