アレルギーを克服するために (4) 気管支喘息と吸入ステロイド 2015/9/10

呼吸をするときの空気の通り道を気道といい、気管から肺までを下気道と呼びます。気管支喘息は慢性的な下気道の炎症が特徴の疾患であり、気道平滑筋が種々の刺激に対して過敏に反応して収縮し、気道を狭くして呼吸困難を誘発します。

気管支喘息は代表的なアレルギー疾患ですが、アレルゲンに対する IgE 抗体が病態形成に関わるアトピー型とアレルゲンの関与が確認できない非アトピー型とが区別されます。

いずれの場合にも気道は過敏に反応して呼吸困難を誘発し、重症の場合には、狭くなった気道を粘度の高い痰が塞ぎ、死に至ることもあります。

最近、気管支喘息の患者さんの薬物治療に対する満足度が高くなってきました。また、喘息発作で救急搬送される患者さんの数も、喘息で亡くなる患者さんの数も減少しています。

その背景には、吸入ステロイドが使用されるようになったこと、治療ガイドラインが作られ、どこでも適切な薬物治療が受けられるようになったことがあると思われます。

では、吸入ステロイドとはどのようなステロイドでしょうか。ステロイドは炎症を強力に抑制しますが、いろいろな副作用を発現することも知られており、副作用を心配して使用を敬遠する患者さんも少なくありません。

吸入ステロイドは副作用の発現を小さくするように工夫されたステロイドで、アンテドラッグと呼ばれます。

体内へ吸収された後も安定で効果が持続する薬が良い薬であると考えがちですが、吸収後に速やかに失活するステロイド (アンテドラッグ) は全身性の副作用の軽減に効果的です。なお、体内に吸収された後に代謝されて活性体になる薬をプロドラッグといいます。

吸入によって気道に到達したステロイド (アンテドラッグ) は組織中へ浸透し、その場で効果を発揮します。一部の薬物は気道に分布する血管の中へも浸透し、血液に入って全身に運ばれますが、循環する間に速やかに代謝されて効果を失います。

血液中へ薬物が取り込まれることを吸収といいますが、アンテドラッグは吸収されると壊されやすく作られており、適用した部位以外ではほとんど作用を示しません。従来のステロイドに比較すると全身性の副作用は大幅に軽減されています。

ステロイドは病気を治してしまう薬物ではありませんが、炎症を抑制する効果が確実で強力ですので、副作用を軽減する工夫をしながら上手に使うことが大切です。

稲垣直樹 薬学博士 岐阜薬科大学薬理学研究室教授

岐阜薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了後、岐阜薬科大学助手に採用 (薬理学)。講師、助教授を経て平成 17 年教授昇任。平成 19 年より岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科教授を兼担。薬学博士。

岐阜薬科大学薬理学研究室は昨年開講 50 周年を迎えました。開講当初よりアレルギーの基礎研究を継続しており、実験動物を用いて病態モデルを作成し、病態モデルを用いて治療薬の開発を目指しています。特にアトピー性皮膚炎に伴う痒みに関心を持っています。

本ブログではアレルギーについて理解を深めていただくため、いくつかの話題を取り上げ、簡単にご紹介いたします。

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集