素材に勝る味はなし! 2014/3/29

いつもありがとうございます。数か月に渡り、コーヒーのルーツから最近のスペシャルティコーヒーまで、素材であるコーヒー豆の説明をさせていただきました。

少し専門的になりましたが、これから始まる「家庭で美味しいコーヒーを淹れる」ことの基本となりますのであえて詳しく書かせていただきました。

◎美味しいコーヒーは良い素材なくしてありえません!

「素材に勝る味はなし!」

まずは豆を知り、自分に合った豆選びから始めましょう。豆が自分の嗜好に合わなかったり、豆が粗悪なものだったり、焙煎不良だったり、焙煎後一か月以上も経過した古い豆だったり、粉にして数日間経過したコーヒーでは、どんなに知恵と技術と労力を使っても良いコーヒーにはなりません。

では、「良いコーヒー」って何でしょう?

食はまず、安心、安全!

良いコーヒーとは、新鮮で良質な体に優しいコーヒーです。嗜好に合うからと言って、そのコーヒーが古いコーヒーではいかがでしょうか?

コーヒーは、常用性はありませんが習慣性のある嗜好品の飲み物です。また、味覚は経験により蓄積、習練されます。

常に新鮮で良いコーヒーを飲んでいると、フルーティーな酸味や豆本来の甘味やさわやかな苦味が「美味しいコーヒー」となるようです。

しかし、古い酸化したスッパ味の、体に負担のある「悪いコーヒー」を飲み続けていると、なぜかその味が習慣化され、その人にとっては「美味しい」となってしまうようです。

「抽出技術」は、それらの古く粗悪なコーヒーを、香味豊かで体に良い美味しいコーヒーに変える技術ではありません。

「素材の持っている一番良い香味を最大限に引き出す」という技術なのです。

コーヒーは火と水しか使わないとてもシンプルな飲み物ですので、特に素材の良し悪しが問われます。マジックではありませんので、良いコーヒーを淹れて楽しむには、種も仕掛けもありません・・・・、

いや!・・、コーヒー豆はコーヒーノキの種ですので、種と仕掛け(抽出)がありますね。

もともとアラブの世界からEU、世界に広まっていった理由は、

「コーヒーは薬!」

それも、気分を爽快にして胃をすっきりさせる胃腸薬だったのです。

「良いコーヒー」が「美味しいコーヒー」となるように、まずは新鮮で良質な豆選びから始めてください。

PR情報

記事一覧

珈琲の旅〜福岡 Part4

いつもありがとうございます。 以前お知らせしました、カリタ製ナイスカットミル、8月製造中止の件ですが、私の間違いで3月いっぱいで製造中止となりました。…

2016/5/12

珈琲の旅〜福岡 Part3

いつもありがとうございます。福岡珈琲の旅3軒目は、今全国で最も注目されている若手No.1、豆香洞(とうかどう)の後藤直紀さんを訪ねました。 後藤さんはいろ…

2016/4/17

珈琲の旅〜福岡 Part2

いつもありがとうございます。 良いコーヒーミルなくして良いコーヒーを淹れることは出来ません。昔は、手挽きのミルが良いといわれていた時代から、近年は安…

2016/3/24

珈琲の旅〜福岡 Part1

いつもありがとうございます。さて、2月8、9日と福岡に珈琲の旅に行ってきました。2日間で珈琲屋5店、14杯のコーヒーを飲んできました。 福岡に行くには…

2016/3/5

珈琲教室でカッピング力を鍛えよう!

いつもありがとうございます。ドリップ抽出に必要な技術や道具の説明をシリーズでお話しいたしましたが、いかがでしょうか?少しは参考になりましたでしょうか…

2016/2/7

ドリップコーヒーの抽出技術 Part11 〜ドリップポット編〜

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い申し上げます。 ハンドドリップの最大の魅力は、灰汁(アク)をエキスに混入させないクリアーな味を作…

2016/1/13

ドリップコーヒーの抽出技術 Part10 〜カッピング編〜

いつもありがとうございます。ペーパーとネル(布)ドリップの抽出の基本をシリーズで説明させていただきましたがいかがでしたか?お分かりいただけたでしょうか…

2015/12/22

珈琲焙煎特別講座報告

いつもありがとうございます。 前回お知らせした「アジューダ」の繁田武之さんが、ネルドリップの良さを知っていただこうという趣旨で「全日本ネルドリップの…

2015/11/29

ドリップコーヒーの抽出技術 Part9  〜ネル(布)ドリップの実践編〜

いつもありがとうございます。今回は前回の続き、ネル(布)ドリップの実践編です。基本的にはペーパードリップと大きく変わりませんが、その準備に少し手間と…

2015/11/11

ドリップコーヒーの抽出技術 Part8

いつもありがとうございます。前回は最も手軽なペーパー式ドリップ法を紹介いたしました。今回はその基となった「布(ネル)式ドリップ法」をご紹介いたします。

2015/10/21

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集