【お悩み相談その29】おのを池に投げ込んだので、仕事ができなくて困っている 2017/3/12

焦熱地獄、極寒地獄、阿鼻地獄、叫喚地獄など、いろんな地獄がありますが、「笑い地獄」というのは聞いたことがありません。
やはり、「笑い」には「極楽」のほうがお似合いのようです。

それでは、お悩み相談その29です。

〔悩み〕
正直者の木こりの話を信じて、おのを池に投げ込んだことを深く後悔しています。女神が、金や銀のおのをくれるどころか、私のおのさえ返してくれないので、仕事ができず途方に暮れているところです。(不正直者の木こり・年齢不詳)


〔回答〕
本当に災難でしたね。
心よりご同情申し上げます。
金や銀のおのをもらい損ねたのは仕方がありませんが、愛用のおのさえ返却してもらえなかったとは。女神の仕打ちは明らかな窃盗行為にあたりますが、いくら警察に訴えたところで、池の中まで捜査の手を広げてもらうことは期待薄でしょう。

しかし、考えてみればひどい話ですね。
正直者の木こりは、商売道具のおのをうっかり手をすべらせて池に落としてしまったというのだから、職人の風上にもおけません。それなのに、ただ正直だというだけで、金のおのと銀のおのをプレゼントされたんですからね。

ひょっとして、よほどのイケメンだったのでしょうか。

それに引き換え、あなたの場合には、全く状況が違います。女神が姿を現さないというリスクも承知の上で、故意に愛用のおのを池に落としたというのですから、その決断に至るまでには、大きな葛藤があったことでしょう。

それなのにあの結果とは、あまりにも世の中不公平というものです。しかし、落ち込んでばかりいても仕方ありません。何はともあれ、仕事を再開するために、行動を開始すべきです。

まずは、正直者の木こりを訪ね、おのを1本おすそ分けしてもらいましょう。

それでなくても、先方には自分がよけいなことを口にしたばかりにあなたをひどい目に遭わせたという負い目があるはずですし、3本もおのがあるのだから「Oh! No!」とは言わないでしょう。

それに、手をすべらせるような腕の悪い木こりです。「これが1番使いにくい」と言って、ひょっとすると金のおのを贈呈してくれるかもしれませんよ。

女神への損害賠償請求については、それからゆっくり作戦を練ればいいのではないでしょうか。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その128】最悪の味の接待を受けたが、取引を打ち切るべきだろうか?

テレビドラマを見ていると、いいところでCMタイム。そんなことなら、ドラマの中に商品のCMを入れたらいいと思うんですけどね。時間が節約できて一石二鳥の…

2019/2/3

【お悩み相談室その127】おみやげを忘れた娘に復讐するにはどうしたらいいか?

いきなりですが、なぞなぞです。 配達されてきた新聞に、読めない面がありました。さて、それは何面でしょうか? 答えは、「四面(よめん)」。 え?くだらなす…

2019/1/27

【お悩み相談室その126】演歌を歌うとなぜか客が降りてしまう

わが家の裏側に、豪邸があります。 しかし、人に説明するときには、「豪邸の裏側に、わが家があります」と言ったほうが、なぜか分かりやすいようです。 言葉の…

2019/1/20

【お悩み相談室その125】付き合いが広いので、年賀状の返事が6月までかかってしまう

今年のあなたの初笑いは、どんな内容でしたか? まさか、まだ笑って「ないよう」なんて人はいないでしょうね。 風邪と寒いギャグにご注意ください。 それでは…

2019/1/13

【お悩み相談室その124】おだてられるとすぐ調子に乗ってしまう

謹賀笑年。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 それでは、「お悩み相談その124」です。

2019/1/7

【お悩み相談室その123】母親がお年玉の廃止を口にし始めた

今年1年間のご愛読、ありがとうございました。 皆さまにとって、新年が笑い多き年でありますように。 それでは、「お悩み相談その123」です。

2018/12/30

【お悩み相談室その122】「カカア天下」から「亭主関白」の家庭に変えたい

今年も、残すところあとわずかになりました。クリスマス、大掃除、年賀状書きと大忙しの日が続きますね。寒さも厳しい季節です。疲れたときにはちょっと一休み…

2018/12/23

【お悩み相談室その121】宝くじが当たる秘けつを教えてほしい

「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇」とは、喜劇王チャールズ・チャップリンの言葉です。行き詰まったときには、少し離れた視点…

2018/12/16

【お悩み相談室その120】義父から毎回同じ自慢話を聞かされる

もしも私が弁護士になっていたら、無罪の人でも有罪になっていたことでしょう。もしも私が医師になっていたら、助かる人でも命を落としていたことでしょう。そ…

2018/12/9

【お悩み相談室その119】年賀状の賞品が当たらないのは、呪われている証拠?

本に誤字を見つけました。著者、編集者、校正者たちの厳しい視線をかいくぐって、生まれてきた文字です。 「偉い!」 誤字のたくましさに、何だか敬意さえ表…

2018/12/2

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集