ふぁんそんを日常の取り組みに!/《ふぁんそん気功講話》2 2019/10/21

●僕の思い

みなさん、こんにちは!

今回は、僕(和気信一郎)が普段から願っていること、みなさんにも実践して戴きたいこと、つまり、僕自身が日頃から心掛けている取り組みについてお話しようと思います。

それは、朝、起きて、食事をして、働いて、眠っているという日常の中で、何も考えなくても息をしているように「ふぁんそん」して戴きたいということなんです。

勿論、息は生理現象なので意識的にしている訳ではありませんから、ある意味、何の技術も必要ないんですが、それに対し、「ふぁんそん」は一つの技ですから、身につけて、意識的に取り組まねばならないんですが、「ふぁんそん」も息と同じくらいに意識することなく日常の生活の中に採り入れて欲しいんですよね。

●ふぁんそんの意味

この「ふぁんそん」というのが気功の中心的な取り組みであり、それは同時に日常生活のベースにもなるものなんです。

「ふぁんそん」というのは、心や体が芯からゆるんでいるという状態のことを指した言葉で「放鬆」と書きます。

これを、勿論「ほうしょう」と読んでも良いんですが、体のゆるんだ、ゆったりした感じを出すために、僕(和気信一郎)は、友人が用いていた「ふぁんそん」という使い方を借りて、あえて中国語で読み、それを平仮名で書いているんです。

●ふぁんそんしよう!

プロの野球選手のNさんが少年野球の指導をしていた時、ピッチャーをしていた子どもが、プロの人に良いところを見せようとしたためか、リキんでしまい、肩に力が入り、ストライクが全く入らなかったんです。

それを見ていたNさんが子どものところに行って何かを告げたんです。

すると、それからはストライクが入る、入る。

彼は何を少年に告げ、少年は何をしたと思いますか?

「もっと肩の力を抜け!」とか「キャッチャーのミットだけを見て投げろ!」とかといったアドバイスではなく、彼は、まさに「ふぁんそん的な取り組み」を少年にさせたんです。

それは何かと言えば、「ため息をつくように、ゆっくり息を三回吐きなさい」と言って、少年に息を吐かせただけなんですね。

ため息をつくようにゆっくり息を吐くと、自然に肩は下がります。

肩を上げながらため息をつく人なんていませんからね。

そして、息を吐き、肩を落としていくと、心もからだもゆるみ、余分な力は抜けて、必要な動きだけに力が集まるようになるんですね。

そういった状態を気功では「ふぁんそん」と呼んでいるんですが、その「ふぁんそん」の状態は、必ずしもスポーツの選手に必要な条件というだけでなく、私たちの仕事中や家事の時など、どんな場合にも必要な条件なんですよね。

ですから、みなさんにして頂きたいことの第一は、「ふぁんそんして欲しい」ということなんです。

●納得出来る人生と最高のパフォーマンスのために

あなたは仕事の時に肩に力が入っていませんか?

休んでいる時でも肩が上がっていませんか?

普段から肩肘張って生きてはいませんか?

それらをゆるめられるようになると、どんなにラクだろうとは思いませんか?

「そんなことを言ったって、仕事をしているんだし、人生、闘っているんだから、毎日、ネコが縁側でひなたぼっこしながら寝ているような訳にはいかないんだ!」と仰る方もおられるでしょうね。

しかし、先ほどの少年の話を思い出して下さい。

緊張しまくりで、体ががちがちになっていては最高のパフォーマンスを発揮することは出来ないんですよね。

解説者などがよく口にしている「良い緊張」は必要なんだケレド、余分で不必要な力が入っていては、絶対に良い成績は上げられないんですね。

最高のパフォーマンスのためには「ふぁんそん」は必須の条件なんですよね。

◆《ふぁんそん気功講習会》
*毎月第4日曜日午後1時半〜4時
*名古屋市市政資料館
*参加費:2,000円(ふぁんそん気功研究会会員は1,000円)

kikounonakama@yahoo.co.jp
tel:09019816957
(和気信一郎)

PR情報

記事一覧

気功実習体系・11〔皮膚呼吸〕

胴体などでの皮膚感覚や皮下の感覚、体内感覚が体感できて来た人は、気功の醍醐味である体内での気の運気(気を巡らせること)や自然界の気を採気し、丹田に収…

2018/11/5

気功実習体系・10〔逆式腹式呼吸法〕

気功で用いる呼吸法ですが、気を巡らせる貫気法などは胸式呼吸でも腹式呼吸でも、その練習に合わせて自由にすれば良いのですが、自然界(宇宙)の気を体内に採…

2018/10/29

気功実習体系・9〔順式腹式呼吸法〕

気功の三要素に調身、調心、調息というのがあり、呼吸を調えるという課題は気功にとって大事な要素なのですが、だからと言って、呼吸法の練習をメインに練功す…

2018/10/15

気功実習体系・8〔丹田充実法〕

丹田という場合、一般的には下腹の中を指していますが、気功では丹田を三つに分けているのです。丹田は気(エネルギー)を蓄え育てるところという意味なので、…

2018/10/1

気功実習体系・7〔気功流手当て・2〕

前回の続きですので、1に引き続いて実習して下さい。此処から先の手当ては、体内感覚を体感するための体性感覚を開発していく取り組みになりますので、体内に…

2018/9/17

気功実習体系・6〔気功流手当て・1〕

◆ラクに坐り、両手を合わせ、ゆっくり手を擦り合わせましょう。 掌の皮膚一枚だけをそっと擦り合わせるようにして下さい。 ◆手の動きを止め、掌の皮膚の感覚を…

2018/9/10

気功実習体系・5〔ふぁんそん掌と気のボールづくり〕

気のボールづくりは、気の感覚を初めて体感するという感動的な体験になり、そこが気功の入り口だと言っても過言ではありません。 その〔気のボールづくり〕の…

2018/9/3

気功実習体系・4〔坐式での背骨ゆらし・前後〕

この前後ゆらしの実習においては、背骨の揺れと同時平行的に体の前側の皮膚の感覚と体内の感覚を体感する練習も加えています。特に、前側の皮膚の感覚の体感は…

2018/8/27

気功実習体系・3〔坐式での背骨ゆらし・左右〕

この技は如何に背骨をゆるめていくかという様々な取り組みの中で形作られてきた技法で、ふぁんそんテクニックの中では〔すわり金魚〕と名付けている技法です。 …

2018/8/20

気功実習体系・2〔踏み込みタントウ〕

妙な作品名になりましたが、ただタントウする(杭のように立つ)だけではなく、片足ずつ足の裏に体重を落とし、足の裏で床を踏みつけていくという足の使い方の…

2018/8/6

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
12 ℃/--
東京
雪か雨のち曇り
6 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
11 ℃/--
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集