2月20日の満月はスーパームーン 2019/2/19

雲間から姿を見せた月齢14の月

 ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化しているのだ。もちろん大きさの違いは、地球と月の距離の違いによる見かけのものであることは言うまでもない。

月は、地球と月の重心位置を焦点とする楕円軌道で回っているため、地球からの距離が変化する

 月は、地球と月の重心位置を焦点とする楕円軌道で回っているため、最も近づいたとき(最近)と、最も遠ざかったとき(最遠)とでは、両者の距離はかなり違ってくる。月は太陽に対して29.5日の周期で公転しているため、およそ1ヶ月の間に必ず最近と最遠が訪れる。そのなかでも2月20日午前1時に迎える満月は、6時間後の最接近とほぼ重なっている。しかもこれは今年最も近づく大最近。いつにもまして巨大な満月となる。

スーパームンとミニマムムーンでは、距離も視直径も実に12%も大きさが変化している。

 近年は、このような満月のことを“スーパームーン”と呼んでいるが、スーパームーンという用語は、天文学用語ではなく占星術用語で、占星術師のRichard Nolle氏が1979年に「軌道中で地球に最接近した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態」と決めたそうだが、厳格な定義はないようだ。

 今回の地球と月の距離は約356800km、これを視直径で表すと33.5分角となる。では今年最遠となる満月“ミニマムムーン”はいつかというと8月15日。この時の距離は約404900km、視直径は29.5分角だ。つまり最近と最遠の差は4分角、実に視直径が12%も大きさが変化していることになる。これを明るさに換算すると30%も違うというから驚きだ。1月21日の満月もスーパームーンと呼ばれていたようだが、今年最も大きく見える満月が見えるのは、2月20日だ。

 2月20日は、いつもよりも大きくて明るい満月を愛でるることにしよう。

PR情報

記事一覧

晴れるかな?明日7月7日は七夕です

★もうすぐ七夕祭 現在は、七夕は7月7日にお祭りするのが当たり前になっているが、実は7月7日の七夕は言ってみればリハーサル。本番はその後にやってくる。 「…

2017/7/6

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

次は19年後! 4月1日に見られる天体現象「星食」とは?

冬の代表的星座のおうし座も、春の訪れとともに西の空へと傾いてきた。おうし座は、大神ゼウスが変身した牡牛だ。この牡牛の顔に当たるところに星がV字型に集ま…

2017/3/13

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

金星がめちゃ明るい!!

宵の明星「金星」が、夕方の西空でひときわ目立っている。3週間ほど前と比べると、若干高度は低くなったものの、明るさはこれからピークを迎える。2月17日には…

2017/2/5

カストルとポルックス〜ふたご座〜

星のきらめきまで凍てついてしまいそうな1月、冬の淡い天の川は、北から南へと音もなく流れる。そんな寒々とした夜、肩を組んだ双子の兄弟星座「ふたご座」が空…

2017/1/13

見逃せない新年の天文ショー

夕方の西天で輝く金星の高度がどんどん高くなり、日没30分後の高度が30°を超えるようになってきた。それもそのはず、いよいよ1月12日には東方最大離角を迎える…

2016/12/27

今年もふたご座流星群がめぐってきた

今年ももう12月。あっという間に1年が過ぎてゆく。12月といえば、ふたご座流星群。1月のりゅう座ι(イオタ)流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星…

2016/12/9

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
22 ℃/--
東京
晴れ
20 ℃/--
大阪
晴れ
23 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集