近鉄の新・豪華特急“しまかぜ”は快適 2013/5/9

近鉄が今年3月21日に満を持してデビューさせた、伊勢志摩への豪華特急“しまかぜ”に乗ってきました。テレビなどで宣伝しているので、ご存知の方が多いと思います。ちょっと精悍な顔つきの車両で、他の近鉄車両とは明らかに違います。

鳥羽駅に入線してきた“しまかぜ”精悍な面構えだ

乗車したのは4月中旬の月曜日。鳥羽駅→近鉄名古屋駅でした。一ヶ月前の指定席発売の当日、たしか昼前だったと思いますが、いつも利用している「近鉄電車インターネット予約・発売サービス」にアクセスすると、はやくも展望車両となっている先頭1号車はほぼ満席。

それでも、2列目が偶然にも空いていたので、妻と2名分を即予約しました。携帯電話・スマートフォンなどからも座席の予約状況を確認しながら、好みの席が選べるこのサービスは、駅に行かずとも予約できるので大変ありがたいです。

豪華な革張りの座席は、ゆったりとした2席+1席

さて、いよいよ乗車です。

1号車の扉を入ると、連結面側にロッカールームがあります。大きな荷物を持っていると自席でくつろぎにくいだけに、これは嬉しいサービスですね。もちろん無料です。

デッキから階段を4段上がると、そこから展望車両です。ハイデッカーになっているため眺めが良く、最前列だと前面展望も楽しめる車両です。シートは、通路を挟んで片側2席と1席に並んでいます。

どの座席も大型でゆったりとしたもので、前後の座席間隔は125cmと余裕たっぷり。前席の乗客が座席をリクライニングしても余裕の広さになっています。

革張りなのですが、ツルツルと滑ることはありません。背もたれのリクライニングに加えて、フットレストも電動です。さらに、腰部の位置を前後する機能もついています。

臀部の大きさによって腰部の位置は人それぞれなだけに、航空機の国際線等では小さい腰当て用のクッションが用意されていることがありますが、このシートはその機能を内蔵。それも、任意の位置で固定できるのですこぶる快適です。

ちなみに、2,5号車も1,6号車と同じプレミアムシートです。ハイデッカーになっていないバリアフリー車両というだけで、シートも内装も全く同一です。

カウンター式のカフェ車両では、地ビールも楽しめる。

さて、自席に満足するだけではこの車両を満喫したことになりません。というのも、“しまかぜ”には「カフェ車両」も連結されているのです。山側に通路があり、海側は上下2階建てとなっている車両で、ここにカウンターがあり窓に向いてシートが並んでいます。

車端部には売店があるのですが、カウンター利用者はシートに座ると係の方が注文をとりにきてくださいます。海の幸ピラフ、松阪牛カレーといった軽食とともに、飲み物やおつまみもメニューにあり、伊勢の地ビール神都ビールや生ビールを飲むこともできます。

2階席は上の写真のようにカジュアルな雰囲気で、1階席はちょっと落ち着いた空間になっています。この車両に乗ったら、この贅沢な空間もぜひ楽しみたいところです。

“しまかぜ”は、水曜日を除く毎日、近鉄名古屋と大阪難波を午前10時台に発車し、宇治山田・鳥羽を経て賢島まで。夕方16時ごろに賢島を発車して近鉄名古屋と大阪難波にもどる1日1往復です。

近鉄の公式サイト内にある「しまかぜ」専用サイトには残席照会のWebページがあるのですが、デビュー以来大人気で、一ヶ月先までどの便もほとんど満席です。そのなかで比較的予約を取りやすいのは、火・木・金曜日の賢島→近鉄名古屋の便のようです。週末でなくてもお休みをとれる方は、これら平日の近鉄名古屋行を予定に組み込むと良いでしょう。

乗車には運賃・特急料金のほかしまかぜ特別車両料金として、距離に応じて700〜1,000円が必要ですが、その価格に十分見合う快適さです。今年、20年に一度の式年遷宮が行われる伊勢神宮への往復の足として乗ってみるのはいかがでしょう。

PR情報

記事一覧

リニア・鉄道館で、100系新幹線の企画展を開催中(9/23まで)

■100系新幹線電車は新幹線初の新形式 リニア・鉄道館では、ほぼ毎年企画展を実施しています。 いま開催している「第8回 企画展」のタイトルは、 東海道新幹…

2019/5/9

丸栄「鉄道模型展」を、今年は中京テレビ本社で開催: 4/27-29

■丸栄「鉄道模型展」を引継ぐ中京テレビ 名古屋では、毎年ゴールデンウィークの恒例となっている「鉄道模型展」が、栄の丸栄百貨店で開催されてきました。とこ…

2019/4/25

トロリーバスは電車の仲間:鉄道“超”基礎知識(14)

前回に続いて、今回も「鉄道」の種類について記します。 「鉄道」は前回記したとおり、「鉄道」「軌道」「索道」の3つの総称ですが、その3つのうちの「鉄道…

2019/4/18

普通鉄道とは & 鋼索鉄道とは:鉄道“超”基礎知識(13)

★「鉄道」についてのおさらい 前回の「鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?」から2ヶ月半も開いてしまいましたが、続きを記します。前回は、「鉄道」と一口に…

2019/4/11

短命だった桃花台新交通(ピーチライナー) 廃線跡探訪(3)

新交通システムの廃線跡…なんだか変ですよね。 でも、小牧市にはそんな廃線跡があります。桃花台新交通システムが運営していたピーチライナーです。 1991(平…

2019/4/4

笑顔とふれあいの「ながてつチャギントン」が走りはじめる(長良川鉄道)

長良川鉄道で、「ながら」「川風」に続く観光列車「ながてつチャギントン」の運行が始まりました。3月26日(火)が営業初日ですが、それに先立つ3月21日に試乗会…

2019/3/28

シティホテルでプラレール! リアルとのコラボを楽しむ

広々としたガラス張りの部屋にプラレールが敷き詰められています。 これ、実はホテルの一室です。 2018年5月16日付で「名古屋の鉄道を一望にできるトレインビ…

2019/3/21

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [3/3]

美濃町線廃線跡探訪の初回に記しましたが、美濃町線の新関〜美濃間は四半世紀前となる1999年4月1日に廃止されました。この区間は長良川鉄道と並走しているため…

2019/3/14

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [2/3]

駅舎と構内が保存されている旧美濃駅からは、廃線跡を利用した二車線のきれいな道ができています。この道を500メートル強歩くと、美濃市立美濃中学校の校庭が終…

2019/3/7

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線

廃線跡探訪の2回目は、岐阜県の美濃市と岐阜市を結んでいた美濃町線を取り上げます。 愛知万博がはじまった直後となる2005年4月1日に、岐阜の中心に位置する徹…

2019/2/26

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
11 ℃/5 ℃
東京
晴れ
15 ℃/7 ℃
大阪
晴れ時々曇り
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集