未来のお菓子職人に託す思い 2019/11/25

「レモンにしますか?」「ミルクにしますか?」が初耳の学生さんも。世代によって違う紅茶事情。

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。

毎年11月は、私にとっては“若さ”と“未来”に向き合う月。二十歳の製菓を学ぶ学生さんに紅茶の講義をさせていただいているのです。大人の皆さんと行ういつものレッスンとは一味違い、ユニークな反応。素直なリアクション(笑)。自分の若かりし頃を懐かしく思い出しながら頑張っています。

今回は、将来お菓子やパンなどの職人さんになる学生さんたちとのレッスンの様子と、私からの願いをまとめてみます。

金沢製菓調理専門学校にて。産地の写真をお見せしているところ。

●若い人は紅茶を飲まない?

実は、毎年お尋ねしているので結果はもう分かっているのですが、「普段から紅茶を飲む人!」と問うと、20名学生さんがいれば、そのうち手を上げる人は1、2名ほど。3名も4名もいたら、かなり多い方です。それぐらい、若い皆さんにとって、残念ながら紅茶は縁のないもののようなのです。

紅茶を飲むという学生さんに、いつも飲むのはどういう紅茶かと質問すると、ティーバッグ紅茶という学生さんもいれば、ペットボトルという人も。家にティーポットもなければ急須もなく、お茶も紅茶もコーヒーもすべて市販の飲料で済ませる学生さんが大半なのです。

私の場合は、たまたま独特な喫茶店文化のある愛知県育ちだからなのもしれませんが、子どものころから家でも紅茶を飲みましたし、喫茶店に行けは、やはり紅茶をよく頼んでいました。注文すると必ず聞かれる「レモンにしますか?ミルクにしますか?」の決まり文句。これも、コーヒー店がこれだけ進出し、町の喫茶店やティールームに行く機会がぐんと減った今の時代の学生さんにとっては、初耳というケースも。実は、レモンティーとミルクティー。それぞれに向く紅茶の種類や淹れ方が全く違うため、同じ紅茶にレモンかミルクかどちらかを入れるというのは、美味しさを思うとおすすめできるものではありません。紅茶を知ると、「なんでレモンかミルクかと聞くのだろう?」と疑問が湧いたりもするものですが、そもそもの前提になる経験がない学生さんへは、説明にも工夫が必要になってきます。

学生さんの作ったお菓子でティータイム。学校でティーカップを使うのは、1年でもこの講義ぐらいだそう。

●知らないなんて、もったいない!!

とはいえ、若いってすごいな!と感心させられるのは、最初こそ紅茶を知らない彼らですが、関心を持ってもらえるようにあれこれ説明をすると、途端に目を輝かせて、興味を示し、彼らなりの言葉や感覚で理解し始めること。

なんといっても味覚が鋭敏な学生さんたち。いざ試飲となると、初めてなのに的確な味の表現をする人が現れたり。(独創的な発想で表現する学生さんも多く、それもまた面白い!笑)また茶葉の計量やお湯を注ぐことなど、見極めや経験が必要な分野でも、私のデモを数回見ただけで上手に真似できてしまう学生さんもいます。日頃学校で学んだ成果を、このような思いがけない形で発揮するなんて、もしかしたらご当人もビックリかもしれませんね。

また、普段実習で作ったお菓子を試食するとき、お菓子だけ食べていて、紅茶やコーヒーを合わせることはないのだそうです。だからか、簡単な食べ合わせ実習を毎回組み込むのですが、あちこちから「おいしーーー!」「味、変わったーーー!!」「食べやすくなった!」「飲みやすくなった!」「もっと美味しくなってる〜!!」と、驚きの声が上がって(笑)賑やかになります。

こういった経験をすると、感じること。

それは、
知らないってもったいないですよね!

お菓子の魅力を引き立てる紅茶。より美味しさを引き出す紅茶。お菓子、紅茶、単体の美味しさだけでなく、一緒になったときに何倍にも美味しさが増すことを知らないまま職人さんになるなんて、絶対にもったいない!!知っていれば、将来お客様にお菓子を勧めるときにも役立ちます。広がる味の面白さを一緒にお伝えできれば、お客様がより幸せになれるのですよ♪

ユニークで優秀、いざ興味を持ったら、面白がって楽しそうに紅茶に親しむ彼らに、何と言っても一番お伝えしたいのは、その点なのです。

●外で飲む紅茶が美味しくなってほしい。たったそれだけ。

美味しいお料理が自慢のレストラン。デザートまで完璧なのに、なぜ一緒に出される紅茶が・・・なのでしょう。繊細で計算されつくした上質な味わいのパティスリーのケーキ。なのに、イートインで提供される紅茶がどうしてこうなってしまうのでしょう・・・。

