4月から支出増のもの、支出減のもの 2017/3/23

3月も後半になると陽射しが春らしくなってきて、4月からの新生活にこころウキウキしている人も多いことでしょう。日本は4月スタートのものが今でも多いので、生活で変わるポイントを確認しておきましょう。

「負担増のもの」
まずは家計負担になる項目です。1月からすでに「給与所得控除の縮小」が始まっていますが、これは給与収入が1千万円を超える世帯対象ですが、給与所得控除の上限が230万円⇒220万円に引き下げられたので、所得税が増えることになります。また前年の給与所得控除が縮小された給与収入が1200万円超えの人は6月から「住民税が増えます」。私たちはあまり関係なさそうですが、一応対象の方は心の準備を。。。。

皆さんに関係するところでは、4月「に国民年金の保険料が月16260円⇒16490円に230円引き上げ」られます。平成16年からずっと続いてきた段階的引き上げですが、平成29年度に上限(平成16年度価格水準で16900円)に達しているので、水準は固定されますが、実際の保険料は、名目賃金の変動に応じて毎年改定されます。

ちなみに4月からの年金支給額は、昨年の物価が対前年比0.1%の下落だったので、昨年度から0.1%の引き下げとなり、65008円⇒64941円(▲67円)となります。(よく言われている「マクロ経済スライド」による調整は平成29年度はありません)。

9月には「厚生年金の保険料も本人負担が9.091%⇒9.15%に引き上げ」られます。厚生年金も平成29年9月に18.3%で固定されるまで毎年9月に引き上げられてきました。なので、保険料の引き上げは今回で終わりとなります。

8月には「介護保険料が引き上げ」られます。健康保険組合加入者対象(約1138万人が加入)ですが、平成32年まで段階的に引き上げられます。介護保険料は地域によって異なりますが、平均5125円⇒5852円になる予定です。

「負担減のもの」
マイナスばかりではありません。すでにこのコラムで紹介しましたが、1月から老後資金作りができる「個人型DC」の加入者が専業主婦や公務員まで利用枠が拡大したり、「セルフメディケーション税制」が始まっているので、スイッチOTC医薬品の購入額が年間12000円を超えると所得控除の対象となります。

4月からは「雇用保険料が引き下げ」られる予定です。また「リフォーム減税が拡充」されます。これまでは省エネ住宅や耐震性のある住宅に対してだけでしたが、耐久性向上の工事も減税の対象となります。

8月からは「公的年金の受給資格の期間が25年⇒10年に」短縮されます。これによって加入期間が足りずに年金受給ができなかった人も少しですが、受給できるようになります。

うーん。全体を通して見ると、マイナスの方が多いような気がしますね。特に保険料など全員に関係するマストのもので負担が増え、プラスになるのは選択的なもののように感じます。他にはお金関連ではありませんが、「育児・介護休業法の改正」(1月)により、育児・介護休業が取りやすくなっています。

増えるものと減るものをよく知って、新生活の生活設計に活かしましょう。


【家計簿診断やお金についての相談をお待ちしています】
家計簿の診断だけではなく、お金についての相談もお待ちしています。家計簿診断を希望される方は、下記項目をコピーして【達人に質問する】から、収入と支出を直接入力してください。ブログで取り上げられた方にはクオカード1000円分をプレゼントします。

【収入】
月給:
【その他収入】
ボーナス:
【支出】
食費:
住居費:
被服費:
光熱・水道費:
教育:
家具・家事用品:
教養・娯楽:
保健・医療:
交通・通信:
【その他支出】

交際費や小遣いを別に設けている場合はそちらも記載してください。多少項目名が異なっても構いません。年払いの費用、貯蓄額、負債額(住宅ローン等)も記載してください。家族構成と年齢、具体的な相談内容も記載していただけるとより詳細なチェックが可能です。

お送りいただいた情報はお返しいたしません。また、お送りいただいても必ず取り上げるわけではありませんのでご了承ください。取り上げる場合は、個人が特定されないようにします。

*【達人に質問する】から家計簿をお送りいただく場合はログインが必要となります。

PR情報

記事一覧

年金をうけとれる資格が、10年間の納付に短縮

少子高齢化で「年金は払っただけ貰えないから払わない」という若者が増えています。今後政策変更はまだかなりありそうですが、貯蓄で老後の資金を貯めるだけで…

2016/7/14

主婦にも朗報! 節税メリットが大きい老後のための年金

2017年1月から、「確定拠出年金」(DC:Defined contribution Plan)に専業主婦や公務員も入れるようになりました。と言っても「確定拠出年金」って最近よく聞く…

2016/6/21

燃費偽装の自動車税はどうなる?

皆さんはすでに平成28年度の自動車税の支払いを済ませていることでしょう。納付期限は5月末となっていますが、三菱自動車や日産自動車の軽自動車を購入した人で…

2016/5/27

「児童扶養手当」増額が成立

これまでもとりあげてきましたが、所得の低いひとり親に支給される「児童扶養手当」の改正法(改正児童扶養手当法)が5月2日の衆院本会議で可決し成立しました。2…

2016/5/6

マイナス金利の時代。住宅ローンの借り換えは得?

「マイナス金利」という今まで聞いたことがなかったような言葉が、あっという間に広がりました。日銀が2月に導入した制度ですが、もともとの考え方は、金利を…

2016/4/19

「保育園に入れないのは大変。でも入れても大変」

国会では、保育園がらみの内容が急ピッチで議論され始めていますが、1億総活躍社会と言われても、多くの女性が「何だそれ」と冷ややかに見ていたのが、やっと…

2016/4/2

超低金利の今、住宅の買い時?

マイナス金利の話でここ1ヶ月ほど持ちきりで、毎日、新聞のどこかに出てきます。預貯金の金利は超超低金利で、そのうち口座の維持費用がかかるようになったり、…

2016/3/4

年金支給額は据え置き、国民年金保険料は引き上げ!?

2016年の4月からの年金支給額は、2015年度と同じ額に据え置きとなりました。国民年金の支給額は満額で月額6万5008円です(自営業者や非正規社員、無職等)。厚生…

2016/2/2

子育て給付金は廃止、児童扶養手当は増額、保育料無償化は広がりへ

2016年度の予算案が決まり、過去最大となるお金の使い道が分かってきました。その中でも「1億総活躍社会」(何だそれ?とも言えるネーミングですが・・・)の特に…

2016/1/8

車の新しい税金が2017年4月から!

軽減税率が毎日のように新聞を賑わしていましたが、2016年度の税制大綱が了承され、様々な分野で新たな税金体制が決まりました。 何回かに分けて、生活に関係…

2015/12/15

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後時々曇り
11 ℃/2 ℃
東京
晴れ後曇り
10 ℃/2 ℃
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集