秋の星座のキーワードは「幸せ」? 2018/10/30

秋の星座は、みなみのうお座、うお座、みずがめ座など、水にちなんだものが多い。

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい
 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座たちが、続々登場している。秋の星座には明るい星がなくて寂しいというが、秋の星座までも夏や冬の星座のように華やかだったら、人は星を見なくなるかも知れない。夏の猛暑を生き抜いてきて、疲れたからだと心を癒してくれるのが秋の星空。さわやかな風に乗って聞こえてくる心地良い秋の虫の音をBGMに、ワイングラスを傾けながらじっくり味わいたい。秋の星空がしっとりとしているのは、自然から贈られたやさしい心づかい。

しっとりとした秋の星座たちを、ひつつひとつたどってゆくと、みずがめ座、みなみのうお座、うお座、くじら座、いるか座と言う具合に、意外にも水や海に関係のある星座が多いことに気がつく。さらに、やぎ座といっても半山羊半魚だし、ペガスス座の父親は、海の神ポセイドンなのだ。

 なぜ秋の夜空に水に関係する星座が集結したのか?偶然と言ってしまえばそれまでだが、実はちゃんとした訳がある。星座のふるさとメソポタミア地方では、太陽がこれらの星座とともに東の空に昇るころ雨季を迎えることから、水にちなんだ星座が創られたということらしい。

水の星座の中の「幸せ」の星たち

●秋の星は「幸せ」がキーワード
 ところで、みずがめ座あたりの星の名前を探ってみると、「幸せ」をキーワードとするアラビア語で付けられた名前の星たちが、笑顔で迎えてくれる。たとえば、みずがめ座α星サダルメリクの意味は「王様の幸せ」、β星サダルスウドは、「幸せの中の幸せ」、ε星アルバリは、「飲む者の幸せ」、γ星サダルアクビアは、「秘めた幸せ」。さらに幸せシリーズはやぎ座、ペガスス座へと波及する。やぎ座のしっぽで光るγ星ナシラは、「幸せを運ぶ人」、そしてペガスス座の顔で光るバハムは、「家畜の幸せ」、その東のξ星ホマムは、「英雄の幸せ」、前足で光るλ星サダル・バリは、「すぐれた者の幸せ」、最後は、η星マタルの「雨の幸せ」。

 砂漠同然のメソポタミアの地で暮らす民にとって、水は命の次に大切なもの。雨季が訪れ、天から雨を授かることは最高の喜び、庶民はもちろん王さまも英雄も学者も家畜までもが、平等に浴びるほど水を飲み、雨で体を清め、心を潤したのだろう。きっと名のものにも代えがたい最高の幸せを誰もが感じたに違いない。

 今に生きる私たちは、こんな素朴な「幸せ」を感じることができるだろうか。「幸せ」を追い求めてひたすら走り続けた結果、確かに便利で物質的には豊かで満たされた「幸せのようなもの」は手に入れたかもしれない。しかし宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」で、サン・テグジュベリが「星の王子さま」で問うたような人が人として生きるための「本当の幸せ」をどこかに置き忘れてしまったような気がする。

 秋の夜長、みずがめ座の幸せの星を探しながら、現代に生きる私たちにとって、「本当の幸せ」とは何かをもう一度考え直してみることにしよう。

PR情報

記事一覧

今年もペルセウス座流星群がやって来た

ペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星を母天体に持つ流星群。極大日は、8月11日〜13日に訪れ、ペルセウス座が北東の空に姿を見せる22時ごろから明け方…

2016/8/5

土星のリングは何倍で見える?

木星に次いで太陽系ナンバー2の惑星、土星。リングのある惑星として、観望会でも月とともに人気度No.1の天体だ。リング自体は、木星にも天王星にも海王星にも発…

2016/7/10

梅雨の晴れ間の夜空で火星と土星がまばゆい

うっとうしい梅雨空が続いているが、つかの間の晴れ間に広がる星空は格別に光り輝いている。しかも南の空には、5月31日に接近した火星とリングでおなじみの土星…

2016/6/24

木星と月のランデブー

6月上旬の梅雨入り前の星空には、惑星が3つも見えている。西の空には黄金色に輝く木星、南東の空には赤い火星とやや控えめな土星だ。

2016/6/3

5月20日、接近直前の火星と満月が並ぶ!

宵の南東の空に目を向けると、いやでも赤く明るく輝く星が飛び込んでくる。まるでUFOと見間違えるほど。この星が5月31日に2年2か月ぶりに地球に接近する火星だ…

2016/5/17

火星が明るい! 5月31日 火星最接近!

火星接近! 午後11時ごろ南東の空を眺めると、赤い光を強烈にはなっている星が目に入る。火星だ。近くの土星やさそり座のアンタレスがかすんでしまうほど。アン…

2016/4/27

4月22日は今年一番小さい満月

ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化している…

2016/4/6

太陽になりそこなった星 木星

惑星界の帝王木星 3月の宵、オリオン座が西に傾くと、春の陽気に誘われるように東の空には、しし座が元気よく駆けあがっている。そのしし座の足元には、黄金色…

2016/3/17

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 2

この日食は、インド洋東部から、スマトラ島の南部、ボルネオ島南部、セレベス島の中部を太平洋へと本影が抜ける皆既日食だ。この日食の北限界線が日本北方を通…

2016/3/2

太陽が欠ける! 3/9は部分日食だ! Part 1

日を食べると書いて「日食」。誰が日を食べるのかといえば、それは「月」。いよいよ3/9に部分日食が起こる。 昔インドでは、大きな龍が日を飲み込むために…

2016/2/18

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集