秋の星座のキーワードは「幸せ」? 2018/10/30

秋の星座は、みなみのうお座、うお座、みずがめ座など、水にちなんだものが多い。

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい
 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座たちが、続々登場している。秋の星座には明るい星がなくて寂しいというが、秋の星座までも夏や冬の星座のように華やかだったら、人は星を見なくなるかも知れない。夏の猛暑を生き抜いてきて、疲れたからだと心を癒してくれるのが秋の星空。さわやかな風に乗って聞こえてくる心地良い秋の虫の音をBGMに、ワイングラスを傾けながらじっくり味わいたい。秋の星空がしっとりとしているのは、自然から贈られたやさしい心づかい。

しっとりとした秋の星座たちを、ひつつひとつたどってゆくと、みずがめ座、みなみのうお座、うお座、くじら座、いるか座と言う具合に、意外にも水や海に関係のある星座が多いことに気がつく。さらに、やぎ座といっても半山羊半魚だし、ペガスス座の父親は、海の神ポセイドンなのだ。

 なぜ秋の夜空に水に関係する星座が集結したのか?偶然と言ってしまえばそれまでだが、実はちゃんとした訳がある。星座のふるさとメソポタミア地方では、太陽がこれらの星座とともに東の空に昇るころ雨季を迎えることから、水にちなんだ星座が創られたということらしい。

水の星座の中の「幸せ」の星たち

●秋の星は「幸せ」がキーワード
 ところで、みずがめ座あたりの星の名前を探ってみると、「幸せ」をキーワードとするアラビア語で付けられた名前の星たちが、笑顔で迎えてくれる。たとえば、みずがめ座α星サダルメリクの意味は「王様の幸せ」、β星サダルスウドは、「幸せの中の幸せ」、ε星アルバリは、「飲む者の幸せ」、γ星サダルアクビアは、「秘めた幸せ」。さらに幸せシリーズはやぎ座、ペガスス座へと波及する。やぎ座のしっぽで光るγ星ナシラは、「幸せを運ぶ人」、そしてペガスス座の顔で光るバハムは、「家畜の幸せ」、その東のξ星ホマムは、「英雄の幸せ」、前足で光るλ星サダル・バリは、「すぐれた者の幸せ」、最後は、η星マタルの「雨の幸せ」。

 砂漠同然のメソポタミアの地で暮らす民にとって、水は命の次に大切なもの。雨季が訪れ、天から雨を授かることは最高の喜び、庶民はもちろん王さまも英雄も学者も家畜までもが、平等に浴びるほど水を飲み、雨で体を清め、心を潤したのだろう。きっと名のものにも代えがたい最高の幸せを誰もが感じたに違いない。

 今に生きる私たちは、こんな素朴な「幸せ」を感じることができるだろうか。「幸せ」を追い求めてひたすら走り続けた結果、確かに便利で物質的には豊かで満たされた「幸せのようなもの」は手に入れたかもしれない。しかし宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」で、サン・テグジュベリが「星の王子さま」で問うたような人が人として生きるための「本当の幸せ」をどこかに置き忘れてしまったような気がする。

 秋の夜長、みずがめ座の幸せの星を探しながら、現代に生きる私たちにとって、「本当の幸せ」とは何かをもう一度考え直してみることにしよう。

PR情報

記事一覧

今年は10月4日!「中秋の名月」の日は必ず「仏滅」って知ってた?

今年もまた秋風とともに月の光が美しい季節が廻って来た。中秋の名月の風習は、奈良時代に中国から渡って来たと言われるが、日本人は十五夜に限らず月を愛でる…

2017/9/29

見えた!神秘のコロナ〜アメリカ皆既日食〜

★劇的な日食 日食とは、月が太陽と地球の間に入り込むために、月が太陽を隠してしまう現象である。つまり、日食は太陽-月-地球が一直線に並ぶ新月のときに起こ…

2017/8/29

8/13(日)の明け方がピーク!夏の風物詩ペルセウス座流星群を見よう!

★8月13日ペルセウス座流星群が極大 ペルセウス座流星群は、1月のりゅう座ι流星群、12月のふたご座流星群とともに、流星群の中で最も活発な流星群のひとつである…

2017/8/11

今年最大の天文ショー!8月8日の部分月食を見よう

8月8日の明け方、2015年4月4日に皆既月食が起こって以来、2年4ヶ月ぶりに月食が日本で見られる。今回は部分月食だ。 月を食べると書いて「月食」。いったい誰…

2017/7/29

晴れるかな?明日7月7日は七夕です

★もうすぐ七夕祭 現在は、七夕は7月7日にお祭りするのが当たり前になっているが、実は7月7日の七夕は言ってみればリハーサル。本番はその後にやってくる。 「…

2017/7/6

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

次は19年後! 4月1日に見られる天体現象「星食」とは?

冬の代表的星座のおうし座も、春の訪れとともに西の空へと傾いてきた。おうし座は、大神ゼウスが変身した牡牛だ。この牡牛の顔に当たるところに星がV字型に集ま…

2017/3/13

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集