珈琲の旅〜福岡 Part3 2016/4/17

豆香洞リバーレイン店・・ホームページより抜粋

いつもありがとうございます。福岡珈琲の旅3軒目は、今全国で最も注目されている若手No.1、豆香洞(とうかどう)の後藤直紀さんを訪ねました。

後藤さんはいろいろなことにチャレンジしてみえ、素晴らしい経歴の持ち主です。豆香洞さんのホームページよりざっと紹介いたしますと・・・。

「後藤直紀」
1975年神奈川県横浜市生まれ 福岡県福岡市育ち
趣味:読書・料理・包丁砥ぎ
イベント会社勤務中コーヒーの焙煎を独学で学ぶ。
独立開業を目指し東京の老舗「バッハコーヒー」で田口護氏に3年間師事。
焙煎理論・技術を中心に、素材や製品の検証技術、抽出の基礎理論、
店舗運営やサービスの基本、コーヒーマンとしての心構えを学ぶ。
1年間コーヒー教室の講師を務めながら無店舗でコーヒーの豆を販売。
2008年6月 福岡県大野城市白木原に「豆香洞コーヒー」をオープン。
バッハコーヒーグループ所属
日本スペシャルティコーヒー協会会員
【コーヒー関連の保有資格】
■CQI認定 Qグレーダー 
Coffee Quality Institute Certified Q Grader 
■アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)認定 カップ審査員 
Specialty Coffee Association of America Certified Cupping Judge
■全日本コーヒー商工組合連合会(JCQA)認定 コーヒー鑑定士
 (商品設計マスター・生豆鑑定マスター・品質管理マスター)
J.C.Q.A. Certified Master in Coffee
■日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)認定 アドバンスドコーヒーマイスター
Specialty Coffee Association of Japan Certified Advanced Coffee Meister
【賞暦 】
・2013年 「World Coffee Roasting Championship 2013(フランス・ニース)日本代表」 優勝
・2012年 「ジャパンコーヒーロースティングチャレンジ2012」  優勝
その他
・2015年 「ローストマスターズチャレンジ2015(九州チーム)」  優勝
・2012年 「ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ2012」  全国8位
・2010年 「ローストマスターズチャンピオンシップ2010(九州チーム)」  優勝
・2010年 「ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ2010」  全国6位
・2010年 「UCCコーヒーマスターズ2010九州大会」ペーパードリップ部門  準優勝
・2009年 「ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ2009」  全国3位

☆営業時間 
「一号店」:白木原店  11:00〜19:30 (定休日 毎週水曜日・第二第四木曜日)
「二号店」:博多リバーレインモール店 10:30〜19:30(年中無休)

私は、リバーレインモールに新しくオープンした2号店の店に伺いました。とてもきれいなビルに様々なこだわりの選別された店が何店舗も入っているモールで、自然ダシなどで有名な
「茅乃舎」も入店していました。

豆香洞さんは地下にあり、ドリンク用の客席はカウンターのみで、どちらかというと豆の販売が中心の店創りをしていました。店はとても明るくカラフルで洗練されたセンスを感じました。また、コーヒーの提供の仕方も凝っていて、各コーヒーごとにわかりやすく説明カードが添えられていました。

若者のコーヒーや喫茶店離れといわれている時代ですが、この店なら若者に受け入れられると感じました。若者や女性が気軽に一人でも来店でき、この店のこのシチュエーションで飲んでいる自分の姿を想像して満足出来るのでは?と、そういった事を思わせてくれるような店の様相、スタッフの対応、コーヒーカップ、提供の仕方、味と香りなどを総合的に良い提供をしているように思いました。素晴らしいです! 若者を呼び込む店創りのモデル珈琲店と推奨したいです。

提供の仕方にセンスが光る

コーヒーは注文されてから一杯一杯、ペーパードリップで丁寧に淹れられていました。また、ドリップステーションを使用して、下側からライトを照らし、コーヒーのエキスが透明できれいに見えるように演出していました。

