太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 1 2016/2/18

日食は、太陽の前を新月が横切るために、太陽が駆けてゆくように見える。

日を食べると書いて「日食」。誰が日を食べるのかといえば、それは「月」。いよいよ3/9に部分日食が起こる。

昔インドでは、大きな龍が日を飲み込むために起こる不吉な現象とされ、日食が始まるとどらや太鼓をたたいて、この龍を追い出したという。

日食とは、月が太陽と地球の間に入り込むために、月が太陽を隠してしまう現象である。つまり、日食は太陽-月-地球が一直線に並ぶ新月のときに起こる。とはいっても新月になるたびに必ず日食が起こるというわけではない。

それは、月の通り道である白道が、太陽の通り道である黄道に対して約5°傾いているために、白道と黄道の交点付近で新月にならないと、太陽と月とが重ならないからだ。

地球から約38万km離れた月と、1億5000万kmも隔たった太陽とが、宇宙で一直線に並んで、月の影が地球に落ちるなんて考えただけでもすごいことのように思えてワクワクしてくる。

地球からは太陽と月が同じ大きさに見える。理由は距離の比と直径の比が同じで打ち消しあうから

さらにドラマティックにしているのは、地球から見る太陽と月の見かけの大きさは、ほぼ同じ。実際の大きさは、太陽の直径は月の約400倍もあるのに、地球からの太陽までの距離は、月までの距離の400倍もある。つまり直径と距離の比が絶妙に打ち消しあうため同じ大きさに見えるのだ。

名古屋では、10時7分に欠け始め、11時2分に最も欠け、11時56分には終わる

この日食は、インド洋東部から、スマトラ島の南部、ボルネオ島南部、セレベス島の中部を太平洋へと本影が抜ける皆既日食だ。この日食の北限界線が日本北方を通っているため、日本全国で部分日食として見ることができる。

気になる食分は、南太平洋上で起こる皆既日食なので日本ではおおむね南東地域ほど欠け方が大きく、たとえば、那覇で0.335東京で0.259仙台で0.218、札幌で0.128となる。つまり全国で12%から30%ほど太陽が欠けるまずまずの部分日食であるということだ。

名古屋では、10時08分に欠け始め、54分後の11時02分に食最大の食分0.238となる。このときの太陽高度は49°程と十分な高さだ。そして11時57分には復円し、いつもの太陽に戻る。

 

PR情報

記事一覧

今年もペルセウス座流星群がやって来た

ペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星を母天体に持つ流星群。極大日は、8月11日〜13日に訪れ、ペルセウス座が北東の空に姿を見せる22時ごろから明け方…

2016/8/5

土星のリングは何倍で見える?

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2016/7/10

梅雨の晴れ間の夜空で火星と土星がまばゆい

うっとうしい梅雨空が続いているが、つかの間の晴れ間に広がる星空は格別に光り輝いている。しかも南の空には、5月31日に接近した火星とリングでおなじみの土星…

2016/6/24

木星と月のランデブー

6月上旬の梅雨入り前の星空には、惑星が3つも見えている。西の空には黄金色に輝く木星、南東の空には赤い火星とやや控えめな土星だ。

2016/6/3

5月20日、接近直前の火星と満月が並ぶ!

宵の南東の空に目を向けると、いやでも赤く明るく輝く星が飛び込んでくる。まるでUFOと見間違えるほど。この星が5月31日に2年2か月ぶりに地球に接近する火星だ…

2016/5/17

火星が明るい! 5月31日 火星最接近!

火星接近! 午後11時ごろ南東の空を眺めると、赤い光を強烈にはなっている星が目に入る。火星だ。近くの土星やさそり座のアンタレスがかすんでしまうほど。アン…

2016/4/27

4月22日は今年一番小さい満月

ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化している…

2016/4/6

太陽になりそこなった星 木星

惑星界の帝王木星 3月の宵、オリオン座が西に傾くと、春の陽気に誘われるように東の空には、しし座が元気よく駆けあがっている。そのしし座の足元には、黄金色…

2016/3/17

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 2

この日食は、インド洋東部から、スマトラ島の南部、ボルネオ島南部、セレベス島の中部を太平洋へと本影が抜ける皆既日食だ。この日食の北限界線が日本北方を通…

2016/3/2

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 1

日を食べると書いて「日食」。誰が日を食べるのかといえば、それは「月」。いよいよ3/9に部分日食が起こる。 昔インドでは、大きな龍が日を飲み込むために…

2016/2/18

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集