リニア・鉄道館に行こう(28) 鋼製電車クモハ12形 2015/8/8

初の鋼製電車が元となるクモハ12形

戦前の国鉄(当時は鉄道省)車両は、黒色か茶褐色、台車が黒色塗装が基本でした。電車も例外ではなく、関東や関西で活躍した近郊形のいわゆる「国電(省電)」も、茶褐色塗装でした。当時は蒸気機関車が主力で、その煙で汚れるための対応だったと思われます。カラフルな車両が多くなった昨今の鉄道車両とは、ずいぶん違いますよね。

その茶褐色の電車も、当初は木製車体が多かったのですが、車両の大型化、高速・高加減速化による車体強度の増大、類焼の苦い経験などから、鋼製化が進みます。初の鋼製電車は、モハ30形として昭和元(1926)年に登場します。当時は73200形でしたが、昭和3(1928)年に車輌称号規定が変わり、モハ30形となっています。

リニア・鉄道館で見られるクモハ12041は、デハ73331として昭和2年に誕生、翌年モハ30131となります。さらに、昭和28(1953)年に再度行われた車両称号規定の改正によってモハ11047となりました。

のちに京浜東北線となる京浜線で主に活躍していましたが、昭和39(1964)年に後進に道を譲り、事業用車クモヤ22112となって、浜松工場の入換作業で活躍していました。

リベット打ちが見られる車体

昭和62(1987)年に旅客用に再改造され、クモハ12041となって飯田線を中心に走るようになると、貸切列車としても注目を集めました、しかし、平成14(2002)年に廃車となりました。実に新製から75年も走り続けた電車です。

それだけに、時代を感じさせるところが各所に見られます。その最たるものは車体外観に多く見られるリベットでしょう。上の写真の、車番の左右や下にみられる鋲(びょう)がそのリベットで、鋼製の外板を車体の骨組みに固定する役割を果たしています。

車体長は17mで、その後、国電をはじめ国鉄電車の主流となる20m車に比べて短いものの、出入口は前後に加えて中間にもある3扉となっています。通勤通学輸送を想定した扉配置です。

屋根はもともと、モニタールーフと呼ばれる採光や通風のための屋根が乗っている二重屋根(ダブルルーフ)でした。ところが、モハ30形に続いて登場したモハ31形から、その後の主流となる丸屋根になったため、クモハ12041も改造で丸屋根に変更されています。ちなみに、モニタールーフは木製車両時代の名残といえるものでした。

車内は壁・床に木が使われている。

鋼製車体を特徴とするクモハ12041ですが、車内は内張りと床に木が使われていて、木製車の時代を思い起こさせます。窓は下段上昇の2枚窓です。これも、一枚窓を経て、開閉ができない窓が主流となった今日では、時代を感じさせるものでしょう。

網棚には網が張られ、天井には扇風機が取り付けられています。つり革が連なる外側の天井には配管が見えますし、床には主電動機の点検蓋もあります。これらも、最近の車両では見られないものですから、リニア・鉄道館へ行ったら、ぜひ現物をみて、昭和時代の車両を実感していただきたいところです。

夏休みの「リニア・鉄道館」ご案内
「リニア・鉄道館の夏休み」を8月31日まで実施中です。8月22日(土)には、リニア・鉄道館特別親善大使を務めるSKE48のメンバーで鉄道ファンの松井玲奈さんによるスペシャルトークショーが開かれます。

詳しくは、リニア・鉄道館のホームページをご覧下さい。

PR情報

記事一覧

リニア・鉄道館で、100系新幹線の企画展を開催中(9/23まで)

■100系新幹線電車は新幹線初の新形式 リニア・鉄道館では、ほぼ毎年企画展を実施しています。 いま開催している「第8回 企画展」のタイトルは、 東海道新幹…

2019/5/9

丸栄「鉄道模型展」を、今年は中京テレビ本社で開催: 4/27-29

■丸栄「鉄道模型展」を引継ぐ中京テレビ 名古屋では、毎年ゴールデンウィークの恒例となっている「鉄道模型展」が、栄の丸栄百貨店で開催されてきました。とこ…

2019/4/25

トロリーバスは電車の仲間:鉄道“超”基礎知識(14)

前回に続いて、今回も「鉄道」の種類について記します。 「鉄道」は前回記したとおり、「鉄道」「軌道」「索道」の3つの総称ですが、その3つのうちの「鉄道…

2019/4/18

普通鉄道とは & 鋼索鉄道とは:鉄道“超”基礎知識(13)

★「鉄道」についてのおさらい 前回の「鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?」から2ヶ月半も開いてしまいましたが、続きを記します。前回は、「鉄道」と一口に…

2019/4/11

短命だった桃花台新交通(ピーチライナー) 廃線跡探訪(3)

新交通システムの廃線跡…なんだか変ですよね。 でも、小牧市にはそんな廃線跡があります。桃花台新交通システムが運営していたピーチライナーです。 1991(平…

2019/4/4

笑顔とふれあいの「ながてつチャギントン」が走りはじめる(長良川鉄道)

長良川鉄道で、「ながら」「川風」に続く観光列車「ながてつチャギントン」の運行が始まりました。3月26日(火)が営業初日ですが、それに先立つ3月21日に試乗会…

2019/3/28

シティホテルでプラレール! リアルとのコラボを楽しむ

広々としたガラス張りの部屋にプラレールが敷き詰められています。 これ、実はホテルの一室です。 2018年5月16日付で「名古屋の鉄道を一望にできるトレインビ…

2019/3/21

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [3/3]

美濃町線廃線跡探訪の初回に記しましたが、美濃町線の新関〜美濃間は四半世紀前となる1999年4月1日に廃止されました。この区間は長良川鉄道と並走しているため…

2019/3/14

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [2/3]

駅舎と構内が保存されている旧美濃駅からは、廃線跡を利用した二車線のきれいな道ができています。この道を500メートル強歩くと、美濃市立美濃中学校の校庭が終…

2019/3/7

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線

廃線跡探訪の2回目は、岐阜県の美濃市と岐阜市を結んでいた美濃町線を取り上げます。 愛知万博がはじまった直後となる2005年4月1日に、岐阜の中心に位置する徹…

2019/2/26

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
11 ℃/5 ℃
東京
晴れ
15 ℃/7 ℃
大阪
晴れ時々曇り
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集