本当に残念でならないことが多々あります。
(もちろん、紅茶に力を入れておられるお店もあります。ただ、全体的にみると、紅茶に関心を持っていらっしゃらないお店の方が多いなぁと感じるのです。)

私はそれでも、コーヒーがあまり得意でないこともあり外出先でも紅茶を頼む方ですが、紅茶教室の講師をされている方の中には、紅茶は自分で淹れる方が美味しいからと、外ではコーヒーしかオーダーしない方もいらっしゃいます。

なので、色々なことを柔軟に吸収できる学生さんには、ぜひ頭の片隅に紅茶のことも置いていただきたいと強く願っています。私の講義でみっちり紅茶の基礎に触れたなら、“色付きのお湯”を提供するなどという、お客様に対しても紅茶に対しても失礼なことはできないはず!お菓子作りと同じ気迫で紅茶を提供していただきたいと、切実に願っています。

外で頂くお菓子と紅茶で、皆さんが幸せに!

未来の職人さんたちに託したい私の思いです。



PR情報

記事一覧

お茶づくり体験!

少し前の話になりますが、石川県加賀市の打越地区で茶摘み体験ができる催しがありましたので、その様子をご覧いただきます。 加賀の打越地区は、大聖寺藩主の…

2016/7/6

新装!金沢中日文化センター

こんにちは。とても久しぶりの投稿ですが、皆さん、お変わりありませんか? 4月は春のダージリンシーズンだったこともあり、大変充実していた毎日でしたが、5…

2016/6/2

季節のアレンジティーレシピ(5)フレッシュ・ストロベリーティー

おいしいイチゴがたくさん出回っていますね。今回は、ぜいたくにたっぷり果肉を利用したイチゴの紅茶をご紹介します。香料で香り付けしたものとは全く違う、新…

2016/3/30

紅茶を料理に!『蛤のダージリン蒸し』

紅茶は、飲むだけでなく、お菓子の材料として利用したり、時には料理の素材として使うこともできます!今回は簡単に、抽出した紅茶を利用した、今の時期にピッ…

2016/3/1

季節のアレンジティーレシピ(4) ほっこり♪ゆずミルクティー

すでに1月も末ですが、今回が2016年最初の投稿になります。今年も、皆様の暮らしに彩りをそえる紅茶の様々な世界をご紹介できればと思っております。どうぞよろ…

2016/1/29

季節のアレンジティーレシピ(3) 「スキー・ボール」とその名の由来

今回は、冬のアレンジティー“スキー・ボール”と、意外なその名の由来をご紹介します。その前に、冬のアレンジティーの作り方を考える上で、ポイントになること…

2015/12/30

正解はなに?『本物の英国式紅茶の淹れ方』とは

先日、依頼を受けて、こんなタイトルで紅茶教室をいたしました。 『英国式紅茶の入れ方』 ご依頼くださったのは、なんと図書館!世界の文化を学ぶことを今年…

2015/11/28

季節のアレンジティーレシピ(2):うまみ丸ごと!アップルティー

アップルティーも、アレンジティーの定番的存在で、紅茶の本などでもよく紹介されています。香り重視で皮だけを使うレシピが多いように思いますが、旬のリンゴ…

2015/10/29

季節のアレンジティーレシピ(1):巨峰の紅茶

今年は例年になく秋の訪れが早く感じられますね。涼しくなると急に紅茶が恋しくなってくるのは、温かい飲み物だから。そして、味だけでなく、色や香りからも、…

2015/9/28

日本人が育てた「台湾紅茶的故郷」

烏龍茶のイメージの強い台湾でも、実は紅茶が作られています。台湾お茶の旅、3回目は、台湾紅茶に関するお話です。 これまでの記事はこちら! ☆1回目・・・「…

2015/9/2

プロフィール

19

達人に質問をする

・紅茶専門店・銀の芽 代表
・紅茶教室『ティーアトリエ Silver Tips』主宰
・金沢中日文化センター紅茶教室講師
・ティータイムオーガナイザー
・フリーアナウンサー

愛知県犬山市出身。石川県金沢市在住。

信越放送(TBS系列)勤務時代に紅茶に関する資格を取得したことで、紅茶が農作物であることを再認識。

それぞれの産地・季節によって旬の時期があり特徴的な味わいを持つことに感銘を受け、この道へ。

ネットショップでは、紅茶本来のナチュラルな風味を大切にした新鮮な茶葉やオリジナルブレンドの販売を。

教室では、それらをベースにしたアレンジティーや、ティータイムのしつらえなど、日々の暮らしに紅茶を取り入れるアイデアと工夫を披露している。

夫と小学生二人の4人暮らし。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/1 ℃
東京
晴れ後曇り
13 ℃/3 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/3 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集