本日3月21日は「春分の日」その意味とは? 2018/3/21

日の出。春分の日は、真東から昇り真西に沈む。

●3月21日は春分の日
 春分とは、二十四節気の旧暦2月の中期に当たる日で、太陽暦では3月21日前後となる。天文学的には、太陽の見かけの通り道である黄道と、地球の赤道を天に投影した天の赤道とが交差する二つの点のうち、太陽が南から北へ向かって交差する点を春分点と呼び、その点を太陽が通過する瞬間を春分という。180°離れたところにある交差点が「秋分点」だ。
 

春分の日は、太陽が春分点を通過する日のことで、1878年(明治11年)に春季皇霊祭と呼ばれる祝日となったが、1948年(昭和23年)国民の祝日に関する法律が施行されたときから「春分の日」と改名された。「自然をたたえ、生命をいつくしむ日」を趣旨としている。
 
仏教では、春分の日を挟んで1週間を「彼岸」と呼び、先祖供養をし、墓参りをする習慣がある。春分の日(秋分の日)は、西の地平線のかなたにある西方浄土に太陽が沈むことから、平安時代からこのお祭りが始まったという。

名古屋では、春分の日はお昼に太陽高度が55°になる。夏至や当時のちょうど中間点。

●太陽が真東から昇り真西に沈む日
 春分の日(秋分の日)の太陽は、赤道の真上にあるため、世界中どこでも太陽は真東から昇り真西に沈むことになる。そして、昼と夜の長さがほぼ同じになるが、厳密には昼間の方がほんの少し長い。その訳は、大気による屈折のため、太陽の位置が実際より高く見える。そのぶん日の出が早くなり日の入りが遅くなる。 

また、日の出日の入り時刻は、太陽の中心ではなく太陽の上端が地平線に接した時と定義しているため、太陽の視半径分日の出が早く、日の入りが遅くなるためだ。以上の誤差を考慮すると、昼間の長さはおよそ12時間7分、夜の長さはおよそ11時間53分となり、昼間の時間の方が14分ほど長くなりのである。ちなみに、昼と夜の長さがほぼ同じになるのは、秋分の日のおおむね4日前となる。

太陽の南中高度は、春分を中心に立春から立夏までがダイナミックに変化する

●暑さ寒さも彼岸まで
 「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通りに、春分の日を境に、昼間の時間が長くなり、地上は柔らか日差しで満たされるようになる。図を見てもわかるように春分から5月5日の立夏に向けて太陽の南中高度がぐんぐん高くなることがわかる。
 
そのぬくもりに誘われるように、寒い冬を耐えて過ごした草花の硬い蕾が膨らみ、色とりどりの花が咲き誇るころ。冷たい地中からは、光を求めて冬眠していた虫たちが活動を始めるころ。この世の生きとし生けるものすべてが生き生きと輝き始める「春」。
 
その境となる日「春分の日」に「自然をたたえ、生命をいつくしむ日」という意味を持たせる感性。それは、四季という豊かな自然のなかで育まれた日本の文化と、そこで生きる私たち日本人の心が生み出した大切なもの。春分の日、太陽の恵みを感じながら、今一度自然の中で自然とともに生きるということのありがたみを考えてみたい。

PR情報

記事一覧

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

次は19年後! 4月1日に見られる天体現象「星食」とは?

冬の代表的星座のおうし座も、春の訪れとともに西の空へと傾いてきた。おうし座は、大神ゼウスが変身した牡牛だ。この牡牛の顔に当たるところに星がV字型に集ま…

2017/3/13

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

金星がめちゃ明るい!!

宵の明星「金星」が、夕方の西空でひときわ目立っている。3週間ほど前と比べると、若干高度は低くなったものの、明るさはこれからピークを迎える。2月17日には…

2017/2/5

カストルとポルックス〜ふたご座〜

星のきらめきまで凍てついてしまいそうな1月、冬の淡い天の川は、北から南へと音もなく流れる。そんな寒々とした夜、肩を組んだ双子の兄弟星座「ふたご座」が空…

2017/1/13

見逃せない新年の天文ショー

夕方の西天で輝く金星の高度がどんどん高くなり、日没30分後の高度が30°を超えるようになってきた。それもそのはず、いよいよ1月12日には東方最大離角を迎える…

2016/12/27

今年もふたご座流星群がめぐってきた

今年ももう12月。あっという間に1年が過ぎてゆく。12月といえば、ふたご座流星群。1月のりゅう座ι(イオタ)流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星…

2016/12/9

母と子の絆 うお座

11月の声とともに、夏の大三角は西に大きく傾き、東の空からは土星とともに冬の星座たちが顔をのぞかせている。 秋の星空には明るい星が少ないため、晩秋とい…

2016/11/16

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
13 ℃/3 ℃
東京
晴れ時々曇り
15 ℃/2 ℃
大阪
曇りのち時々晴れ
12 ℃/5 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集