くすりとその大きさのお話し 2014/2/18

前回のくすりの形シリーズ(1)から(4)では、薬にはいろいろな形があることを紹介しました。今回はそれらの大きさに着目してお話ししたいと思います。

最も一般的な薬の形である錠剤の大きさは、直径7から9mmくらいが普通です。重さは200から300mg程度です。

高齢化社会が問題になり始めたころには、どのくらいの大きさがいいかいろいろ議論もされ、アンケート調査なども盛んに行われました。小さい方が飲み込むにはいいのですが、小さすぎるとつまめない、落としたときに拾えない等の問題が指摘され、8mmくらいが最適と言われています。

以前、くすりの形シリーズで少しお話しした口の中に入れると形が崩れる(崩壊する)口腔内崩壊錠が今日ほど一般的にはなってない頃の話です。

高コレステロール血症治療剤のコレスチミド錠がミニタブレット(粒)に

最近、とっても小さな錠剤が少し注目を集めています。作り方は錠剤と一緒でも粒、粒状錠などと命名されています。

海外ではミニタブレットと呼ばれています。これは一度に飲まなきゃならないお薬の量が多い場合には有効です。例えば、高コレステロール血症治療剤のコレスチミド錠は、写真のように1回3錠の大きめの錠剤を飲む設計でしたが、飲みやすさを考えミニタブレット(粒)も開発されています。

また、最近発売されたジェネリック医薬品にも粒状の錠剤があり、注目されています。バラシクロビルという医薬品は、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウィルス化学療法剤と分類される薬ですが、1回にこの成分を500mg服用します。

従って、錠剤は大きくなります。発売された粒状の錠剤は、小さいだけでなくさらに工夫をしてあり、表面が水にぬれるとぬるぬるとして喉を通りやすくなると謳われています。一般の錠剤でもこの様な工夫はされてきていますが、大きさの制御が加わって新しい飲みやすさへと繋がっています。

吸入された粒子の大きさと気道内での分布

喘息治療等の吸入剤となると、くすりの粒の大きさはその効き目にも大きく関わってきます。液体として噴霧して吸入するもの、粉末を直接吸入するものがありますが、いずれの場合も、その大きさは数マイクロメーター(μm)になるように設計されています。

1μmは1mmの千分の一です。これは、図のように吸いこまれた後の液滴、粒子の挙動が粒子径により左右され、この辺りの大きさがちょうど気管支の奥の方に到達してそこに留まることが判っているからです。喘息治療の吸入剤は気管支、細気管支に届かなければ、効果を発揮できないので、粒子径の設計はとても大切です。

最近ニュースに時々出てくるPM2.5・・・ご存知ですね。大気中に浮遊する粒状物質ですが、2.5の数字は2.5マイクロメーター(μm)を意味しています。この大きさだと、吸い込まれた後、気管支、肺に届いて留まりやすく、蓄積すれば健康被害にも繋がるから大変です。

竹内 洋文(たけうち ひろふみ) 岐阜薬科大学・教授、薬学博士、薬剤師

京都大学薬学部卒業、同大学院修了(薬学博士)後、岐阜薬科大学に勤務。以降、製剤学の研究に従事。現在、教授、学生部長。公益社団法人日本薬剤学会理事、粉体工学会副会長等の学会活動の他、日本薬局方の専門委員としても活躍。著書、学会での講演も多数。「人に優しい製剤設計」を目標に、様々な製剤に関する研究を展開中。

PR情報

記事一覧

「BPAフリー」でも人体に有害?マークの本当の意味とは

★「BPAフリー」は本当に安全か? 「BPA(ビスフェノールA)フリー」と書かれたマーク。皆さんはどういう意味かご存知ですか? これは、プラスチック製品に使…

2017/7/31

食品用の器具や容器包装についても「ポジティブリスト制度」が導入されます。

我々がスーパーやコンビニエンスストアなどで購入する食品は何らかの容器に入っているか包装されています。これらの容器包装には食品が直接触れるため、その材…

2017/7/21

食品中の残留農薬の安全性は「ポジティブリスト制度」で保たれていることを知っていますか?

「ポジティブリスト制度」を知っていますか、または聞いたことがありますか? 平成18年5月に食品衛生法の改正により、食品残留農薬等に関する「ポジティブリス…

2017/7/10

地球温暖化を考える 〜第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦〜

水素分子(H2)は最も軽い気体で(比重換算で空気の約1/15)、還元剤、遷移金属触媒の活性化剤、燃料電池、燃料など、様々な用途に利用されています。 燃焼す…

2017/6/30

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
24 ℃/14 ℃
東京
曇り
19 ℃/14 ℃
大阪
晴れ
24 ℃/13 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集