火星が明るい! 5月31日 火星最接近! 2016/4/27

午後11時ごろ南東の空を眺めると、赤く明るく輝く星が目に入る。火星だ。

火星接近!
午後11時ごろ南東の空を眺めると、赤い光を強烈にはなっている星が目に入る。火星だ。近くの土星やさそり座のアンタレスがかすんでしまうほど。アンタレスは火星の敵という意味だが、アンタレスよりも3等級も明るい-2等星で輝いている。

それもそのはず5月31日は2年2か月ぶりの火星最接近なのだ。しかも今年は準大接近、前回の2014年4月よりも一回り大きな火星が見えるということで大いに期待が高まる。

火星は半年間でてんびん座からさそり座へとジグザグに移動する

火星の動き
火星は地球のすぐ外側を公転周期687日で回っているため、地球から星空の中で輝く火星を見ていると、その動きはとても目まぐるしく、ほぼ2年で天球を1周してしまう。

今年1月におとめ座の足元にいた火星は、東へ東へと順行し、2月にはてんびん座を通過し3月にさそり座、4月にへびつかい座に入ったかと思ったら17日には動きが止まり、逆行モードに転じUターンしててんびん座まで戻ってしまう。

そして6月30日に再び止まって順行に転じて、そのまま東へ足早移動し8月にはアンタレスに接近する。

地球は火星にぐんぐん近づき、5月31日に追いつく。この時が火星最接近だ。

火星は、地球に追いつかれ並び追い越されてゆくことになる。この間火星はダイナミックに変化をする。地球との距離は、1月には2億3100万kmもあったが、最接近の5月31日には7530万kmまで縮まり、12月には2億2900万kmまで離れてしまう。

明るさは、1月はおとめ座のスピカと変わらない1.1等から、5月には木星の明るさに迫る-2等に達し、12月には0.8等南のうお座のフォーマルハウトよりやや明るい0.8等まで落ちてしまう。

気になる大きさ視直径は、1月の6秒角から最接近時の18秒角、そして年末の6秒角へと、猫の目のように目まぐるしく変化する。だからこそ、火星接近は、一大天文現象になるのだ。

PR情報

記事一覧

2016年注目の天文ショーは?!Part2

●5月31日火星が最接近 火星は、地球のすぐ外側の軌道を回っていながら、直径が地球の半分ほどしかないため、およそ2年2ケ月ごとに地球と火星が軌道上でとなりど…

2016/1/24

2016年注目の天文ショーは?!Part1

みなさんあけましておめでとうございます。 私の新年は、年越しのカノープスを見に行くことから始まる。カノープスは中国では、天下泰平の星、長生きの星と言…

2016/1/9

初日の出を見よう!

1年の計は元旦にあり 太陽は、毎日東の空から昇るが、1月1日の初日の出となるとまた格別だ。「新年の計は元旦にあり」というように、新年は初日の出を愛でるこ…

2015/12/20

確実に流れる!ふたご座流星群

2015年の締めくくりともいえる天体ショー、ふたご座流星群が目前に迫ってきた。ここで再度今年のふたご座流星群の条件と見え方をチェックして、万全の態勢で観…

2015/12/3

カタリナ彗星が肉眼で見えるかも?!

明け方の東空や夕方の西空に突然姿を現して、長い尾をたなびかせ、人々を脅かせる彗星。その姿がほうきに似ていることから、ほうき星とも呼ばれている。2013年…

2015/11/17

11月はおうし座流星群が期待できそう?!

11月の流星群といえば、時折流星雨を降らせる“しし座流星群”を思い出すが、もうひとつ忘れてはならないのが、“おうし座流星群”だ。決してメジャーな流星群では…

2015/10/23

10月9日から11日に起こる、月・金星・火星・木星・水星の共演を見逃すな!

去る7月1日、夕方の西空で金星と木星が大接近すると、話題になったが、全国的に好天に恵まれず見ることなく終わってしまった。それをリベンジするときがやって…

2015/10/4

9月27日は中秋の名月

9月27日は、中秋の名月。満月は1ヶ月に1回あるのに、どうしてこの秋の満月だけ特別に祝うのだろう。 まず、「中秋」とつくということは、秋の真ん中、つまり1…

2015/9/15

朝焼けの中で月と惑星のランデブーを見よう

9月の声を聞いてもまだまだ寝苦しい夜がある。そんなときは日の出前に起きて外に出てみよう。午前3時半、すがすがしい朝の冷気がほてった体をクールダウンして…

2015/8/21

ペルセウス座流星群を見よう!

流星(流れ星)は、宇宙に浮かんでいるチリが地球に衝突したとき、大気との摩擦によって星のように光る現象だが、流星群はチリが団体で地球に衝突すると起こる…

2015/8/7

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り
34 ℃/--
東京
曇り時々雨
32 ℃/--
大阪
曇りのち一時雨
33 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集