母と子の絆 うお座 2016/11/16

11月中旬午後8時ごろの星空

11月の声とともに、夏の大三角は西に大きく傾き、東の空からは土星とともに冬の星座たちが顔をのぞかせている。

秋の星空には明るい星が少ないため、晩秋という響きどおりにしっとりと落ち着いている。特にみなみのうお座とおうし座の間には目立つ星があまりない。ここにはギリシャ神話“エチオピア王家の物語”で、アンドロメダ姫を襲おうとして勇者ペルセウスに退治された化けくじらが、灰色の岩となってしまっているからだ。

くじら座は全天第4位の大きさを誇る星座だが、明るいのはしっぽで光る2等星、β星のデネブカイトスだけで、他に目立つ星がないため今ひとつぱっとしない。

秋の四辺形の東と南をくの字型に取り囲むように星が並ぶうお座。控えめな星座だ

母と子の絆 うお座
ペガススの四辺形の東と西を取り囲むようにL字型に連なるうお座は、一番明るい星でも4等星という寂しい星座だ。現在のようなうお座になったのはギリシャ時代だが、原形はバビロニア時代にさかのぼる。ただし当時は、上半身がつばめで下半身が魚という、とびうおみたいな魚と、人魚が結ばれていた。

うお座は黄道12星座の一番最後の星座だが、現在は歳差によって春分点がおひつじ座からうお座に移ったため、トップの星座となった。

うお座は、黄道十二宮の一番最後の星座

うお座は黄道12星座の一番最後の星座だが、現在は歳差によって春分点がおひつじ座からうお座に移ったため、トップの星座となった。

星占いでは、2月21日から3月20日の間に生まれた人の誕生星座となる。心優しく神秘的芸術的なものに魅かれる。神の心と悪魔の欲望を兼ね備えた二面的性格を持ち、感情の落差が大きいとか・・・・・芸術家・俳優・デザイナーに向くという。

母のアフロディテと息子のエロスは、魚になって互いの緒をリボンで結び逃げた。

魚になって逃げた母アフロディテと息子エロス
ある日ギリシャの神々は、ナイル川のほとりでパーティーを開いていた。飲めや歌え宴もたけなわとなったとき、突然怪物テュフォンが、パーティーに招待されなかったことをうらんで、殴りこんできたのだ。

テュフォンといえば、ギリシャ神話に登場する怪物の中では最大級、なにしろ台風の語源になるぐらいだからね。背は天まで届き100の竜の頭を持ち下半身は大蛇、おまけに体は羽毛で覆われているという醜くさ。こんな怪物に不意打ちをくわされたのだからたまったものじゃない。

神々は、大慌てでそれぞれ得意な動物に変身して我先にと逃げ出した。そのとき美の女神アフロディテとその息子エロスは、とっさに魚に変身してナイル川に飛び込んだ。そのとき親子が離れ離れにならないように、母がお互いの尾をリボンで結んだ。その姿が空に上がってうお座になったという。まさにこのリボンは母と子の絆。

PR情報

記事一覧

今年もペルセウス座流星群がやって来た

ペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星を母天体に持つ流星群。極大日は、8月11日〜13日に訪れ、ペルセウス座が北東の空に姿を見せる22時ごろから明け方…

2016/8/5

土星のリングは何倍で見える?

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2016/7/10

梅雨の晴れ間の夜空で火星と土星がまばゆい

うっとうしい梅雨空が続いているが、つかの間の晴れ間に広がる星空は格別に光り輝いている。しかも南の空には、5月31日に接近した火星とリングでおなじみの土星…

2016/6/24

木星と月のランデブー

6月上旬の梅雨入り前の星空には、惑星が3つも見えている。西の空には黄金色に輝く木星、南東の空には赤い火星とやや控えめな土星だ。

2016/6/3

5月20日、接近直前の火星と満月が並ぶ!

宵の南東の空に目を向けると、いやでも赤く明るく輝く星が飛び込んでくる。まるでUFOと見間違えるほど。この星が5月31日に2年2か月ぶりに地球に接近する火星だ…

2016/5/17

火星が明るい! 5月31日 火星最接近!

火星接近! 午後11時ごろ南東の空を眺めると、赤い光を強烈にはなっている星が目に入る。火星だ。近くの土星やさそり座のアンタレスがかすんでしまうほど。アン…

2016/4/27

4月22日は今年一番小さい満月

ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化している…

2016/4/6

太陽になりそこなった星 木星

惑星界の帝王木星 3月の宵、オリオン座が西に傾くと、春の陽気に誘われるように東の空には、しし座が元気よく駆けあがっている。そのしし座の足元には、黄金色…

2016/3/17

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 2

この日食は、インド洋東部から、スマトラ島の南部、ボルネオ島南部、セレベス島の中部を太平洋へと本影が抜ける皆既日食だ。この日食の北限界線が日本北方を通…

2016/3/2

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 1

日を食べると書いて「日食」。誰が日を食べるのかといえば、それは「月」。いよいよ3/9に部分日食が起こる。 昔インドでは、大きな龍が日を飲み込むために…

2016/2/18

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集