オリオン座に乾杯! 2014/2/20

2月中旬の午後8時ごろの星空。真南の中天にオリオン座が鎮座している。

★星座のスーパースター、オリオン座
2月、大気中のチリを木枯らしが吹き飛ばしてくれてクリアーになった夜空には、まるでダイヤモンドが光るように星たちがキラキラと輝いている。おまけに、全天で21個しかない1等星のうち、7個が冬の星空で見えるのだから、豪華絢爛以外の何者でもない。

その中でひときわ目立っているのが真南の中天に鎮座したオリオン座。右上がりの一直線に3つの2等星がならぶ三つ星、それだけでも十分目立つのに、三つ星をはさむように左上で輝く赤い1等星ベテルギウスと右下で輝く白い1等星リゲル。オリオン座は、全天で一番かっこ良くてぜいたくな星座だ。

オリオン座の歴史は古く、原形は5000年前の古代バビロニアで生まれている。黄道からはずれているので、星占いの黄道12星座には含まれていないが、世界中のだれもが知っている星座のスーパースターだ。

オリオンの名は、星座だけでなくいろいろなところで使われている。アメリカで開発中の宇宙船の名はオリオン。プロ野球では、今は千葉ロッテマリーンズに改名してしまったが、かつてはロッテオリオンズ。沖縄には“オリオンビール”がある。名古屋にはオリオンサイダーがあった。

ためしにインターネットの検索エンジンで調べてみると、オリオン座はもちろん、オリオン書房、喫茶オリオン、オリオン電機など、次々出てくる。その数なんと2000件あまり。

ベテルギウスは赤色超巨星、リゲルは青色超巨星。どちらもスーパースターにふさわしい。

★2つの1等星、ベテルギウスとリゲル
オリオン座は2つの1等星を持つ贅沢な星座だ。ひとつは三つ星の左上にある赤い1等星ベテルギウス。太陽の500倍もある大きな老人星で、膨らんだり縮んだりしながら0.4〜1.3等に明るさが変わる赤色超巨星。近い将来超新星爆発を起こすと言われている。

三つ星の右下にある白い1等星はリゲル。ベテルギウスに比べるとずっと若い青色超巨星。7等のお伴の星がくっついている二重星だ。紅白の色の対比から、日本で“源氏星・平家星”としゃれた名前で呼ばれている。

PR情報

記事一覧

次は19年後! 4月1日に見られる天体現象「星食」とは?

冬の代表的星座のおうし座も、春の訪れとともに西の空へと傾いてきた。おうし座は、大神ゼウスが変身した牡牛だ。この牡牛の顔に当たるところに星がV字型に集ま…

2017/3/13

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

金星がめちゃ明るい!!

宵の明星「金星」が、夕方の西空でひときわ目立っている。3週間ほど前と比べると、若干高度は低くなったものの、明るさはこれからピークを迎える。2月17日には…

2017/2/5

カストルとポルックス 〜名前の由来と悲劇の物語〜

星のきらめきまで凍てついてしまいそうな1月、冬の淡い天の川は、北から南へと音もなく流れる。そんな寒々とした夜、肩を組んだ双子の兄弟星座「ふたご座」が空…

2017/1/13

見逃せない新年の天文ショー

夕方の西天で輝く金星の高度がどんどん高くなり、日没30分後の高度が30°を超えるようになってきた。それもそのはず、いよいよ1月12日には東方最大離角を迎える…

2016/12/27

今年もふたご座流星群がめぐってきた

今年ももう12月。あっという間に1年が過ぎてゆく。12月といえば、ふたご座流星群。1月のりゅう座ι(イオタ)流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星…

2016/12/9

母と子の絆 うお座

11月の声とともに、夏の大三角は西に大きく傾き、東の空からは土星とともに冬の星座たちが顔をのぞかせている。 秋の星空には明るい星が少ないため、晩秋とい…

2016/11/16

文化の日の夕暮れ、月と金星と土星が大集合!

夕方に南西天で金星がゆっくりゆっくり高度を上げて、やっと宵の明星らしい輝きをを見せるようになってきた。それでもまだ、日没30分後の高度は15°ほどと低め。…

2016/10/29

オリオン座流星群が極大

「オリオン座はよく知っているけど、オリオン座流星群なんて聞いたことがない」と言われてしまいそうだが、さすがに星座界のスーパースター・オリオン座に放射…

2016/10/16

宵の明星金星が見える

最近、夕焼けに染まった西の低い空にやたら明るく輝くものが見つからないだろうか?まだ空は星が見えるほど暮れてないのに、キラキラ光っているので、飛行機か…

2016/9/23

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/--
東京
曇り
21 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
22 ℃/--
  • 東名, 名神, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集