樹木のパワーを採り入れる(パワースポットの気をいただく〜その3〜) 2012/10/29

今回は、樹木のパワーを採り入れる技をお伝えします。

【無相という言葉】
突然ですが、採気のヒントになる話を一つ。

般若心経という経典(お経)の一節に「諸法空相(しょほうくうそう)」という経文が出て来ます。この言葉が、採気の時の大事なヒントになるのです。

「法」というのは「存在」という意味だそうで、「諸法」は、諸々の存在、即ち、この世に存在するあらゆるもの、のことです。

「空相」というのは、サンスクリット語を訳すと「空にして無相」となるそうで、「空、無相」が本当のようです。(孫悟空でお馴染みの三蔵法師、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)がどういう意図で「空相」と漢字に翻訳したかは定かではありません。)

ですから、「諸法」は「空」であり「無相」ということで、「空」と「無相」とは同義語になるのです。そして、問題の「無相」の話です。

【心のバリアを無しにする】
「相」という字を見て下さい。

木へんに目と書かれています。これは、「目で木を見る」という意味です。「目」は、自分という存在を代表している言葉で、「自分という存在が木を見ている」となります。

こちらに自分がいて、向こうに木があり、その木を見ているということになり、即ち、それは、自分と木は別々の存在だということを意味しているのです。相は、相互、相思相愛、相手、相打ち、相対立するなどというように、別々の二つの存在を前提にした言葉なのです。

ところが、般若心経においては、「諸々の存在は無相である」と説いています。気功と般若心経とは直接的な関係はありませんが、気功を学び深める上で、特に、採気野技を理解する上では大きなヒントになっています。

般若心経は、木と自分とは「無相である」、即ち、「別々の存在ではない」と教えています。別々の存在であるものが「別々の存在ではない」というのですから、難しい話です。

木と自分とが別々の存在だということは、木と自分との間に、二つを隔てる何か、即ち、バリアが存在しているということになります。「無相」なのですから、二つの間にあるバリアを取り除かねばなりません。

こうなると、現実的というか物理的というか、普通の常識では考えられません。そこで、気という概念や気功をしている人の体感を持ち出さねばなりませんが、この、バリアを取り除くというのが、自分と外のものとの関係においての気功流癒しの本質になるのです。

物質的にはともかく、少なくとも心だけは、木と自分との間にバリアを張らないということが大事な条件になるのです。
(※9月3日の記事「気功流の癒しを体感してみましょう」を参考にして下さい。

【樹木のパワーを採り入れる】

(1)公園や神社の境内などで、これは!という木を見つけたら、とにかく、その前に立ちましょう。
(2)両手を体の横で、軽く斜め下に開き、掌を木の方に向けましょう。
(3)目を閉じ、顔や胸の中に気持ちを向けて、自分の中がゆっくりゆるんでいくのを体感しましょう。
(4)体の中がゆるんでくると、顔や胸の皮膚の感覚が薄れていき、バリア感覚が無くなる体感が出て来ます。自分と木の間のバリアが無くなり、木と自分との一体感が出て来ます。
(5)バリア感覚が薄れ、体の前側の空気感覚が心地よく感じられたら、そこから採気に入ります。
(6)両手で前の空気を大きくすくい集めるように、両手を胸の前に挙げて、掌を胸板に向け、胸板から胸の中に息を吸い入れるようにして両手を胸板に近づけましょう。
(7)両手の掌を下に向け、胸の中にすい入れた息を下腹の中に吐き降ろすようにして両手を下腹の前まで降ろしましょう。
(8)この(6)と(7)の動きと呼吸を何度も繰り返し、下腹の中が温かくなってきたら、両手を下腹に向け、しばらく下腹の中の温かさを体感してから終わりましょう。

近くの公園や神社の中で、一本で良いですから、仲良しの木を持っておくと、心身に乱れが出て来た時に、木に癒されてもらえるようになりますからね。

次回は、太陽のパワーを採り入れる技をお伝えします。

PR情報

記事一覧

気功実習体系・11〔皮膚呼吸〕

胴体などでの皮膚感覚や皮下の感覚、体内感覚が体感できて来た人は、気功の醍醐味である体内での気の運気(気を巡らせること)や自然界の気を採気し、丹田に収…

2018/11/5

気功実習体系・10〔逆式腹式呼吸法〕

気功で用いる呼吸法ですが、気を巡らせる貫気法などは胸式呼吸でも腹式呼吸でも、その練習に合わせて自由にすれば良いのですが、自然界(宇宙)の気を体内に採…

2018/10/29

気功実習体系・9〔順式腹式呼吸法〕

気功の三要素に調身、調心、調息というのがあり、呼吸を調えるという課題は気功にとって大事な要素なのですが、だからと言って、呼吸法の練習をメインに練功す…

2018/10/15

気功実習体系・8〔丹田充実法〕

丹田という場合、一般的には下腹の中を指していますが、気功では丹田を三つに分けているのです。丹田は気(エネルギー)を蓄え育てるところという意味なので、…

2018/10/1

気功実習体系・7〔気功流手当て・2〕

前回の続きですので、1に引き続いて実習して下さい。此処から先の手当ては、体内感覚を体感するための体性感覚を開発していく取り組みになりますので、体内に…

2018/9/17

気功実習体系・6〔気功流手当て・1〕

◆ラクに坐り、両手を合わせ、ゆっくり手を擦り合わせましょう。 掌の皮膚一枚だけをそっと擦り合わせるようにして下さい。 ◆手の動きを止め、掌の皮膚の感覚を…

2018/9/10

気功実習体系・5〔ふぁんそん掌と気のボールづくり〕

気のボールづくりは、気の感覚を初めて体感するという感動的な体験になり、そこが気功の入り口だと言っても過言ではありません。 その〔気のボールづくり〕の…

2018/9/3

気功実習体系・4〔坐式での背骨ゆらし・前後〕

この前後ゆらしの実習においては、背骨の揺れと同時平行的に体の前側の皮膚の感覚と体内の感覚を体感する練習も加えています。特に、前側の皮膚の感覚の体感は…

2018/8/27

気功実習体系・3〔坐式での背骨ゆらし・左右〕

この技は如何に背骨をゆるめていくかという様々な取り組みの中で形作られてきた技法で、ふぁんそんテクニックの中では〔すわり金魚〕と名付けている技法です。 …

2018/8/20

気功実習体系・2〔踏み込みタントウ〕

妙な作品名になりましたが、ただタントウする(杭のように立つ)だけではなく、片足ずつ足の裏に体重を落とし、足の裏で床を踏みつけていくという足の使い方の…

2018/8/6

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集