【お悩み相談室その82】きびだんごをやると言っても、キジが家来になろうとしない 2018/3/18

「これからの会社には、イエスマンばかりいてもダメだと思うんだよなあ」

思いがけないやさしい声に、つい油断してこう答えたのがまずかったようです。

「はい、社長。私もそう思います」

その瞬間、いつもの怒声が飛んだのでした。

「イエスマンは、ダメだと言っただろ!」

一笑いしていただいたところで、「お悩み相談その82」です。

〔悩み〕
「夢よもう一度」ということで、再び鬼が島へ出かけることになりました。しかし、きびだんごをやるというのに、今回はなぜか、キジが家来になることを拒否します。どうすればいいでしょうか?(桃太郎・年齢不詳)

〔回答〕
考えてみたら、たった一つのきびだんごで、命を失う危険さえある鬼が島遠征へ狩り出そうというのだから、ひどい話ですね。

そもそもキジは木の実や昆虫が主食であり、きびだんごなどもらっても食べようがないのかもしれません。前回はあなたがあまりにも熱心に頼むので、情に駆られて付き合ってくれたのかもしれませんが、さすがに2回目ともなると拒否されても仕方がないでしょう。

ここで、やる気のないものを無理やり家来にしても、ほかの仲間の士気に悪影響を与えるだけです。お互いの幸福のためにも、キジを家来にするのはきっぱりとあきらめましょう。

しかし、あなたはよりによって、なぜイヌとサルを家来にしたのですか?この両者、「犬猿の仲」なのだから、どう考えてもうまくいくはずがありません。この際、イヌとサルもくびにして、メンバーの刷新を図ってみてはどうでしょうか。

例えば、ウサギを3匹スカウトするのです。ウサギの戦闘能力は大したことありませんが、あのすばしこさはなかなかの魅力です(昼寝さえしなければという前提ですが)。ウサギを伴って鬼が島へ乗り込めば、鬼は当然おいしい獲物がやって来たと思って追いかけ回すはずです。しかし、「二兎を追う者は一兎をも得ず」。ましてや三兎ですから、まさに「鬼に金棒」です。

ウサギを追いかけてへとへとになったところを見計らって攻め入れば、あなた一人の力でも鬼を一網打尽に討ち取るのはたやすいものと思われます。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その149】カメを助けてやったのに、理不尽な仕打ちを受けたのは納得がいかない

目覚めとともにワッハッハ! 食前食後にワッハッハ! おやすみ前にワッハッハ! 回数は無制限。 笑いは、本当にいいクスリです。 それでは、「お悩み相談その1…

2019/6/30

【お悩み相談室その148】ぐうたら社員の自分に、なぜ新入社員の指導をまかせるのか?

赤血球と白血球の境目には、ひょっとして桃色の血球が流れているのかも?長い梅雨の季節。うっとうしい雨空を見ながら、気分転換に、そんなバカバカしいことを…

2019/6/23

【お悩み相談室その147】いつも「忙しい忙しい」と言っているので、本当に忙しくても誰も本気にしてくれない

ピンク・レディー→キャンディーズ→モーニング娘。→AKB48。 時代が進むにつれ、アイドルグループの人数が増えてきました。50年後には100人以上になって、…

2019/6/16

【お悩み相談室その146】妻にとって、私と愛犬とどっちが大事なのだろうか?

ある会話術の本には、自分がしゃべる時間を2割、相手にしゃべらせる時間を8割にすればいいと書いてあります。 この本を読んだ人同士が会話をすると、6割が…

2019/6/9

【お悩み相談室その145】以前から偉そうにしていたのに、昇任後に急に偉そうになったと言われる

「ファミレスで日替わりランチを食べている時に、父は急に倒れてしまいました」 警察の事情聴取ではそう答えていたはずなのに、なぜか葬儀の喪主あいさつではこ…

2019/6/2

【お悩み相談室その144】おせじばかり言ってしまう自分が嫌になる

野球解説もプロ野球の魅力の一つです。 「チャンス到来ですが、どう攻めたらいいでしょうね?」 「とにかく引っ張らないことです」 「打ちました!思いっ切り…

2019/5/26

【お悩み相談室その143】会社の謝罪会見を個性あふれるものにしたい

早口言葉に、「赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ」というのがあります。 でも、繰り返していると、世のお父さん方には、こんなふうに聞こえてくるかもしれませ…

2019/5/19

【お悩み相談室その142】嫌われトリオがクラス会をドタキャンしたが、喜んでよかったのだろうか?

鏡の前で、とびっきりの笑顔をつくってみてください。そして、鏡に向かってこう語りかけるのです。 「鏡よ、鏡。世界で一番の笑顔の持ち主は私だね?」 鏡か…

2019/5/12

【お悩み相談室その141】じゃんけんにいつも負けるので、必勝法を教えてほしい

いつも悪役の俳優がたまに善人の役をすると、ものすごくいい人に見えてしまいます。 それなのに、いつも善玉の俳優がたまに悪人の役をしても、やっぱりいい人に…

2019/5/5

【お悩み相談室その140】どうしても値切って買うことができない

「この国の政治家はいったい何を考えているんでしょうねえ。あきれて物が言えません」そう語るキャスターを、「おまえは何様なんだ!」とついののしってしまい…

2019/4/28

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
12 ℃/--
東京
雨か雪後曇り
6 ℃/--
大阪
曇り
13 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集