イオの火山とエウロパの海 2014/2/8

木星の衛星イオには、活火山があり、絶えず噴煙を上げている。

木星の周りを回る4つの衛星のうち、興味深いのが一番内側をまわるイオとその外側を回るエウロパだ。どちらも木星の強大な重力による潮汐作用で、内部は高温になっている。その結果、ガニメデやカリストには見られない現象が起こっているのだ。

まずイオは、ボイジャーが撮影した写真から、火山活動が発見されたことで話題となった衛星だ。木星探査機ガリレオは、新たに18個の活火山を発見するとともに、火山活動によって変化した地形や、噴煙を噴き上げている火山なども撮影している。

第2衛星エウロパの表面は氷で覆われている。

最も小さい第2衛星エウロパは、表面にはクレータがほとんど見られない。これはエウロパの表面が、比較的新しいことを意味している。その代わりに、まるで道路のように走る、薄暗い筋状のもようや割れ目が無数に見られる。これらの地形は、氷の地殻の割れ目から噴出した液体が固まってできたものだと考えられている。

エウロパの氷の下には、液体の海がひろがっていると考えられる。

また、数百メートルから数キロサイズに分裂した地殻の塊が水平移動したり、回転してできたと思われる地形も発見されているが、これは、地球の北極圏や南極圏で海氷が割れてできる構造にそっくりだという。つまり、エウロパの氷の地殻のすぐ下には、水の層が存在する可能性が高いといわれてきた。

エウロパの氷の裂け目から水蒸気が噴出しているらしい。

その海の存在を裏付けるように、昨年12月13日、ハッブル宇宙望遠鏡の分光観測から、エウロパの地表の裂け目から水蒸気が噴出している可能性があることがわかった。

エウロパは、楕円軌道を描きながらおよそ3.5日で木星の回りを1周するが、木星から最も離れたときに噴出するらしいことが確認されている。これは木星から受ける潮汐力に応じて裂け目が開閉するからだという。

エウロパの地下に実際に海があるとすると、そこには何らかの生命が存在する可能性もある。将来「エウロパの海で魚発見!」というニュースが流れるかも?

PR情報

記事一覧

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

金星がめちゃ明るい!!

宵の明星「金星」が、夕方の西空でひときわ目立っている。3週間ほど前と比べると、若干高度は低くなったものの、明るさはこれからピークを迎える。2月17日には…

2017/2/5

カストルとポルックス 〜名前の由来と悲劇の物語〜

星のきらめきまで凍てついてしまいそうな1月、冬の淡い天の川は、北から南へと音もなく流れる。そんな寒々とした夜、肩を組んだ双子の兄弟星座「ふたご座」が空…

2017/1/13

見逃せない新年の天文ショー

夕方の西天で輝く金星の高度がどんどん高くなり、日没30分後の高度が30°を超えるようになってきた。それもそのはず、いよいよ1月12日には東方最大離角を迎える…

2016/12/27

今年もふたご座流星群がめぐってきた

今年ももう12月。あっという間に1年が過ぎてゆく。12月といえば、ふたご座流星群。1月のりゅう座ι(イオタ)流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星…

2016/12/9

母と子の絆 うお座

11月の声とともに、夏の大三角は西に大きく傾き、東の空からは土星とともに冬の星座たちが顔をのぞかせている。 秋の星空には明るい星が少ないため、晩秋とい…

2016/11/16

文化の日の夕暮れ、月と金星と土星が大集合!

夕方に南西天で金星がゆっくりゆっくり高度を上げて、やっと宵の明星らしい輝きをを見せるようになってきた。それでもまだ、日没30分後の高度は15°ほどと低め。…

2016/10/29

オリオン座流星群が極大

「オリオン座はよく知っているけど、オリオン座流星群なんて聞いたことがない」と言われてしまいそうだが、さすがに星座界のスーパースター・オリオン座に放射…

2016/10/16

宵の明星金星が見える

最近、夕焼けに染まった西の低い空にやたら明るく輝くものが見つからないだろうか?まだ空は星が見えるほど暮れてないのに、キラキラ光っているので、飛行機か…

2016/9/23

9月15日は中秋の名月

9月15日は、中秋の名月。満月は1ヶ月に1回あるのに、どうしてこの秋の満月だけ特別に祝うのだろう。その謎を解くには、中秋の名月とは具体的にどんな月のこと…

2016/9/3

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
28 ℃/21 ℃
東京
曇りのち雨
24 ℃/19 ℃
大阪
曇りのち一時雨
30 ℃/23 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集