8月7日は旧暦の七夕 もう一つの織姫星と彦星 2019/8/7

七夕は本来旧暦の7月7日に行うもの。今年の旧暦の七夕は、太陽暦では8月7日になる

 7月7日は七夕。天の川の西と東に離れ離れになった織姫星と彦星が、1年に1回だけ会うことができる大切な日。ところが伝説では、雨が降ると天の川の水かさが増して会うことができない。しかし7月7日といえば、梅雨の真っ最中。晴れることはめったにない。なぜそんな日に七夕祭りを行うのか?まるでいじめ。

 七夕は、奈良時代に中国から伝わり、平安時代に貴族の間で花開いた行事だ。そのころ使っていたカレンダーは太陰太陽暦、今でいう旧暦。今でも旧正月とか旧盆という言葉で残っているが、現在のカレンダーである太陽暦とは約1ヶ月後ろにずれている。今年の旧暦の七夕は太陽暦では8月7日。このころには梅雨も明け晴れの日が続いているうえ、織姫星も彦星も頭のてっぺんあたりで元気に輝いている。まさに七夕日和というわけだ。

 最近は、旧暦の七夕のことを、「伝統的七夕」と呼ぶようになっているが、なんとなく表現が固いと感じるのは私だけ?

七夕の夜、天の川の水かさが増して二人が渡れないと、鵲が橋をかけてくれる

★七夕の夜に雨が降ったら逢えないの?
 ところで、もし7月7日の夜、雨が降って天の川の水かさが増して、川を渡れなくなったら二人は逢えないのだろうか?他の七夕伝説によると、どこからともなく数え切れないほどの鵲(かささぎ)が飛んできて天の川に橋をかけて、二人が川を渡れるようにしてくれるという。

 かささぎは、韓国の国鳥で、カラスほどの大きさ白と黒のブチの模様を持つ鳥。昔は日本にはいない鳥だったが、豊臣秀吉の朝鮮出兵の折に朝鮮から連れてこられ、福岡県や佐賀県で繁殖したらしい。

 星空では、織姫星とひこ星の間を悠々と飛ぶはくちょう座が、かささぎに当たる。

織姫星は、月の船に乗って天の川を渡り、彦星に会う

★月が織姫を運ぶ
 また、「織姫星は、月の船に乗って天の川を渡る」という言い伝えもある。織姫星は天の川の西の岸に、彦星は天の川の東の岸に離れ離れになっている。旧暦の7月7日は、必ず月齢7の半月(上弦の月)で、天の川の西の岸に見えている。この月を船に見立てた。七夕から毎日月の動きを見ていると、なんと月は毎日少しずつ東へ動いて、天の川を渡ってゆくように見える。

 織姫は、7月7日の夜月の船に乗って、4日かけて天の川を渡り、彦星に会いに行くという訳だ。

今年のもう一つの七夕、木星と土星は、2020年12月17日天の川の西で出会う。双眼鏡で見た様子

★もう一つの織姫星と彦星
 今年は、南の空で天の川を挟んで木星と土星が光っていて、もう一つの織姫星と彦星のように見える。来年のクリスマスに向けて、木星はゆっくり天の川を渡って行き、2020年12月17日には、月の船の近くで木星と土星が出会い、12月21日に木星と土星はぴたりと寄り添うことが約束されている。このペアが、夏の天の川の西と東に見えるのは今年から来年にかけて限りで、次に出会うのはなんと59年後だ。

PR情報

記事一覧

8/13(日)の明け方がピーク!夏の風物詩ペルセウス座流星群を見よう!

★8月13日ペルセウス座流星群が極大 ペルセウス座流星群は、1月のりゅう座ι流星群、12月のふたご座流星群とともに、流星群の中で最も活発な流星群のひとつである…

2017/8/11

今年最大の天文ショー!8月8日の部分月食を見よう

8月8日の明け方、2015年4月4日に皆既月食が起こって以来、2年4ヶ月ぶりに月食が日本で見られる。今回は部分月食だ。 月を食べると書いて「月食」。いったい誰…

2017/7/29

晴れるかな?明日7月7日は七夕です

★もうすぐ七夕祭 現在は、七夕は7月7日にお祭りするのが当たり前になっているが、実は7月7日の七夕は言ってみればリハーサル。本番はその後にやってくる。 「…

2017/7/6

6月上旬ころ 巨大惑星木星・土星が見ごろに

4月8日には木星が、6月15日には土星が衝となり、夜9時ごろ南の空を仰ぐと、南西には-2.2等の木星が、南東の空には0等の土星が光って、夜空を一層にぎやかにして…

2017/6/2

かみのけ座って知ってる?

5月の宵、南の空には、うみへび座がのたりのたり這い上がって、その全貌を見せている。その長さは100゜にもおよぶ。長さはもちろん、1303平方度という面積も全…

2017/5/7

宵の南東の空で木星が明るい

4月1日の宵の西空で、おうし座の1等星アルデバランが、四日月に隠される現象が起こった。当日はあいにくの曇り空だったが、雲間から月がちらほら。肝心の月に隠…

2017/4/8

次は19年後! 4月1日に見られる天体現象「星食」とは?

冬の代表的星座のおうし座も、春の訪れとともに西の空へと傾いてきた。おうし座は、大神ゼウスが変身した牡牛だ。この牡牛の顔に当たるところに星がV字型に集ま…

2017/3/13

今年最後!三日月と宵の明星金星とのランデブー

明日から3月となるが、太陽の光にささやかなぬくもりが感じられるようになってきた。そんな早春の夕焼けに染まった西空で輝く金星。2月17日には最大光度を迎え…

2017/2/28

金星がめちゃ明るい!!

宵の明星「金星」が、夕方の西空でひときわ目立っている。3週間ほど前と比べると、若干高度は低くなったものの、明るさはこれからピークを迎える。2月17日には…

2017/2/5

カストルとポルックス 〜名前の由来と悲劇の物語〜

星のきらめきまで凍てついてしまいそうな1月、冬の淡い天の川は、北から南へと音もなく流れる。そんな寒々とした夜、肩を組んだ双子の兄弟星座「ふたご座」が空…

2017/1/13

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
11 ℃/--
東京
晴れ後曇り
11 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集