「ふたご座流星群」の次は「こぐま座流星群」を見よう! 2014/12/18

三大流星群の一つ「ふたご座流星群」の流星

三大流星群の一つに数えられる、ふたご座流星群が5日から18日にかけて活動している。

しし座流星群や8月のペルセウス座流星群のようなハデさはないが、出現数が毎年安定しているという強みがある。おまけにふたご座は冬の星座であるうえ、放射点がα星カストルのすぐそばにあって、ほぼ天頂を通過するために一晩中観望・観測することができる。

それに太平洋側では空気が乾燥して透明度が良くなるので、暗い流星まで見えるというメリットまである。

ふたご座流星群は、小惑星パエトン(かつては彗星だった?)がばら撒いた塵

ふたご座流星群はメジャー流星群のひとつだが、その歴史は比較的浅く最初にこの群に気づいたのは、1862年イギリスのグレッグだといわれている。そのころは出現数はさほど多くはなかったが、年とともに徐々に増加してゆき、最近は1時間あたり70程度になっている。ただ、将来ふたご群は軌道がずれてゆくため、見られなくなるだろうと予想する研究者もいる。

ふたご群の母天体は、近年までわからなかったが、1983年赤外観測衛星アイラスによって発見された小惑星“パエトン”の軌道が、ふたご群の軌道とよく合致していることから、今ではパエトンが母天体であるとほぼ確定している。

極大は、12月14日午後9時頃。午後8時から11時までが観望チャンス

さて今年の計算上の極大時刻は14日21時なので、14日の宵から15日の明け方にかけてピークが訪れ、かなりの好条件となった。しかし、14日夜半には下弦の月が東の空に昇るため、観望チャンスは、月明かりの影響を受けない14日宵から月が昇る夜半までが勝負だ。満天の星空の下なら1時間当たり30個程度、市街地では1時間当たり15個程度は見えただろう。

また、ふたご座流星群に続いて、こんどはテンペル彗星を母天体とするこぐま座流星群が始動する。極大日は22日。今年は月齢2なので、ほぼ一晩中月明かりなしで観望することができる。出現数は1時間あたり3〜5個程度。

冬は透明度が良く暗い流星もよくわかるので、ぜひともこれらの座流星群を観望したい。夜が更けるにつれて気温がどんどん下がるので、防寒対策は十分に。

今年は、残念ながらふたご座流星群の極大日は終わってしまったが、来年のふたご座流星群は最高の条件で、1時間当たり50個以上流れるという予想がある。楽しみにしたい。

PR情報

記事一覧

2017年11月13日 朝焼けの中で金星と木星が超大接近!

明るくて目立つ惑星たちが、互いに接近して、私たちの目を楽しませてくれることがあるが、11月13日、朝焼けが始まった東の低空で、金星と木星が超ニアミスをす…

2017/11/8

今年は最高の条件!21日(土)-22(日)はオリオン座流星群を見よう!

●ハレー彗星を母天体に持つオリオン座流星群 オリオン座流星群は、あの有名なハリー彗星を母天体の意持つ流星群。オリオン座流星群が、10月21日から22日にかけ…

2017/10/20

今年は10月4日!「中秋の名月」の日は必ず「仏滅」って知ってた?

今年もまた秋風とともに月の光が美しい季節が廻って来た。中秋の名月の風習は、奈良時代に中国から渡って来たと言われるが、日本人は十五夜に限らず月を愛でる…

2017/9/29

見えた!神秘のコロナ〜アメリカ皆既日食〜

★劇的な日食 日食とは、月が太陽と地球の間に入り込むために、月が太陽を隠してしまう現象である。つまり、日食は太陽-月-地球が一直線に並ぶ新月のときに起こ…

2017/8/29

8/13(日)の明け方がピーク!夏の風物詩ペルセウス座流星群を見よう!

★8月13日ペルセウス座流星群が極大 ペルセウス座流星群は、1月のりゅう座ι流星群、12月のふたご座流星群とともに、流星群の中で最も活発な流星群のひとつである…

2017/8/11

今年最大の天文ショー!8月8日の部分月食を見よう

8月8日の明け方、2015年4月4日に皆既月食が起こって以来、2年4ヶ月ぶりに月食が日本で見られる。今回は部分月食だ。 月を食べると書いて「月食」。いったい誰…

2017/7/29

晴れるかな?明日7月7日は七夕です

★もうすぐ七夕祭 現在は、七夕は7月7日にお祭りするのが当たり前になっているが、実は7月7日の七夕は言ってみればリハーサル。本番はその後にやってくる。 「…

2017/7/6

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集