オランダ製焙煎機ギーセン

焙煎機は最近注目のオランダのGIESEN(ギーセン)社製のものを使用しているとのことでした。半熱風のギーセンの特徴は、蓄熱性が高いため、豆の芯まで火が入りやすく、風味がとても良いといわれています。私は深煎りのケニアを注文しました。

やはり、綺麗な味わいで深煎りの苦みの中にもすっきりした酸味が効いていて、舌離れの良い透明なエキスでした。香りも良く、綺麗な味わいでおかわりしたくなるエキスでした。深煎り特有のゴツン! とし味を目指していないということはすぐに感じました。

他のコーヒーも飲んでみたかったのですが、時間もなく、これまでにすでに8杯くらいのコーヒーを短時間で飲んでいますので控えました。

今回ご一緒した小坂章子(ライター)さんと江崎正憲(江崎コーヒー)さん

いずれにしてもこれからの福岡・・いや! 日本をリードしていく店の一つとなるでしょう。私のように40年近く珈琲店を営んできた店は、とかくお客の年齢層が高くなり、若者の感覚と離れてしまいがちなのですが、豆香洞さんを訪問して若者に支持される店創りを改めて勉強させられました。ありがとうございました。いつまでもご活躍ください。大いに期待しています。

PR情報

記事一覧

日本で唯一の焙煎士【大坊勝次氏】焙煎講座

いつもありがとうございます。先回はコーヒーを選ぶときに最も重要な焙煎のお話をさせていただきました。 近年はコーヒーブームと言われています。また、自家…

2015/4/22

ドリップコーヒーの抽出技術 Part4

いつもありがとうございます。今回から抽出技術のお話の続きをしていきます。 自分が美味しいと感じる一杯のコーヒーを家庭で淹れるためには、まず自分に合っ…

2015/4/1

【緊急告知】スタイルプラスに「待夢珈琲店」が出演!

2月22日放送予定の「スタイルプラス」(東海テレビ・毎週日曜日12:00-13:45)に【待夢珈琲店】が出演します。 そんな『スタイルプラス』で人気が高いのが「東…

2015/2/20

ドリップコーヒーの抽出技術 Part3

いつもありがとうございます。ドリップ抽出は日本で飲まれているブラックコーヒーには欠かせない最良の抽出法ですね。 前回は新鮮で体に良いコーヒーを淹れる…

2015/2/1

ドリップコーヒーの抽出技術 Part2

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。今回は前々回の続きで、「ドリップコーヒーの淹れ方」を順に説明してまいります。 …

2015/1/2

日本コーヒー文化学会 第21回年次集会 報告

いつもありがとうございます。今回は先前回の続きで「ドリップコーヒーのPart2」の予定でしたが、先日おこなわれた「日本コーヒー文化学会第21回年次集会」…

2014/12/19

ドリップコーヒーの抽出技術 Part1

ご無沙汰しております!いつもご覧いただきありがとうございます。 11月はいろいろな企画を開催したり、下呂で5回珈琲教室をしたり等で忙しくて大変でした…

2014/12/2

大坊勝次 「珈琲のお話」 報告

東京・表参道の交差点近くに、38年間変わらぬスタイルで営業を続けた「大坊珈琲店」が、ビルの取り壊しにより2013年12月23日に惜しまれつつ閉店しました。 38…

2014/11/12

11/3に瑞浪市で再び特別講座が行われますよ

岐阜県瑞浪市の待夢珈琲店で行われた、「森光宗男珈琲のお話」(福岡県博多、珈琲美美店主)は、30名募集のところ45名もの参加者が集まり大盛況で終了いたしま…

2014/10/21

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
32 ℃/25 ℃
東京
晴れ時々曇り
30 ℃/22 ℃
大阪
晴れ時々曇り
32 ℃/24 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集