消費増税対策の光と影〜足りるかポイント還元予算〜 2019/11/9

明暗を分けたポイント還元


消費増税から一ヶ月が過ぎ、大きな反動減がないと言われている中、いくつかの課題が生じています。その一つが、ポイント還元です。

増税で消費が減速しないように、またキャッシュレス化を進めたいため、キャッシュレス決済をすれば数%が還元されることとなりました。ただし電子マネーとQRコード決済の両者があり、サービスも多種にわたり、消費者の混乱もさることながら、事業者間にも競争が広がっています。

QRコードを提供する事業者は独自の高還元率の提供をうたい、利用者が急増しています。一方、電子マネーは、交通系、流通系、専業系に大別できますが、ポイント還元を目当てにQRコード決済に消費者が流れています。ポイント還元の期日である来年の6月まで、まだポイント還元での競争が進みそうですが、現在の乱立状態のまま進むとは考えられないので、資金力を持つ事業者に淘汰されていくのではないかと考えられます。

ポイント還元の予算は足りるの?


このように消費者にとっては、数円でも安くなるポイント還元は有り難いですが、このポイント還元、1日に平均10億円分のポイントが消費者に還元されています。

このままいくと、来年3月末までに予算が不足する可能性があると言われています。予算は約2800億円なので、還元分の原資分1786億円の1日あたりは10億円弱です。ポイント還元の期日は来年の6月なので、足りない場合は追加予算を検討するとされていますが、どうなるかは未定です。追加予算をして消費増となったとしても、それが6月以降に継続するのかは分かりません。

ポイント還元がないなら現金に戻ってしまう消費者もいるはずです。ポイント還元でキャッシュレス決済を何%増加するかの目標は示されていません。お金をかけた効果があったのかを政府は示す必要があります。

クレカのリボ払い設定に注意


キャッシュレス決済が後払い式のクレジットカードになっているものも多いので注意が必要です。最近、リボ払い設定にするとポイントを提供するというメールが多くなっています。しかしリボ払いは残高に対して手数料がかかってきますが、この利率が15%等高めなので、ポイント還元が5%ついても、利息が上回ってしまうこともあります。リボ払いの仕組みを理解していない消費者も多く、ポイントにつられないようにしたいものです。

リボ払いは、自分で毎月の返済額を設定できるので、便利である一方、買物をし続けると、借金がいつまでも続き、何に返済しているかも分からなくなり、借金が慢性化してしまいます。リボ払い設定にする前に、自分が使う金額とポイントとリボ払い利息と、どちらが得になるのかを自分で確認することが大切です。

いずれにせよ、キャッシュレス決済は便利な反面、支出を実感しないので、使いすぎになりやすいのも事実です。チャージ方式の場合は、1週間分の金額を自分で設定して、それ以上は使わない等、自己コントロールが必要です。

PR情報

記事一覧

大学への寄附金の控除

今回は久しぶりに読者の「家族の笑顔」さんからの質問です。 【相談内容】 寄付金控除についてなんですが、息子が大学に入り事あるごとに、寄付金や学部会費、…

2015/12/1

子どもの貧困が増える中、「就学援助」が縮小

最近、子どもの貧困という言葉をよく見かけるようになりました。以前、紹介しましたが、経済的に苦しい家庭の小学生・中学生に対しては、学用品の購入費や給食…

2015/11/6

返さなくていい奨学金、続々?

奨学金制度で最もよく知られているのが、「日本学生機構」(以前は日本育英会)のものでしょう。2013年度は144万人が借り、貸与額も増え続け、今や多くの学生が…

2015/10/21

共働きで出産したら貰える給付はいくら?

少子化と言われる中でも、働きながら出産し、仕事に復帰して頑張っている人が増えています。また少子化だからこそ、産み、育てやすいように、様々な制度が整っ…

2015/9/29

パート収入「130万円の壁」は崩壊。「106万円の壁」が新築されます!

すでに知っている人も多いとは思いますが、だんだんと時期が近づいてきたので、もう一度しっかりと理解しておきましょう。 よく専業主婦の働き方で、「103万円…

2015/9/4

2つの給付金の申請が始まっています!

消費税率が8%になって1年以上がたちましたが、生活への影響は、少しは落ち着いたでしょうか。この増税の生活への影響を緩和するために、子育て世帯と低所得者…

2015/8/11

介護保険負担増の8月到来! 老後の生活設計見直し必須!

1年前に、今年の8月から介護保険の制度改正によって負担増になることを書きましたが、とうとうやってきます。介護保険制度維持のため、サービスに対する自己負…

2015/7/27

小遣いは減る一方。ランチ代は涙ぐましい601円!

新生銀行が毎年実施している「2015年サラリーマンのお小遣い調査」の結果が公表されています。お小遣いは、「家計調査」などではなかなか何に使ったのかが把握…

2015/7/13

介護保険法改正で預金通帳のコピーまで提出?

介護保険の3つの施設である、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設や、ショートステイを利用している人で、低所得(世帯全員が住民税非課税)…

2015/6/22

アベノミクス効果?貯蓄額が増加!

2014年の家庭の平均貯蓄額(2人以上の世帯)は1,798万円で過去最高となりました。これは2013年よりも59万円も多くなっています。勤労者世帯に限定してみても1,290…

2015/5/29

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(23:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/--
東京
晴れ
13 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
12 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集